ポップ・ポップ

March 28 [Mon], 2005, 22:10


「もしもしー。」

「あのさあ、毎回こんな話で悪いんだけど
俺のポップポップ持って行ってない?」

「え?なに、あれ私のだよ。
2枚家にあったんだよ。」

「うそーっ。いつ買ったの?」

「長野のブックオフで。バイトの時。」

「嘘だ。俺のだ。家にないもん。
今聴きたい、すぐに聴きたい。」

「えーーーーっ私のだよ!」

ぽこ、とディスクを取り出すとなんとその下に
日本の芸能シリーズ・落語名人S桂 米丸、と
かいたCDが出てきてしまった。
「げ、桂米丸・・・」

「ほらーっ、俺のだ、絶対。」

「じゃあ、私のは?」
「シラナーイ。」

おかしい。絶対おかしい。
お互いが同じCDを持っていることはよくある。
このリッキー・リーのPOP POPは大好きだもん。
だから絶対私のなのに・・・米丸め。
手放さないぞ。

なんでお互いが離れて住んでいるのか、
その疑問よりも今は
消えたもう一枚のリッキー・リーのありかだ。

今日は雨降り。仕事をしながら
一日中リッキー・リー・ジョーンズを聴く。