一周忌

2018年03月10日(土) 23時59分

3月5日はリリーの一周忌でした。


若い時はポチと毎日遊んでいて、


毎日闘っていて、


いちおう仲良しでしたが、


今は誰と一緒に居るのでしょうか。


残されたポチはそれなりに元気です。
天国でコンビ再結成するまではもう少し時間がかかりそうです。

慰霊祭

2018年02月03日(土) 23時59分

年に一度の動物病院の慰霊祭でした。


そろそろリリーの一周忌なので、時期的にも調度良いです。


リリーの見送った病院では無かったですが、案内を送ってくれたり、一年過ぎてもリリーの事を覚えてくれていたスタッフさん達に感謝です。
リリーは幸せ者です。

16歳

2018年01月30日(火) 0時00分

リリーが生きていれば今日で16歳でした。
残念ながら去年が最後の誕生日になってしまいました。

小さい頃は「お金を拾って来い」と言われて育てられていました。
天国でそのスキルは役に立っているでしょうか?
きっと役に立ってないでしょうね。

あれから1年

2017年09月23日(土) 23時00分

1年前の9月23日は、リリーが末期の腎不全と発覚し、余命半年程度と言われた日です。
その時に病院の駐車場で診察待ちをしていて、ワッツ君の訃報を聞きました。
今日はリリーの闘病生活が始まった日でもあり、ワッツ君の命日でもあります。

余命半年程度と言われましたが、結果は5ヶ月と数日でした。
あの時肺水腫にならなかったら今でも生きていたのか、それとも半年程度と言われたからにはやはり居なかったのか、色々思う時があります。
病気になりながらも15歳まで頑張ってくれた事にはとにかく感謝です。

百ヶ日

2017年06月17日(土) 0時00分

6月12日、リリーが亡くなってから100日が過ぎました。
最近やっとリリーが居ない生活に慣れてきました。
もし生まれ変わって来れるならまた出会いたいです。
是非是非会えますように。

四十九日

2017年04月23日(日) 0時12分

4月22日、リリーの四十九日です。
二世は四十九日まで長かったと言ってますが、私にはあっと言う間でした。


四十九日までの間に、何度も私の夢に出て来たり、リリーの居た場所の床が濡れてたりもしました。
春休みに実家に行った時には、じーちゃんが台所で魚を焼いてる時に、誰かが戸をガリガリ引っ掻いて、開けてみたら誰も居なかった事もあったらしいです。

春休みが終わってからは夢にも出てきません。
四十九日を待たずに天国に行ったのかもしれません。


四十九日前日、遺影を落として、またお供え泥棒をしていたポチです。
それはポチの置き餌じゃありません。

復活の儀式

2017年04月15日(土) 23時59分

大きめのドライアイスが手に入りました。
随分前に、スコルビ家のsakiちゃん&スコットくんが復活の儀式をしていたのを思い出して、真似してみました。



ポチは煙が不気味で怖かったようです。

お礼参り

2017年03月27日(月) 23時59分

前日からの雨が午後になって止みました。
ポチと一緒に、実家の近くにある動物病院に行きました。
リリーが赤ちゃんの頃から3歳半までお世話になって、その後も帰省の時にたまにお世話になっていた動物病院です。
この前の冬休みは点滴でもお世話になったので、リリーが旅立った事とお礼を伝えに行きました。


腎不全と診断されてから、半年近く持ったのは頑張った方だと言われました。
それ以上頑張っている子ももちろん居ますが、そこまで持たない子も多いそうです。
今腎不全で闘病してる子は是非年単位で頑張ってもらいたいですね。


ポチはここの動物病院にはしばらく行ってないはずですが、ちゃんと場所を覚えていて、病院の近くまで来たら向きを急に変えて帰ろうとしました。
行きたくないのなら行かなくて済むように元気でいましょう。

最後のお別れ

2017年03月08日(水) 0時35分

3月6日、リリーのお葬式です。
お友達が会いに来てくれたり、出発の時に見送ってくれたり、最後まで幸せなリリーでした。


お別れの場所は、刈谷市の愛浄園です。
愛浄園に行くまでに、昔住んでたマンション前や、お散歩した場所などを通ってから行きました。

愛浄園では色々なプランがありますが、個別立会火葬にしました。
リリーを運び込み、指定された持ち手付きの籠に入れてあげて、お経のCDが流れる中で手を合わせました。
別料金でお坊さんにお経を読んでもらう事も出来るそうです。
お別れの時間も作ってくれて、最後のお別れをしました。
その後リリーが火葬炉に運ばれて、そこでもお別れの時間を作ってくれて、本当に本当に最後のお別れです。
その時の顔がすごく安らかで、私も安らかな気持ちで送る事が出来ました。
火葬のボタンが押される時はみんなで手を合わせました。


その後室内に戻り、事務手続きをして、火葬が終わるまで約1時間を待ちました。
外に出ても大丈夫だったので、隣の児童公園で二世は遊んでいました。


火葬炉はトラックに付いていました。
お墓の向こうに見える白いトラックの中にリリーは居ます。
火葬の音が聞こえる中、見えなくなったリリーの目も、弱くなっていた後ろ足も、苦しめられた腎臓も、膵臓も、肺も、全部無くなるのか、と思いながら見ていました。


ポチもトラック方面を気にしていました。
音で反応していたのか、リリーの気配を感じていたのか、どっちだったのでしょう。


寒かったので、ポチと私は車の中に戻っていました。
火葬炉のドアが開けられた時に、ダンナと二世が公園から戻って来ました。

また室内に入り、お別れをした場所で、お骨を拾わせてもらいました。
最初に、足から頭までの骨の部分の説明があって、お骨の拾い始めの一番最初は、骨の両端を2人で箸で持って「三途の川の橋渡し」から始めると教えてもらいました。
その後みんなで「爪だ」「歯だ」「指だ」と言いながら拾いました。
二世は恐竜の発掘作業でもしてる感覚だったと思います。


供養の日の一覧が乗っている紙ももらいました。
対応も扱いもすごく丁寧で、良い場所でリリーを送れたと思います。


ヨーキーにしてはサイズの大きかったリリーですが、お骨になって小さくなってしまいました。
今後お骨はどうするかまだ決めてないです。
まだ手元に置いておきたい気分なので、そのうち落ち着いたら決める予定です。

リリーの旅立ち

2017年03月06日(月) 0時05分
3月5日の19時半頃、日曜日の夜で調度3人揃っていた時に、病院からすぐ来てくださいと電話がありました。
20分後、到着しました。
リリーが心臓マッサージを受けていました。
二世と私は泣きながら色々言っていたと思います。
心臓の動きを表す機械はまだ生きている事を示していました。

お医者さんと看護婦さんは80分も心臓マッサージをしてくれました。
20時50分頃、心肺停止で機械を取り外してもらいました。
21時半頃、体を綺麗にしてもらって家に帰って来ました。


ポチ 「リリーおかえり」

去年の9月に腎不全と診断されて、余命を意識した頃から、ものすごく濃い時間を過ごせました。
なるべくリリーと一緒に居て、寝る時も一緒で、病院通いも頻繁で、ポチには申し訳ないけどこの半年はリリー優先で生活していました。
そのおかげで、見送った直後なのにあまり後悔の気持ちが無いです。
悲しみよりも、色々してあげられた達成感のような気持ちの方が強いです。
最後にそんな時間をくれたリリーに感謝しないといけませんね。
最後まで本当に可愛くて優しくて親孝行な良い子でした。


15歳1ヶ月でした。
長い間本当にありがとう。
ずーっと一緒でずーっと大好きだよ。
イベント情報
迷子犬情報
飼い主さん募集情報
★リリー★
■ヨークシャーテリア
■♀
■2002年1月30日-2017年3月5日
★ポチ★
■日本テリア
■♀
■2004年11月29日生
★ダンナ&エミリー&二世★
■リリポチの飼い主
吉剣パパ&ママ様作バナー
パル母&兄様作アイコン
最新コメント
アイコン画像エミリー
» 粗相1号 (2018年07月18日)
アイコン画像みわ
» 粗相1号 (2018年07月17日)
アイコン画像エミリー
» 粗相1号 (2018年07月17日)
アイコン画像みわ
» 粗相1号 (2018年07月11日)
アイコン画像みわ
» 粗相1号 (2018年07月11日)
アイコン画像エミリー
» ご依頼主様 (2018年07月07日)
アイコン画像パル母
» ご依頼主様 (2018年06月27日)
アイコン画像エミリー
» 美人姉妹 (2018年03月21日)
アイコン画像エミリー
» 美人姉妹 (2018年03月21日)
アイコン画像まこちゃん
» 美人姉妹 (2018年03月20日)
最新トラックバック
アイコン画像お誕生日のケーキ (2014年12月14日)
アイコン画像北海道オフ会 (2011年09月04日)
アイコン画像北海道オフ会 (2011年09月04日)
アイコン画像北海道オフ会 (2011年09月04日)
アイコン画像オフ会写真A (2010年10月16日)
アイコン画像浜松オフ会@ (2010年06月06日)
アイコン画像浜松オフ会@ (2010年06月06日)
https://yaplog.jp/lilypochi/index1_0.rdf