甘えるな

August 14 [Tue], 2018, 22:45
ひどい内容の短文メールを受信。
しかも私の名前を誤変換している。亜矢子て誰だよ私は綾子だよ。
当然スルー。

つか、ここには書いてないが、先月もひどいことをされ、わたくしは警察に相談しました。

よくもまあメール寄こせたもんだよ……とゲッソリしてたら続いて長文メールきました。
これもまたひどい内容。

甘えるな。知らんがな。しかない。

2度目はない感すごくない?

July 01 [Sun], 2018, 17:40
お手合わせでホテル行ってきた。
フラれたよなー、こりゃあフラれたよな〜〜!!感が強い。せつない。

駅で待ち合わせ→ラブホ→駅で解散 ですよ、そりゃあセフレでどーすかって話だったけど2度目はない感すごくない?

次回の約束、しなかったしな。
「次はアレしましょう」「次はアレ忘れずに持ってきます」ってベッドでは話したけど、具体的な日程の調整をせずに解散してしまった。
聞かなかった私が悪いんだろうなーーー。

腹減ったので1人で飯食ってる。
「セフレなのに一緒に食事とか不要じゃないです?メシ友じゃないんだし、外食カネかかるし」ってね、前回言われてるんですよ。それで食事誘える?

わたし完ビじゃなくて男とも寝れますとか、色々喋り過ぎたかな…。

ちぇっ。

ギャップ萌えでKO

June 28 [Thu], 2018, 20:39
年下の女の子と、昨日初めてDMしてサクサクとごはん行くことになり次回の約束もして終電解散。
めちゃくちゃイレギュラーな感じの子だった。生きづらいだろうなあ!好き。

長くは続かないかもなぁと覚悟している。

次回はラブホで会いましょうねという約束をしたので、キスぐらいいいよねしたいよと
別れ際にして良いか尋ねたら「ダメです」って恥ずかしそうに言うからギャップ萌えでKOされました。

「ごめんねー、あたし路チュー平気な人なのでー」
「ろ、路って言うか…チューに慣れてなくて」
「そなの?」
「なので、教えて下さい」
「ん」

惚れないように気をつけるヨー。友達、友達ー。

片付ける

March 27 [Tue], 2018, 22:40
昭和さんの置いていったものを片付ける。
逃避して触ってもいなかったのでまだまだたくさんある。
一気にやったら疲弊もするだろうがその分はやくスッキリするだろう、その予想はできるが
そもそも汚部屋住まいの片付け下手なので物を捨てるのがまずしんどい。

先の土日に、洗面化粧台を片付けた。
整髪剤、カミソリ、歯ブラシをゴミ袋につっこんだ。
整髪剤は私が匂いが苦手だと言ったので使うのをやめてくれたものだけど、
使わないならすぐ捨てるなり持って帰るなりしてくれたら良かったんだ。
何年も置きっぱなしになってたのでホコリまみれだった。

明日が不燃ごみの日なので、さっきパッと目についたものをまとめた。
壊れたプレステ、音楽CD、映画のDVD、エロDVD。
プレステ、新しいの買ってもう使わない(使えない)のに何で私の家に置いてったんだ…。
苛々する。
音楽CDと映画のDVDは、いつか実家を出て同棲するための準備で、
少しずつ私物を持ってきてくれてたやつ…なので、捨てるのは心が痛む。

けど置いてったんだから捨てる。

エロDVDはこれ多分エロ本の付録のやつ。ケースとかなくてDVDがむき出し。
チラッとタイトルを数枚見てガムテでグルグル巻きにしてゴミ袋へ。
私が不在の間になにしてたんだか。別にいいけどさ。面白くはない。

まとめたゴミ袋をすぐにゴミ置き場まで出しにいった。
夜のうちに出すのはよくないけど、もう家の中に置いておきたくもない。
明朝見たくもない。

あと…あとは……まだまだあるなあ。がんばろう。

たくさん歩いた

March 17 [Sat], 2018, 0:13
復縁する夢を見た。ねーわ。
春は、散歩をたくさんした。
気まぐれにあっちに行くこっちに行くという私に、昭和さんはニコニコ付き合ってくれて、
お互いクタクタになるまでたくさん歩いた。

手を繋いでたくさん歩いた。

やさしいあたたかいしあわせな思い出は、たくさんある。

ちぇっ。ちぇっ。

まだ慣れないってだけだ

March 01 [Thu], 2018, 21:34
強風の日。
「風が強いから気をつけて」とメール。着信、留守電、内容はメールと同じもの。
うまくいってた頃みたいに、私を気遣う優しい言葉を送ってくるの、やめてくれ。

頼りないとこもあるけどまあいっかーと思えるくらい優しい優しい昭和さんは、暮れに脳腫瘍で亡くなったんでしょ。

私はこの先だれかとつがいになれるだろうか、
でなければひとりで生きていけるだろうか…と不安になり、
昭和さんとよりを戻せばいいのでは?と思って無理でしょ無理無理と否定して、
まあ凹む。まあしんどい。

まともな交流が終わったのが昨年8月末、気持ち的にひとり身になってまだ半年。
まだ慣れないってだけだ、そんだけだ。

私は私が幸せにしてあげるよー。お前はよく頑張ってる。偉いぞ。

気が滅入る

February 09 [Fri], 2018, 21:58
脳腫瘍で死にましたっつー設定はどうなったんだよ…という状況です。
私のTwitter、本アカウントを昭和さんにフォローされました。
イイネ押されるしリプライ来るしDMも来る。
昭和さんのアカウントはミュートしてるので通知は来ないけど。
だからって気にならないかっつーとそんなことはない、
気持ち悪いよもうやめてよ怖いよというマイナス方面の感情で気になる。

メールも来る。会いたい と書いてある。
私は会いたくない。

昭和さんのTwitterの更新内容、明るい無害なひとの雰囲気でツイートされてるけど、
私の自宅近くのふたりでよく行ったカフェでお茶したとかそんな内容も上がってる。
もうあのカフェ行けないっつーか行ってもくつろげないってことか…。

多分まだガラケーで、Twitterは職場かネカフェからPCでやってるんだろうと推測。
私の自宅近くのネカフェに来ているのかもしれない。

気が滅入る。

私の本アカウントをフォローされたと気付いて即、副アカウントに鍵をかけた。
アカウント名も変えた。もうずっと副アカウントに入り浸ってるので、どっちが本アカウントかわからない状態だけど。
副アカウントに鍵をかける というアクションも、しない方が良かっただろうか?
検索からはヒットしなくなったので、昭和さんはもう私の副アカウントは見失った…と思う。

つーか、よく考えたら、副アカウントも以前昭和さんからリプライと気持ち悪いDMが来てたし、
昭和さんが自分のホームを遡ったら鍵かけてあると言えど私の副アカウントのホームは見に来られるな…。
総ツイート数が増えていくのは鍵アカウントでも外から見えるよな…。
そこまで監視されてる可能性はどうだろか。気にしなくていいだろうか。

ツイ廃の私にとって、ツイッタランドは楽しい遊び場だったのになあ……。息が詰まる……。
また別の副アカウントを作ってそっちに引っ越すか…。


ネット上のこともだけど、私の生活圏は把握されてるんだし、普通にストーキングを心配するべきだよな……。
ああもう。

バカじゃないの

January 03 [Wed], 2018, 17:52
アポなしで両親が来た。アポなし訪問は激おこ案件のため、なんなの?!と苛々対応。
父にハガキを差し出される。今朝届いた、これを見せに来た とのこと。

差出人は昭和さんの母親。
・昭和さんが12月某日に脳腫瘍で亡くなった
・そちら(綾子家)からの連絡はくれなくて良い
・年始に昭和さん母の実家に引っ越す、旦那(昭和さん父・故人)と息子と三人で静かに暮らす


「11月はじめに昭和くんからお前と別れたって手紙を貰った。俺は昭和くんと11月末に会って飲んだ。
その時は元気そうだったし病気のことは何も言ってなかったが、お前は知っていたのか?」
「脳腫瘍だ、というメールは貰っていた。しかし諸々の事柄より、
病気だと言って私の気を引いて復縁したいがための嘘だと判断して放置していた。
まさか本当だとは思わなかった、このハガキを見て驚いている」
「昭和くんのお母さんの実家というのは?」
「過疎で廃村になった山奥だと聞いている、これ旦那と息子の後を追って死にますって意味に見える。
でも私はこれ昭和くんにも言ってないけど、昭和くんの母親から前に金を貸してくれと言われたことがあって、
それ以来彼女を信用していないし、昭和くんのきょうだいも信用してない」

父より尋問を受け、私は泣きながら答え、脇で母は貰い泣きしていた。
朝、郵便配達が来て年賀状の中にその訃報連絡ハガキを確認し、慌てて出てきたとのこと。
とりあえず昼ご飯を食べてくる、一時間したら戻る、お前は気持ちを落ち着けろ、
あとお前は何もしなくて良いが昭和くんのきょうだいの連絡先を知っていたら教えろ、
お前はけっしてベランダから飛び降りたりするなよ と言い残して両親は出て行った。

11月はじめ、私と最後に会った日の日付で書かれて投函された昭和さんから私の両親に宛てた手紙、
ハガキと共に両親が置いていったので目を通した。
職場で見慣れていた昭和さんの活字のようなキチッとした文字、
「関係を解消することになりました。僕が至らないのが理由です。綾子さんを問い詰めたりしないで下さい。
今まで大変お世話になりました。綾子さんをこの世に送り出してくれてありがとうございました。」
別れた彼女の両親へ宛てる手紙としてとてもとても良く出来た内容だったし、
こういうキチッとしたところは好きだったな…嫌がったり怖がったりせずお見舞いに行ったら良かったな…と泣いた。

ハガキに書かれた亡くなった日、その日に私は何をしていただろう…とスマホのカレンダーを確認したら、
旅行に行ってた日だった。

あれっ?

その日、夜中に昭和さんから着信があった。ハガキに書かれた亡くなった時刻の一時間くらい前に着信があった。
でなかったし折り返しもしなかったけど。

亡くなる直前にケータイさわれる?私に電話をしてその後に容体急変ってこと?

そういえば昭和さんのTwitterが、少し前に更新されてたのを確認してホッとしたんだった。
好きなミュージシャンへリプライ飛ばしてた。あれは何月何日だったっけ?とTwitterを見に行った。
該当のリプライは12月末だった、そして1月3日の本日付けでもツイートがあった。

アカウント乗っ取って赤の他人がツイートしている?とも考えづらい。
…………「亡くなりました」が嘘でした。
こんな、ひとの生死に関わる内容を、嘘を、昭和さんの母親もそんな内容のハガキを寄こしてくる…?
親子揃ってなんなの?バカなの?

と、冷静になった目でハガキと手紙の封書の宛名をよく見てみた。
本文はハガキは筆ペンで縦書きで、手紙は便せんにボールペンで横書きだったけど、
私の実家住所と両親氏名の宛名書きは、ハガキも封書も縦書きで筆記用具もよく似ていた。

で、筆跡も、よく似ていた。

ハガキ、これ母親の名を騙って昭和さんが自分で書いたんだろうな……。

一気に脱力したし、さっきまでの罪悪感を返せという気持ちになったし、
Twitter私が見てないとでも思ってんだろうなバーカバーカ気になるし何日かおきにはチェックしてるっつーの、
一応ちゃんと好きで8年半おつきあいしてたんだし確認とれない自己申告にせよ病気だって聞いてたんだし
気になって見てるっつーの、バーーーーーーーカ!!!!!!!!

どうしてそういうすぐバレる嘘をつくんだ。
脳腫瘍が嘘でも、1年とか2年とかして、「完治しました」って言ってきたら、
ああやっぱり脳腫瘍は嘘だったのかもなー…と思いつつ問いただすことも流して
また会って食事したりはするのかもしれないな…ってうっすら思ってたんだけどな。

亡くなりました、嘘でした って悪質すぎる。
ナントカ人格障害なので多重人格なので、覚えてませんもう一人の僕がやったんです!とでも言うつもりか、
その言い訳で許されるつもりか、そんなひとの相手をするのはこちらが疲弊するのでさようなら!しかないですよ。



家にあるもので適当に昼ご飯を食べてたら、両親が戻ってきた。

Twitterの更新日時がハガキに書かれた逝去日より後だということ、
Twitterアカウントの乗っ取りで他人がツイートしている可能性は低いということ、
恐らく本人は生きているということ、
ハガキと封書の宛名の筆跡が酷似、恐らく両方とも昭和さん本人が書いていて母親はノータッチということ、
以上を説明した。

「心配させて気を引きたいタイプのストーカーになっちまったんだな…」
「たぶん、そう…」

帰りしなに母に「綾子あんた部屋の鍵、交換するならお金出すわよ」と言われた。
大丈夫、合い鍵は回収済みですと返答。

両親は、私の家を出てその足で昭和さんの家まで一応見に行ったらしい。
特に成果は無かったと、帰宅後の父よりメールが来た。

なんでさあ、きれいに終われそうなとこを、自分で台無しにしてくのかなあ……。
バカじゃないの、しかない。
自殺未遂実況メールも引いたけど、訃報連絡ハガキ(嘘)もクソ引いた。
心配して片道車で1時間強をやってきたウチの両親にも迷惑をかけたし、
もうこれで、私の親からの「昭和くんとやり直したらどうだ」という応援も完全にないだろう。

