ロレックスはBaselworld時計でそれをまともに導入した

December 13 [Sat], 2014, 16:13

ロレックスは、1950年代にそのカキ永久ロレックスサブマリーナスーパーコピーモデルの導入によってこの問題に対処した。名前はフランスのmilleから来る ガウス 最高1,000ガウスへの磁場からの時計の保護を参照する (物理学者の後でカール・フリードリッヒ・ガウスと名付けられて、ガウスは、磁場の力を測定するためのユニットである)。

レックス 青サブマリーナ Ref.116619LB [セラミックベゼル] Swiss 2836-2


0.1テスラまたは80,000 vphと一致している磁力のこのレベルは、典型的な蹄鉄磁石のそれより100倍高い。それは、時計の機能に影響するようにMRIスキャナに発見されたそれらなどのレベルを取る。かなりの時間と努力をサブマリーナの最近の再発行の開発に捧げた後に、ロレックスコピーは2007年にBaselworld時計でそれをまともに導入した。その内側のケース〈強磁性体で作られた〉は、磁場から動きを保護し、ほんの2つの部分から成る:それに堅くねじ止めされたコンテナおよび別のカバー。

コンテナは動きを側面で、およびダイヤル側に同封する一方、後ろは動き側を封印する。動きがなるべく保護されると保証するために、デザイナーはダイヤルとケースの裸の最小の好機だけを可能にした。これは、例えば日付ディスプレイに開き口が全然ない理由である。ワインディングステムおよび手を固定させる車軸のための必要な小さい好機だけがある。ダイヤルを保持するねじに2つの小さい穴もある。磁気の保護を持つほとんどの他の時計は、一緒にスレッド化されることというよりも互いに加えて層にされた部分によって3つの部分によって内側のケースを持っている。
  • URL:https://yaplog.jp/lsofjshg/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。