アニメ雑記 7/15 を語る
2012.07.15 [Sun] 16:38

●スマイルプリキュア 23話



ビューティーさんの必殺技で電撃を帯びるようなエフェクトが気になった。
幹部とのバトル、派手派手で良かったな。



プリキュアって変身道具が3Dだったり小物を描きたくないのかなーって昔思ってたけど、
戦闘パワーアップアイテムは結構手描きが多いような気が。
割りと3Dのイメージが強いためかティアラやキャンドルの手描きの効果が凄く栄えて見えます。
ハートキャッチでもタクトは回転とかアップで見せるトコは3Dでしたし、
5 gogoなんかでも回転部だけ3Dで他は手描きとかハイブリットなこともしてましたけど、
今作のタクトは作画でやってるっていうところの彩り感が凄く良かったなと。



基本東映は深夜アニメのように撮影効果バリバリ乗っけたり、
グラデーション乗っけたりしないシンプルさがあって、
昔はそれを安っぽく、
まあ今で言うならドリランド的な感じであまりいい印象を持っていなかったんですが、
プリキュアの変身シーンや光物のシーンは凝りに凝っててグッときます。
特に今作は従来のプリキュアのカラフルさだけでなく、
黄金など色合いにも拘りが感じられてグッと来る感じ。
こういった小物のハーモニーとかグラデの指定や処理はどういう風な工程なんでしょうかね。

最近の映画のパワーアップシーンなんかも髪の処理なんかが凄く綺麗で、
流石スーパーサイヤ人を制作してだけはあるなぁというようなことを思っていたので、
こういった光モノのアイテムの処理なんかをもっと楽しみたいですね。
でもこういうのを見ると、淡くかけたようなグラデーションがイマイチに感じられてくるので、
その辺はもう少しどうにかして欲しい。

変身シーンの色合いだと5gogoの勢揃いで振り向く辺りなんかは極まっててカッコイイんですが、
今作はその辺を落ち着かせて、
こういったパワーアップアイテムを引き立ててるのかなーとか思ってみたり。

今のところプリキュアだと初期の西尾演出回、映画5gogo、DX3辺りが特に好みなので、
スマイルでまたこういうタイトルに食い込むようなシーンがあるのを楽しみに見ていきたいかな。


●DOG DAYS'



吉成鋼さん、山本浩憲さんのst.シルバーコンビで送る変身シーン。
今まで見てきた吉成さんのシーンの中でも1,2位を争う濃さだったのではないかなぁ、と。
少女の変身をクロスカッティングでシステム的に見せてるのとか、
これコンテ西村さんが切ってるのか吉成さん任せな部分があるのか気になる。



しかし今回は以前にも増して濃いですね。



変身タイムが終わってからの色合いが普通でちょっと安心しちゃう。
落下する中での表情の見せ方のかっこ良さや、
姫様が落下の処理をする辺りの流れるような動きが凄く心地良い。



箒のギミックを見せつつ風で煽られて改めて箒であることを印象づけたり。
打ち上がる煙がまた吉成さん的な煙で怖くなったり。
いやはや、濃厚なシーンが見れて何よりですが、
もう少し西村監督のもつ、1話の冒頭のシーンのような綺麗さを見たいかな。



●魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
見てきた。
1stのリマスター版見て、なのはというタイトルは憧れの作品だったんだよなぁ、
っていうのを思い出して2stも1st見てから2週間待ち遠しかったです。
今作もTV版を映画の尺に落としこんでますが、
その中でTV版を圧縮しながらもTVで描けなかったところに手を伸ばしてて、
TVの時の不満な点だったところに手が届いていて新鮮で楽しい作品でした。
特に騎士たちやリーンホースの過去の姿とかそういうのも見れて良かったなと。

目を引かれたシーンとしては冒頭のヴィータだったかとの空戦バトル、
あと艦長が襲われてる辺りの電撃とかかなぁ。
電撃はハガレンミロスの押山さんだったかをちょっと思い出すようなテイストだった、ような。
あと友岡さんがきてたけどよくわからなかった。
A'sのときのパートを思い出すなら病院屋上のやり取りの一部はそれっぽい、かも?
シュツルムファルケンの弓とかやっぱテイスト違うなぁ、
と劇場版の豪華さを身につまされる感じだった。
1stの斉藤・友岡作監パート然り。
しかし杖を構えるようなところはあんま決まってなかった印象。
TVでもそうだった気もするけど。

作画の話じゃないけど、艦長の描写なんかを見るともっと違ったことをやってたら、
また全然違ったA'sを見れたのかもな、
という分岐点的なシーンのように思えたのでその辺はもう少し意識して見たかったな。

派手派手で面白かったけど昔からの願望というか、
作品や水樹奈々のかっこ良さに打ち震えながら泣きたい、という欲望は満たせず。
1stはフェイト復活あたりとかだいぶグッと来てたのでまだ近かったような感じ。
その辺はTV版と同様な距離感かも。1st-2ndだったら1st寄り、みたいな。

植田佳奈の挿入歌久々に聞いた。
あの曲で新しいアニメのように見ていた感覚から一気に懐古的な感情に襲われたけど、
リーンとのやり取りや変身の仕方なんかがニューバージョンで作品に寄ってて、
なんとか元に戻れた感じ。







1stの話。
なのはVSフェイトの最終バトルの時にフェイトの回想が入って、
母親に星座の空の部屋に入れられる様子が描かれていたけど、
それが動かない星=時の止まった部屋、
のように感じられたので、その後にスターライトブレイカーで吹っ飛ばされる、
っていう展開は言葉遊び的な感じがしてちょっと楽しかった。

2ndでもフェイトが闇の書に捕らえられた時に同じ部屋に行くのとか、
なのはが永遠なんかない、と語らせてる部分とも被る感じで、
個人的には好みなモチーフの入れ方かなぁ、と思ったり。



あと処理としてはTV版OPでフェイトが金色に光りながらの高速戦闘、
っていうのを匂わす描写があって本編でそれを味わえなかったなぁと思ってたんだけど、
今作はそういうのもやってて、TVで触れられたなかったポイントに意識的な作品だったな、
という感が強かったです。
いやーしかし楽しい作品だったのでまた見たいですね。
どうせならフィルムも欲しいしなー、でもなーという狭間で揺らぎます。
follow us in feedly
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
 クッキーに保存
トラックバック
トラックバックURL
P R


(06年/7/31設置)

 twitter
http://twitter.com/Pole_Star
関連品

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスターシンデレラガールズ 9 (完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray] 映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]

最新コメント
アイコン画像流星の人
天気の子 を語る (2019年08月12日)
アイコン画像匿名で失礼します
天気の子 を語る (2019年07月27日)
アイコン画像さき
氷菓 12話 を語る (2014年08月22日)
月別アーカイブ