バカじゃないの。

お付き合いしていた間の嬉しかったこと楽しかったこと幸せだったこと、
ちゃんと覚えているのにこれ以上泥を塗るのは本当にやめてほしい。

ワン切りよりちょい長め

December 16 [Sat], 2017, 22:00
昭和さんより着信があった。ワン切りよりちょい長め。出てない。
私は旅先で少し酔っ払っていい気持ちだったけど、一気に微妙な気持ちとなった。

22時くらいだったかなあ。入院してる人が、そんな時間に携帯さわれるものなのか?
ますます「入院」が嘘だったんじゃあないかなあ…と思えてくる。


着信時間を確認しようとして、スマホ触ってたら操作を誤って折り返してしまった。
コール音が鳴る前に切ったけど、まあ着歴は残ったかもな……。
やらかしてしまった感。後悔。


※追記
発信履歴を確認したら、キャンセル扱いになっていた。
私から昭和さんへの折り返しはキャンセル扱い、向こうに着歴は残っていない。ホッとした。

昭和さんからの受信履歴は、22時どころか23時近い時間だった……。
入院患者がそんな時間に携帯さわれるものなの?個室じゃあないだろうし。
自宅療養になったのかなあ。そんならそれで、病人がそんな時間に起きてるんじゃあないよ…。

やっぱり病気そのものが嘘のように思えるし、そんな嘘をつくひととは関係を断ちたい。
げんなりする。

「最後のメールになります」

December 05 [Tue], 2017, 21:01
職場で耳にした「五十肩が痛くてねえ」という雑談でフラッシュバック。

昭和さんが四十肩の痛みがひどかった頃。
夜中に起きて小さく唸っているのに気が付いて、隣で目を覚ました。
「痛いの?痛いんだね?わたし、なにしたらいい?」
「起こしてごめん。触ったら余計痛むから、なにもしなくていいよ」
「あっためたり冷したりは?タオルとか持ってくる?」
「いいよ、大丈夫だよ」
なにもできないんだなあ…と悲しくなって泣いてしまった私を気遣って、昭和さんの声音はとても優しかった。

優しくして優しくされてただけだった(気がする)頃の記憶はどれもこれもつらい。

めちゃくちゃ落ち込む。日曜にランチした友達に
「そんな病んでる人と8年も付き合ったのに、飼い犬を最後まで面倒見ずに捨てるみたいだよ」と
非難されたのも効いている、ああそうだよ私はひどいやつだからな!

勤務中にぽたぽた落涙。





脳腫瘍は本当なんだろうか。昨日、「入院した」とメールがきた。
本当であっても、私には何もできない。
復縁を望まれてる元カノとして、頻繁に見舞に行くことはできる…?

嫌だ。弱ってる昭和さんをもう見たくないし、昭和さんの家族にも会いたくない。
病人に関わりたくない という、私のドクズな本性が見舞とかねーよと言ってる。
見舞に来てほしけきゃ、入院先の情報を送ってくるでしょ。私の質問待ちか。

または、病気も入院も嘘なので、伝えるべき情報がないのか。

疑っている。疑わざるを得ない今が悲しい。




夜、「最後のメールになります」という件名で、受信した。

今迄ありがとう、悲しませて怒らせてごめんなさい、本当に幸せな時間をありがとう、
大好きだった、愛してたよ、幸せに生きていってください、さようなら。

穏やかな長文だった。ありきたりと言えばありきたりの、上出来な文章だった。
これで、本当に、私を解放してくれるのかなとチラッと思う。
やっぱり脳腫瘍は嘘なんじゃないか?
嘘のボロが出ないうちに昭和さんは自分が死んでしまうということにして、
それで幕引きとしようとしてるんじゃあないか?と思う。

別れた直後に死なれたら後味悪くて次の恋愛なんてできねーだろ!という呪いを私にかけられるよねー。

普通に、しんどくて、めちゃめちゃ泣いた。明日の昼まで多分腫れ目がひどいやつだこれ。
昭和さんも痛いし、私の思考回路もオールスルーの人でなし対応も痛い。

映画を観に行った日、11月12日以来、私は一切アクションしていない。
つらい3週間だった。

まだ終わらない気もするけど、一応は一区切りついたのかな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:綾子
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
キマグレ。
2018年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる