ブログリレー小説第6話

2005年08月21日(日) 16時59分
ブロガー集団 ブロガトロス 10文リレー小説

「忍び麻薬捜査官シマウマ」  第6話 



第一話→yosihideさん

第二話→lioさん

第三話→AZUさん

第四話→くまろんさん

第五話→momocoさん










思えば俺たち家族は変わっていたと思う。

何よりも、両親も里美も俺も子どものように振る舞い生きていた。

傍から見れば常識のない親と好き勝手な子どもたちに思えたことだろう。

両親が俺たち兄弟には隠しながら麻薬と戦い、楽しく過ごそうとしてきたことが

生活をそうさせたのかもしれない。



生活のスタイルこそ一般家庭と変わっていたものの俺は大学へ進み、

里美は就職するために二人は離れたはずなのに、

今こうして両親を失わせた原因である麻薬の現場で再会することになるなんて。



その後俺たちはお互いが敵同士であることがわかってしまっているのに、

久々に‘兄弟’を装いながら、さびれているが植物の品揃えが豊富で、

とても上手い牛乳を出す専門店へと他愛もない話をしながら向かった。



店に着いて、俺の身体の血を里美は少々乱暴に拭いてくれたが、

里美の身体からは人を恍惚へと導く葉っぱの香りが漂い、

ただでさえ動転している俺の気持ちを怒りでかき乱した。



何一つ里美から今までのことを聞きだすことが出来ないでいたとき、ドアが開き、ゆっくりと人が入ってきた。



「お前・・・・・・・!」



入ってきたのは俺が捜査官の張り紙について尋ねたあの、

婦警よりも受付嬢が似あう、婦警だった。





続き、第7話はさるこさんところで読んでね。
http://blog.livedoor.jp/sarusaru_pq/




書きましたーリレー小説。


何かおもしろみが欲しいぜ・・・

麻薬捜査官として戦うところを書きたいぜ・・・・



なんて思ってはいたものの、普通に恋愛小説みたいに書いてしまいました。

やってしまった…




いやー、文章作るっていうのは自分の素が現れるような気がしますね。

というわけで、こっぱずかしくて仕方がありません。

なぜ素が現れると思うのか・・・?





根暗な女、シカコは、昔から文を書くことと絵を書くことがすきでした。

詩だとか日記だとかを書いていたクチです。

いましたでしょ、そういう子。w

だから、自分の思ったこととかを文字として書いていくタイプだったもんで、

文章を書くと自分の感情がダダ漏れって感じがしてはずいんですよ。




もちろん、誰にも言わずに黙って部屋で書いてましたよ小説は。

漫画は、描いてクラスの子に見せたりしてました。

恥ずかしすぎる・・・・・。




けど、長い間そういう部分を覆って生きていると、何も出来なくなるもんなんですな。

全然話が思いつかねぇw

かなすぃーw

ピアノももう弾けなくなったし、泳ぎも出来なくなった。

当たり前にできたことやのにね。




でもこのあいだ、ちょっとピアノを弾いてみました。

久々に鳴ったピアノの音は、どえりゃーキレイだったわ。

またバイエルから始めようかしらとか、実は思ってます。w






小説書いて嬉しくなったり恥ずかしくなったりしたついでに、

恥ずかしい過去もばらしてみました。

詩や絵や日記を書くことは恥ずかしいことじゃないけれど、

シカコの周りの人にそんな一面を知られるというのは、

漫画はいいけど小説やら詩やらを書いていたと思われるのは、

ちょっとやっぱり恥ずかしいのです。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ




ランキングです。シカコはこんな女だった。
よければ応援してね〜♪

  • URL:https://yaplog.jp/lempicka117/archive/362
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
シカコ→yusic
シカコらしさがでたようで、よかったwww
けど、確かにさびれるwww
でもちまたではひそかな人気なのよこの牛乳専門店w
いい草がおいてあるってw

ラスト、お疲れさまでした
いやー、ほんま驚きのラストやったわ
おもしろかったーまた何か企画やりましょう
連絡やらなにやら、おまかせで申し訳ない。
お疲れさまでしたm(_ _"m)ペコリ
2005年08月24日(水) 15時43分
シカコ→たくみっくす
修羅場を作り上げてしまったみたいで・・・ww
第10話、ラストまでよんだけど、ほんまええ経験なったわぁ
でもやっぱみんな文才がすごいやね、自分の読むと全然話進んでないやんとか思った・・・・

お疲れさま♪またやろうねぇ
2005年08月24日(水) 15時40分
そーだ、そーだー!
シカコのせいでこの後修羅場になったんだぞぉぉ!!ww
と、いうことで遅ればせながらお疲れ様♪
オレもいよいよ書き終えたぜ。

「牛乳の専門店」なんてぶっ飛んだスポットを出してくるあたりがいかにもシカコだよねぇ〜
しかも、何よりウケタのが、その説明。
「さびれているが植物の品揃えが豊富で、とても上手い牛乳を出す専門店」。
これ、爆笑。
そりゃさびれるだろー!
牛乳屋なのに植物のほうが品揃え豊富だったら!!wwwww
何回見てもオモシレー!
シカコ、ナイスフェイント!!
2005年08月24日(水) 2時39分
お疲れさーん♪
シカコが婦警さん登場させちゃったから・・・
この後修羅場に・・・笑
俺の番になる前超焦ったもんw
でもまぁなんとか切り抜けましたですよ♪

ラストの兄貴に期待しちゃおーぜっ!!
2005年08月23日(火) 7時13分
シカコ→lioさん
lioさん来ていただいてどうもありがとうございますーそんで「透明」って言ってもらえて・・・実は透明感のある文章がすきで、自分もそういうのかけたらなって思ってて、だからほんま嬉しいですー
でもほんと確かに、書く人によって雰囲気かわりますよねリレー小説のおもしろいところですね。

てか、さすがlioさん・・・そうです、牛乳専門店です選りすぐりのえさである草も置いてある設定ですw やっぱ名前だけにそういうことも入れてみました、文章つぶさないように、目立たないようにw

ピアノってほんと、頻繁にひかないとダメですね・・・
2005年08月23日(火) 1時57分
この章、すっごい透明な感じ。
書く人毎に空気変わって面白いですね。
主人公にも肉付けがされてるし。

ところでふたりが移動したのは牛乳専門店?


わたしもこの間、ひさびさにピアノ触りましたよ。
指が動かなくて、アタマのあちこちが熱くなっている図がわかりました(笑)


2005年08月22日(月) 12時08分
シカコ→さるこさん
ありがとうございましたー
新たなキャラを登場させたくて色々考えたんですけど、みなさんがいじっている彼女が気になったので、彼女を投入しましたw

ほんとひさびさに頭フル回転させたわりに、こんなになってしまってすいませんΣ(; ̄□ ̄A アセアセ
今後に期待ですねー♪
2005年08月21日(日) 23時40分
シカコさんっ
続きアップアップいたしました(;´∀`)
ここでまた最初の婦警さんが出てくるなんて…… Σ(゚д゚lll)ガーン  かなり悶えましたよw
超場つなぎ的になっちゃいました。tatuchanさんに期待してくださいっ

シカコさんも文章書くの好きなんですね!
こういう企画は本当に刺激になりますね。
これからもよろしくです♪
2005年08月21日(日) 22時59分