白い、幾つ幾つも荒廃

February 11 [Tue], 2014, 18:35
淺い行紅塵雨の中で、ただ1つの不意の目つき、深く心にとどめ、1段の美しい出会い。
人の波の中を歩くだけでは、一抹の清如水の微笑が傾く世に心を引かれ、一段のロマンチックな出会い。
繁華浮世弱い水が数え切れないほどあっ三千、出会いは前世の縁。人生の旅人は慌ただしくて、ただすれ違う一瞬照らし出す、まなざしを、これからあなたが私の世界に入ってきた植髮手術
花事融夜柔、皎々月華入清瞳、思も悠々と、読んでも。
ひとしきり夜風バインドしてから、かどうかをせよ、たおやかな時間、羽のように簇簇に、そっと吹く
私は繊細な心の?
考え事微澜、1筋の香りに傾いて遠くて、眉間若雪安然、笑ってるんだろう。半拭く清化粧、促成あなたの姿は、瀋香くず未燃え尽き、私の気持ちを数本の煙のように漂って、悠然として、空、風静散。
誰が私の心の中に滯在しているを拒否し、私になって振り返る中の燈火?
誰が私の恋しい思いの中でこんな執着の惜しまない遠く、私になって心配で、文字の中の永久不変ですか?
誰に美しい私の文字は、私の心はいつも寝て川の上に、私を気に入ってる月明かり、
に沿って風土の夜は静かに流れて?
記憶深く淺いたり、または、想いについても、濃いも淡。
指先の温度をかすめて静かな良い歳月、いずれかのカットは思い合って、妖艶た心の奥の晓月眉彎。
もしも命が再び、私は喜んであなたに出会って、拭いて肩が淺い、ぬくもりに出会う。
私はあなたの深い淺酔詩的な文字に、尽くして1世の優しさで、ただ君と月下同行。
あなたの執筆半生流離、寄り添って切実な暖かいの配慮に、墨染の天下を卿ハマる。
あなたは私の今生最も美しい出会い。ない絆が、ルールがないから、訴えを緩やかに読むだけ若死に、暖かい。
引き寄せ曲がったところの清月創作設計、裁数名に心が、より1紙箋水雲素で湿って執着の目を突き抜けてその高遠の天幕、
輝かしい幾つ幾つも美しい、白い、幾つ幾つも荒廃。
一つの物語が最終的に最終回があるとすれば、1度の漂流いつ果てがある、1度にもいつか蘇る。
かもしれないなー未練のはそれでは熟知する人や風景、ただあれは最初の美しい気持ち。
もし時間滯在し、止めてあなたが私のその時、バインドの目には、永遠に静止。
あなたのしたくない歳月のトンネルに溺れたくない;あなたを聞いて遠ざかる別れにさようならさせたくないあなたと音の私からの視線に対したくない終瞭の別れ。秋風の絵はまだ何か悲しい扇、道だけの最初の兆候。
縁は好きで、縁には散。支え合って、結局やはりは江湖に相忘る。
あなたに出会って、私の今生の最も美しい、集まる時あなたと私は酒に酔って。
誰も誰のために滯在自覚ない、誰が足踏みして、あれらの引受ない嘘、最終的には消える。
から手配できない、終瞭する必要も無い設計、紅塵は生活の常態。
万物流転、情風の死去、挥别あの1筋の絢爛。かつて最も米は、持っている。
花が咲き、そして散る、最終的に再開;満月欠け、また胡菁霖IE、最終的にその丸;人が来て、また歩いて、それから咫尺天涯。
  • URL:https://yaplog.jp/likasun/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:likasun
読者になる
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる