おさない大人

2006年07月16日(日) 15時33分
デパートが好きです。


ごちゃまぜっていうか、色々なものを詰め込んだ感じが。

色々な人がいるのも楽しいし、あの喧騒も、耳に心地いい…時もある。


まあ、私がいうデパートはジャ〇コのことなのですけど。



安い香水のやすっぽい匂いをかぐのも好きだし、きれいな色の果物をみてるのも飽きない。
新しくでた化粧品をみるのも、雑貨をみるのも、家具みたり電化製品みたり、本屋にいるのも、好きです。

お母さんには、変わってるといわれます。
いいじゃんねー。


でも、何よりも好きなのは、やっぱり人間観察かな。



エスカレーターに乗っている時、反対側に親子がいた。
母親と息子さん。


男の子がね、すごく泣いてた。
一瞬、ああきっと怒られたんだろうなって思ったけど、違うみたいで

「いやだああああ、おろしてええええ」

っていって。笑

いや、笑い事じゃないんだろうけど。本人にとっちゃ。

で、お母さんの方も、涙拭きながら、あと少しだよーなんていってて。

ほほえましいなーって。


日曜日のデパートって、泣き声が木霊するじゃないですか。


あれが好きです。



子供が泣いているのが好きなのかもしれないですね。


まだ成長途中なんだっていうのが、すごくよくわかる。

何もかもが不安で、何もかもが怖くて。
思い通りにいかないのが、とても不満で。

もの凄くストレートな意思表示ですよね。


そういうのを見ると、自分も成長したのかなって思う。


でも、成長したというよりは、生き方が上手くなっただけかもしれない。


知らない、という事が怖くて、
知らない事に触れるのも怖い。
うまくいかないと、凄く腹がたつし、無理矢理にでもそうしたいと思う。

でも、そういうのを表に出していたらキリがないし。
どこへいってもうまくいかないよ。

だから、自然と、それは隠さなきゃいけないことなんだってわかった。

境界線

2006年07月10日(月) 5時14分
サイトに、自分の恋愛ごと持ち出すのって、悪いことなのかな。


ごめんなさい、拍手にてコメントくれた方。
正直、私にはわからないです。


多分、少なからずこのサイトを好いて下さっていて、だからこその言葉だとは思うんです。
そう思いたいんです。


けど。



悲しいです、ちょっと。



私は、悪いことしたな、って思います。確かに。

私事で閉鎖を突然決めたのは、申し訳なかったです。


けど、私にとっては、大問題であったし、障害でもあったんです。

はっきりいって、これからの人生にてこれ程のモンはねえんだろうなって、思ってしまうほど、私には大きな出来事でした。



皆さんには知るよしもないことですよ。
知ったこっちゃねえって感じですよ、わかってます。

けど、そんな安易な言葉じゃ片付けられない事だったって事は、理解して欲しいです。

無。

2006年07月09日(日) 4時14分

なんか、自分はとてつもなく空っぽな人間だと思う。


どこらへんがって、もう、全部。


こういう事を日記にかくこと自体、中身が無いって思う。


私は、日々、何かを伝えたい、人に。

そしてそれを文字にする。


それ自体、空っぽな感じ。




私は、無口な人が羨ましい。

自分がべらべらと喋る人間だから。
べらべらとしゃべって、自分の中のものを全部出してしまう。

無口な人は、一言一言に重みがある。
説得力とか、重圧感がある。


それが、私はほんとうに羨ましい。


羨ましいんです。