トメさんだけどあや

July 04 [Wed], 2018, 12:42
これから株を始めてみたいと思い今のところはバーチャルの取引で楽しんでいます。

今は順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ、本当の株の取引をすると簡単にいかないように思います。

それでも、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、今年中には株の取引をしようと考えています。



一点に集中型の投資をする方にはそんなに必要ありませんが株や債権、海外投資など、多種の投資を行う場合はポートフォリオを最大限に活用して投資するか否かを決めるべきです。投資で最重要なことはリスク分散型の投資スタイルですからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、まめに確認作業をすることが必要でしょう。株のデイトレードによって短期間で大もうけができる人は間違いなく存在します。



デイトレードというものは、買った株を持越ししないで当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、予想できないほどに株価が下がることも少なく、リスク管理が容易でしょう。私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、経験のないまま、いきなり株を始めた素人です。

はじめはまったく利益が上がらず、赤字で苦しんでいたのですが、このごろは経済が明るくなったのか、私がうまくなったのか黒字になるようになりました。

皆さんそうだと思うのですが、私は株を開始したころ、新米でチャートの見方が理解できませんでした。

今でも、完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」といった読み方があって、それを判断材料として使っています。でも、今でも時々は誤ってしまう時もあります。
株式投資を行う場合は、どれだけ値動きが激しいからといっても、ほとんど出来高のない小型株式を購入することは、おすすめしたくありません。

どうしてかというと、普段から売買高の少ない株式は購入した株式が売却したい値で売却したくてもできないからです。


株式投資を行うに当たって様々な手だてがありますが、その一つにスキャルピングがあります。


株の購入から売却まで、スキャルピングは、数秒から数十秒のかなりの短時間の間に済ませてしまう投資のやり方です。

スキャルピングの強みは、株保有期間をごく短期間に絞り込むことで、株価が下落するリスクを最小限のものに維持できるということにあります。


株のことを知らなかった人にとっては不明なことだらけと認識されているのではないでしょうか。
どこの証券業者に口座を開いて株式を買えばいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。
誰しもが利益を得たいと思って株式投資を始めるわけですが、通算で利益を出せる人は少ないでしょう。



信用取引というのは現物株や現金を担保として資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特徴でしょう。

特に空売りは、下落相場で大きな力を発揮し、うまく利用できれば高い相場でも低い相場でも稼げる武器となるのです。一方、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが必要になってきます。株を始めたばかりの人から上級者まで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均株価です。日経平均とはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の225社の株価を平均したものを指します。初めての人でもしばらく続けて日経平均を確認することで、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッカ
読者になる
2018年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる