レッド・サイレン

May 31 [Tue], 2005, 23:04
<監督>オリヴィエ・メガトン<出演>ジャン・マルク・バール/アーシア・アルジェント<出演>

殺し屋に狙われる女の子を元用兵が守る、っていう、『レオン』の様なお話。
でも、殺し屋の雇い主が女の子のお母さんだったり、用兵のオニーサンが元締めみたいな人のところへ武器を調達しに行ったり。
レオンとはまた違った面白さがアリマシタ。
『レッド・サイレン』とはお父さんが描いた海辺の灯台(?)のこと。
(他の意味もあるのかもしれんけど・・・。)
娘に跡を継がせたい、マフィアのボスのようなお母さんが怖い・・・

6/8にwowowであります。

男同士

May 30 [Mon], 2005, 23:41
運動不足を気にする旦那が、急にウォーキングをする気になった。
週末から、腰が痛い私は、一緒に歩くのは勘弁なので、息子に付いて行かせた。

運動苦手な息子は、幼稚園時代に行進の練習をさせられ、『巨人の星』のようなキャッチボールに二度とお父さんとキャッチボールをするとは言わず、怒られながら戸の上山に登っていたけど・・・。

さすがに、中学三年間バスケ部にいた現役高校生。
お父さんの結構速いペースに余裕で付いていったようで、
「おまえと歩くと物足りンけど、Mと歩くと気持ちイイ ( ^ ^ )」
と、とってもご満足の様子。
息子に「あんた、余裕やろ?」
と聞くと
「いや、結構きつかったよ。」
という返事。
お前イイヤツだな。

つくも神

May 29 [Sun], 2005, 20:56
伊藤遊 作・岡本順 装丁/挿絵・ポプラ社

「つくも神」とは、長い時を経て魂を宿した道具たちのこと。

小学5年生のほのかが暮らすマンションのゴミ捨て場で、ボヤ騒ぎが。
その日以来、ほのかのまわりで不思議な出来事が起こる。

隣のおばあさんの土蔵の中の道具たちがつくも神で、昔、ほのかたちと遊んでいた道具が、みんなが来なくなってから「つくも神」になったみたいなんだけど。
不良のお兄ちゃんが、芯の所では昔のままの友だち想いのイイ奴ってこともわかったんだけど。

ちょっと消化不良の本でした。
小学生用だからかなぁ?
『鬼の橋』や『えんの松原』は面白かったのに・・・。

SWING GIRLS /スウィングガールズ

May 28 [Sat], 2005, 23:05
監督・脚本 矢口史靖/出演 上野樹里・竹中直人

ジャズを始めたきっかけって、こういう理由だったのね。

補習を抜け出すために、吹奏楽部にお弁当を届ける役を買って出たのに、途中の回り道がたたって、吹奏楽部の子はお腹をこわしてしまう。
野球部の応援に行かなきゃいけないのに、1人を除いて部員はダウン。
責任をとって、楽器の練習を始めるンだけど、面白くなった頃に部員は復活。
「ありがとう。ごくろうさま。」って言われたって、急に熱を冷ますことなんて出来ない

バイトして、中古の楽器を買って、「さあ、スウィングしよう!」

バイトも楽器もハプニング続き。
でも、少しずつジャズになってく。

『ウォーターボーイズ』も面白かったけど、音楽があるとイイナァ
所々に笑いがちりばめられているのも、メンバーが1人1人個性的なのも、見ていて楽しいです。
最後のステージは、出演している彼女たちによるもの。
完璧じゃないけど楽しそうで、見てると思わずこっちもスウィング
メイキングも面白いんだろうなぁ。
『スウィングガールズ』はTVドラマにはならないんですかねぇ・・・。


リサ・シリーズ

May 27 [Fri], 2005, 23:19
アン・グッドマン/文・ゲオルグ・ハンスレーベン/絵・石津ちひろ/訳・ブロンズ新社

フランス生まれの奥様とドイツ生まれの旦那様がパリで一緒に作っているおしゃれな絵本。
マドレーヌのベーメルマンスを思わせる絵。
リサはキュートでおしゃれだし、物語の落ちもイマドキ。
子どものための絵本なんだけど、大人が見てもおもしろいです。

相棒のガスパールとたくさん絵本になってます。
大型絵本も出てるし。
私が持ってるのは『リサ ニューヨークへいく』
この絵本の中には「9.11」前のニューヨークがあります。
ハンスレーベンさんはデッサンがしっかりしているので、リサの絵本に出てくるパリの町並みはそのままだそうです。
と、いうことは、きっとニューヨークもそのままじゃないかなぁ

最近出ている『ペネロペ』のシリーズもかわいいです
「だめだめ」のくり返しと「何かヘン」のくり返しはあまり好きじゃないけど

ファイルづくり

May 25 [Wed], 2005, 23:36
朝仕事に行くと、T氏が「良かったぁ〜。来たぁ
本当なら製本の人達がする「ファイル作り」
間に合わないから、内職をお願いということ。
朝の仕事が済んでから、紙ののりしろに両面テープ貼り。
午後から、折り目を折って、テープをはがしてファイル作り。

こういうのナンだけど、自分の仕事は溜まりっぱなし

でも、今日は2人が手伝ってくれたので、とっても早く終わりました。
明日こそ仕事を片づけるぞー

小さな男の子の旅

May 25 [Wed], 2005, 0:34
ケストナー短編 エーリヒ・ケストナー作・榊直子訳・堀川理万子絵・小峰書店

『エミールと探偵たち』『2人のロッテ』『飛ぶ教室』で有名なケストナーの、短編が二つ入っている小さな絵本です。
ルビは振ってあるけど、漢字がイッパイなので大人のための本かな?

初めのお話は、お父さんにお母さんの手術費を振り込んで来るよう言われたのに、1人で電車に乗って、お母さんの病院まで行ってしまう男の子の話。
チョットおすましの男の子の会話が可愛いです。

次のお話は、新しいお母さんを迎える女の子の話。
「おかあさんがもういないってことは、もうおかあさんがいないってことにしかならないのよ。」「こんなこともおとうさんにはわからないの。」
おかあさんのお墓の前で、人形に話して聞かせるマーレーネ。

ふたつともかわいらしいお話なんだけど、切ないです。

【・・・役者あとがきより
エーリヒ・ケストナーは、代表作『飛ぶ教室』のまえがきで、「子どもの涙が大人よりちいさいということはないし、ずっと重いことだってある」と述べていますが、このふたつの小さな話を読んで、この言葉がまず思い出されました。】

子どもは大人が思っている以上にいろんなコトがわかっているし、いろんなコトを考えていると思います。
仕事で出会った子ども達にも教えられました。

プリントはぎ

May 24 [Tue], 2005, 17:05
溜まった仕事を消化することなく、今日もちょこちょこ雑用が

ミシン目を切ることから仕分けから、だけかかる。
プリントはぎは、台紙にまとめて貼った写真を、はがす仕事。
写真の裏に二カ所くらい付いたテープ糊を、ゴムのシートでこするとになる。
でも、インクジェットの用紙のは糊が表に着くととれないし、写真の枚数が100枚以上になると、テープはがしでやってもナカナカ終わらないし。
今日のは30枚弱で、チェックをしても早く終わった。
写真のチェックは見つけるのが早いからね。

また知りあいが・・・。
企画(デザイン)のS氏の奥さんは、うちの旦那と同じPTA役員さん
仕事がさばける人だと聞いていたので、よいしょしておきました。
ご迷惑をかけないとイイナァ・・・。

製本見本作り

May 23 [Mon], 2005, 23:48
今日は、コピーをとって折って貼って、製本見本作り。
折り紙は得意なのでこういう仕事は大好き
でも、折った紙を重ねて貼っていくと、なぜかだんだん斜めになる。
そこで、上手な人にやり方を聞くと、折り目をきちんと折って、ダブルクリップで端をとめてから貼ると 上手くいくらしい。
今日は きちんと折って、端を止めてやりました。
そしたら、なかなか美しく出来た
明日は、たまった仕事を片付けよう

ヴァン・ヘルシング

May 22 [Sun], 2005, 12:07
ヒュー・ジャックマン/ケイト・ベッキンセール<監督>スティーブン・ソマーズ

ケイト・ベッキンセール演じるアナは、吸血鬼を滅ぼさないと一族みんなが天国にいけない。アナを助けて吸血鬼を殺す使命を帯びたヴァン・ヘルシングは、過去の記憶がない。
ドラキュラとの対決の中で、アナの一族の秘密やヘルシングの過去も少しわかってくる。

ストーリーは「はぁ?」って感じなンダケド、スピードとCGの凄さで今回も見せてます。
吸血鬼やウルフマンの変身シーンはスゴイ、面白い。
死に方がちょっと汚いけど。
ワイルドな主人公と知的で強い美女とここぞという時に働く三枚目。
この組み合わせが、監督はお好きなんでしょうか?

なんだか「2」ができそうなラストでした。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liddell423
読者になる
Yapme!一覧
読者になる