左利きから哲学する

September 14 [Fri], 2007, 23:51
私のメイン・ブログとなっている『レフティやすおのお茶でっせ』に、「左利きから哲学する」という記事を書きました。

これは最近哲学の本を読み出した、その理由が実は左利きの諸問題を考える過程における思索が哲学というものと関連があるのではないか、というところの疑いから、実際に哲学の本を読んでみて確認してみよう、ということになった―その経緯を述べたものです。

まだほんの初歩の初歩といった本しか読んでいないのですが、これから『本屋』のほうでも、新たに哲学の支店を儲けてみようと考えています。

私のように、日常生活を営むうちで、従来の世間の考え方とのギャップに悩む方は大勢いらっしゃることと思います。

そういう人こそ哲学する必要のある人です。

そういう方に向けた、本当の初歩の初歩的初心者向け哲学入門書を集めた支店を始めてみます。

ご期待ください。