ゆうき@LwS・・・『北京・上海旅行記vol.1』〜万里の長城編〜

June 17 [Mon], 2019, 18:08
ゆうき@LwSコラム…令和初のBlogは、平成最後に訪れた『北京・上海』の模様をお届けします。
昨年の初ヨーロッパに続き、初中国。
北京も上海も日本からは飛行機で3時間40分ほどと、あっという間に行くことができます。





まず訪れたのは、北京
北京の楽しみは、万里の長城故宮、北京ダックをはじめとした中華料理
あとは、中国文化にどっぷり触れること!
ということで、最初の目的地は、「万里の長城」
なんといってもこれは、人類史上最大の建築物!
どうしても一回は行ってみたかったので、ようやくその夢が叶うことに。

万里の長城と言っても、総延長6000kmを超える長さがあるので、
どこに行こうか悩みましたが、
北京市内からアクセスのよい「八達嶺長城」へ向かいました。





やはり旅には、ハプニングがつきものなんですね・・・
八達嶺長城へは市内から地下鉄と特急電車を乗り継いで2時間ほど。
最初の難関は地下鉄から特急電車への乗り継ぎです。
そして案の定…
地下鉄から特急電車の駅へ向かう途中のこと…

中国人女性:「もう長城行きの電車ないよ」(中国語)
ゆうき:「ええっ???」(日本語)


壁に貼ってある時刻表をしっかり見せられて…

ゆうき:「本当ですか!?」(日本語)
中国人女性:「代わりにバスがあるから乗りなよ」(中国語)
ゆうき:「いくらです?」(カタコトの中国語)
中国人女性:「30元です」(中国語)

そんなやりとりの末、乗り合いバス乗り場に案内されたのです。
「これは…危ないのかな…」とも思いましたが、
バスにはすでに中国人観光客がぎゅうぎゅうに乗っており、追加料金も無いこともしっかり確認した上で、「よしっ!行くしかないでしょっ」と、乗り込みました。いざ、長城へ。
バスでの道中、騙されて「売られてるんじゃないか」と気が気ではありませんでしたが、
向かう方向や周囲の景色から恐らく向かっているのだろうと、途中からは不安も消え去りました。
小一時間で無事到着。

そんなハプニングもありましたが、念願の万里の長城です。





感想は・・・


これがものすごく寒い。

おそらく-10℃以下。
さらに堪えるのが、湿度の無さです。
からっからっの為、体感はさらに寒く感じます。




この帽子は急遽、頭が寒すぎて痛かったので、購入。
意外と似合っているのではないかと (笑)
上着も下着を合わせて8枚ほど着込んでますが、まだ寒いという、白馬育ちで、氷点下10℃以下なんて慣れっこのはずの僕でも、体感したことのないような壮絶な寒さ。





そんなこんなの万里の長城ですが、
景色は絶景でした。





なかなか写真ではスケールの大きさが伝わりにくいですが、
360度見渡す限り、山の尾根にはこの壁がつながっております。
中華の国々が北方の異民族の侵入を防ぐために作られたという通説はあるものの、誰が何の目的で作ったのか、明確には分かっていないそうですが、
これほどの巨大な人工物…古代中国の繁栄ぶりがどれほどだったのか、想像するだけで、鳥肌が立ちます。

今回訪れた場所は、万里の長城のほんの一部ですが、
その壮大さは十分に伝わってきました。
他にも様々な万里の長城があるそうなので、
機会があればまたぜひ訪れてみたいと思います。

感動の中帰路に就くのでした。
帰りはしっかりと特急電車に乗り込んで帰りました。





すると、驚きの事実が・・・
帰路、特急電車から地下鉄に乗り換える時、
長城に向かう途中、中国人女性に話しかけられたあの場所を通った時・・・
なんと!あの時刻表がないのです!
そう言えば、今思うと、時刻表もA4サイズの紙に簡易的に印刷されたもので、ちゃんとしたものではなかったような…
やはり旅にトラブルはつきものでしたね・・・
特急電車は6元で、今回のバス賃30元したので、
大損ではなかったので、良しとしましょう。

万里の長城だけでなかなか長文となってしまいましたので、今日はここまでにします。
この先、まだまだ中国の旅は続きますので、
次回Blogにてお届けいたします。

ゆうき@LwS


書籍「Life with Style Volume two」、広島県と山口県東部の書店とローソン・
Amazonにて絶賛発売中です




蔦屋家電・レクト広島蔦屋書店・丸善広島店では、特典ポストカードが付いております。
(数に限りがございますので、ご了承くださいね)

バックナンバーをご希望の方は、弊社がBASEにて送料込み(1800円)で出品しております。
そちらをお買い求めくださいね。


Life with Style のホームページ

Ama mi tanto のブログ

Life with Style の Facebook

hello@lifewithstyle.jp


Instagram

住所:広島市佐伯区五日市中央7-12-15-102
電話:082-299-7494
FAX:082-299-0097

定休日:水曜日
営業時間:10時〜19時

Houzzに登録中の広島市佐伯区五日市中央, 広島県, JPの株式会社ライフウィズスタイル


広島市佐伯区五日市中央, 広島県, JPのHouzz登録専門家株式会社ライフウィズスタイル


  • URL:https://yaplog.jp/lifewithstyle/archive/2199
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

Instagram

■Life with Style■
■はじめましてLife with Styleです。
私たちは広島を中心に「良好な空気環境」と「耐久性」、そして「デザイン性」の3つを柱に、真の注文住宅を手掛ける設計デザイン事務所です。

本物の素材は古くなっても「本物」・・・あくまでも「本物の素材にこだわり、歳月を経る程に輝きを増していくような家創りを理想としています。

http://www.lifewithstyle.jp/

■お店の場所■
広島市佐伯区五日市
中央7-12-15-102
五日市の牛角のとなりになります
定休日:水曜日

■お問い合わせ■
hello@lifewithstyle.jp
カテゴリアーカイブ

最新コメント
アイコン画像弾き語る家主
» 『ゆうきの建築武者修行』 第1弾〜港町「鞆の浦」編 (2014年02月05日)
アイコン画像lifewithstyle
» 上棟フェス☆@岩国 (2013年12月07日)
アイコン画像Mai
» 上棟フェス☆@岩国 (2013年12月03日)
アイコン画像tomo@LwS
» 『初心』忘るべからず!ですね^^ (2013年07月14日)
アイコン画像M.N
» 『初心』忘るべからず!ですね^^ (2013年07月13日)
アイコン画像lifewithstyle
» 『空の色が時を刻む家』上棟フェス@西区 (2013年06月25日)
アイコン画像しましま
» 『空の色が時を刻む家』上棟フェス@西区 (2013年06月06日)
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