結びつける発想

June 01 [Wed], 2011, 5:56

STOP-THE-膀胱炎


いくら知識、経験を頭に溜め込んでも、
それをうまくショートさせなければ意味が無い。



むしろこの作業のほうが難しく、
これにはある種の訓練が必要となる。


テレビを観ているとき、
新製品のCMが流れたら、
まったく違う利用方法が無いものかどうかを考えてみてほしい。


つまり、発想の練習を日常生活の中でやってみるわけだ。


常識からの脱却こそ、
すばらしいアイデアへとつながるもの。


多くの人は、その常識の中から出られないからこそ、
良いアイデアが出てこないのだ。


そのためには、基本的な脳の使い方として、
目の前にある二つの物を合体させるとどうなるかを発想してみよう。


炊飯器に蛇口をくっつける、
テレビと掃除機を合体させるなど、
まったく意味のないことだが、
その発想の訓練こそが重要だ。


女性の為のおなら改善プログラム


さしあたってそれが商品になるかどうかは問題外で、
発想を柔軟にしていくことがキモとなる。


それが「意外性のある発想」へとつながるわけだ。


常識から抜け出すことが非常に難しいのは、
脳は常に慣れた思考回路でものを考えようとするからだ。


まじめで論理的思考をしてしまう人は、
どうしても筋道立てて考えてしまう。


いつも同じようなことしか言わない人、
同じような考え方しかできない人というのは、
思考回路がいつもの方法でしか思考しようとしていない。


それでは、画期的なアイデアなど出せるわけがない。


寝る前治療法・手汗改善マニュアル

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:life0201
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/life0201/index1_0.rdf