よねパリその2

April 09 [Mon], 2007, 23:32


マイアミのショーがかぶってしまって今回こられなかった
AMSTERDAMのPARRAとのコラボ作品





展示はこのように整然とされてるわけです。




ここ最近は
このようにチェキ本体も飾ったりしてます。

これもまた変遷があって面白いでしょ。





やはりオーストラリアツアーで、パリにいられなかったFAFIも
作品で参戦してくれました。


よねサンフランシスコ

April 09 [Mon], 2007, 22:26

と、パリ報告の途中ですが、
サンフランシスコの速報が上がっているのでご紹介しちゃいます。

http://www.upperplayground.blogspot.com/

ここを見ていただければわかりますが
なんとっ!
UPPER PLAYGROUNDで展示の仕込をしていたら
ふらりと入ってきたオジサンが
「映画みたいで面白いね」とニコニコしながら(ニコニコに関してはめっちゃ推測<爆)
作品をお買い上げくださったそうなのですが、

そのお方

なんと


ロビン・ウィリアムス氏でございました〜〜〜!!!

いやぁ、その知らせを聞いたときは

上がりました〜。


だって、
「ガープの世界」とかは私的大名作だし、
「レナードの朝」とか「ジャック」とか切ないし、
「パッチ・アダムス」も好きだし。
あれ。
「ナイト・ミュージアム」も出てるんだ〜。
そうか、見ちゃおうかな〜〜〜、なんてこんな話誰も聞いてませんね。
すみません、興奮して私事語っちゃいました





よねパリ

April 09 [Mon], 2007, 22:25
もう何からあげてったらいいかわからないくらい盛りだくさんなんですが。

3月29日がオープニングパーティで
よねちゃんのEXHIBITIONが行われました。
このときはその前にいくつか撮影が入る予定で、
早めに行くスケジュールだったのですが、
諸般の事情でその撮影はなくなり、
そしたら
今回のキュレーションしてくれたステファンくんが張り切ってくれちゃって、
パリのモデルクラブ総ざらいくらいの勢いで毎夜撮影大会が行われていた模様。

その光景は後ほどよねちゃんのアルバムからいただいてくるとして
東特派員(笑)の写真よりオープニングの模様を紹介いたしましょう。




たくさんのお客様にお集まりいただき、




ラブヨネ〜、なTシャツ着て美女達がお迎えしてくれ、





で、また写真に撮る、と(笑)。





右はLONDONから駆けつけてくれたFAT.
左はこないだのFAFI EVENTで日本に来てくれた歌姫UFFIEちゃん。

(続く)

もりもりニュースてんこ盛り

April 09 [Mon], 2007, 18:43
米原センセー、無事ご帰還です。

パリのおもしろ報告も出来ぬままに
サンフランシスコにいっちゃって、
きゃー、どうします?

でもまずは告知からいきますね。



charlotte ronson endlessfun

4/12
21:00~@WAREHOUSE(大江戸線 麻布十番出口3徒歩30秒)

DJ MAYUMI
SAMANTHA RONSON (from N.Y)
DJ KAORI
DJ KAWASAKI

VJ Dadakingz

でもって
HOST 米原康正、と。

豪華ですねぇ〜。




今回も Ladies FREE となっております。
皆様お誘いあわせの上いらしちゃってくださいね。







2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール

米原康正

編集者、クリエイティブディレクター、フォトグラファー。
90年代に伝説的写真投稿雑誌『アウフォト』を創刊し、国内外で高い評価を受ける。 その後企画・編集した『smartgirls』にて、チェキで撮った女の子の素のままのセクシーでガーリーな世界観の写真を発表して大好評を博す。  以降世界で唯一チェキをメイン機材とするアーティストとして、雑誌、CDジャケット、ファッションカタログなどで幅広く活躍。 2008年にNY、チェルシーの老舗ギャラリーBarry Friedmanに招聘されコンテンポラリー・アートの世界に参入し、 多くの都市で個展やグループ展、コラボ展などを開催している。 世界のストリート・シーンで注目される、 ジャパニーズ・カルチャーを作品だけでなく自分の言葉で語れる日本人アーティストの一人。



Yasumasa Yonehara

Editor, Creative Director, and Photographer In the 90s, he published “out of photographers”, a legendary photo contribution magazine, and received a highly favorable review from home and abroad. After this, he carried out both editing and planning on “smartgirls” presenting sexiness and prettiness girls naturally have and won a great hit. Since then, he has been active on creating magazines, CD covers, and fashion catalogues as the only artist who uses Cheki camera for his main equipment. In 2008, he expanded this work into contemporary art when an established gallery, Barry Friedman in Chelsea, NY invited him to his solo exhibition. Yasumasa Yonehara attracts attention among street scene in the world, and is one of the artists who can express culture not only by art work but also by word.
2011年3月11日、東日本では東北地方太平洋沖地震が起き、津波、火災と広範囲で甚大な被害に見舞われました。その地震の結果、福島第一原発と第二原発に亀裂が入り、更に広域に被害が及ぼうとしています。
そこで、写真家米原康正が出来ることを考えると、各地でスナップ撮影のイベントをして、義捐金を募り、 売上を寄付して被害を受けた地域をサポートしていくことではないかと思いました。
今回の” 1 Snap for LOVE “ は賛同してくださるモデルさんと一緒にいろいろな地域で、このイベントに意義 を感じてくださる方に500円募金していただき、その収益を全てすぐに動いて くれる支援団体に寄付するというものです。 雑誌で人気のモデルさんと一緒に撮った写真がもらえる、ということで若者の参加意識を募 り、この未曾有の大惨事からの復興を日本中で協力して実現していく、という意識を生み出す一環になれば、と願います。


YONE Shooting for donate
On March 11, 2011, a massive earthquake hit the northeast area of Japan, triggering a tsunami that caused widespread devastation and damaged nuclear power plants.
So, I think about how I can contribute right now as a photographer and come to a conclusion. I can do charity “live shooting” events and donate the profit.
Yapme!一覧
読者になる