銀箏夜長く懇ろにやって

February 06 [Thu], 2014, 15:26
霧雨をかすめた歳月の古い城壁で、夢のように流れるあの草长莺飞江南の詩情の中で、塞北迷った孤煙無辺の広野に消えて。印刷公司その封印の歳月の中で、いくつかの梅は昔、いくつかの記憶は流れ。筆で手紙に書いて本だけに1段锦瑟年华、記念花火紅塵の中での思い出。
「私も多情で、無力酒手すりに」
空気中に浮動しっとりした雰囲気を描き出して記憶の中でかつての輪郭。月明かりを開けに乗って、閉ざされた水月を思い出して、日の街Guxiangに短い出会い、涙雨黄昏後淡い振り返って見て、窓の外は赤が落ち、絢爛もかなわない君との出会いには花が咲き、も引き止め、心の執念は毎回の絆中蒙にほこり。「暁て庭半殘紅」の朝飲んで1ポット清酒、グラスの中での乾杯の記憶を紅塵の薄情な、徒を殘し、半分半分酔って。
「人間の味は清好き
紅塵の浮世の中でと、のどかな気持ちを持つ1部、清をか品に1杯の香茗、清が好きで、1段の古曲を聞いて、清。窓の外を見ているの斜风细雨楼台水亭、聞いていて、遠くからのひとしきりひとしきりの鐘寺、遥か長いような、遠くからの呼び声。びく風の中の白檀、描いた指先に白骥ギャップの光陰。心をゆっくりと静かに、こんな一節を離れて世俗の時間。
「銀箏夜長く懇ろにやって、心不忍帰野暮な空室康泰
色とりどりの花、梅は古物、莺飞蝶舞ないように、朝华当時。モクセイ墨影に従って寂しい仏堂軒院。軒窓の下に、芭蕉は緑色で、松蕭然に紺蒼穹ように鏡のような朗月、桂に時間を見て少し老い、明らかに跡がない、ただ石段にまみれた花露落ちて赤、季節の思い合って、心の中の静かな緻遠。この静かな夜、人がいる絃奏に曲を、滝の古调、夢の中で清好き、意に明月。窓に立つて寂しさの氷の魂、清雅の蓮の影、記憶を施錠した糸。
かつての迷い、今日の思い出になった。昨日の風塵、また誰れを書き換え?「移り行く何度秋」だと、かつての生命の中でいく人は、美しい年月の中では瞬間を永遠の、一杯の酒、一曲古韻、年月を刻んで詩情。なじみの人事だんだんいい遠くて、もとはすべてすべてただ1度の水鏡花月。
音は回転、夢は目が覚めたのはもう咲き始め、康泰領隊桑田、1種似水流年俗世の因縁と、ある種の宿命という碧海青天。流水辗过時間の廊下、明月の装飾の湖は、記憶を曲げて1つの美しい弧を持って、前世の夢。
  • URL:https://yaplog.jp/likasun/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:likasun
読者になる
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる