「レフティやすおの本屋」8月の成績発表

September 15 [Thu], 2005, 22:20
「本屋」8月の成績発表です。

幸いこの月は、大量に本が売れました。冊数は3月同様8冊でしたが、開店以来最高の売上を記録しました。

高い本が一点、二冊売れました。
これで半年6ヶ月連続の売上を記録しました。(うれしい!)
ちなみに、9月も早々に売上を記録し、連続7ヶ月となり、記録更新中です。(もっともっとうれしい!)
お買い上げいただいた皆様に謹んで御礼申し上げます。
ありがとうございました。

というわけで、売上順位も過去最高、初めて百位台に突入しました。
来店者順位も相変わらず好調を維持し、二百台の前半です。

これもひとえに読者の皆様のおかげです。重ねてありがとうございます。
大いに感謝いたしております。

ただ今、更なるアップを目指し、支店の拡充に手をつけています。
これからも、日々―とはいきませんが、月々進化を続ける「レフティやすおの本屋」にしてゆきたいと考えています。

変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いいたします。

開店以来の成績
8月(09/01)[ランキング]今月売上130位/来店228位 ※8冊(6日-1冊、14日-1冊、16日-1冊、24日-1冊、28日-1冊、29日-1冊、31日-2冊)\12940
7月(07/31)[ランキング]今月売上259位/来店231位 ※2冊(8日-1冊、19日-1冊)\2260
6月(07/01)[ランキング]今月売上261位/来店252位 ※6冊 (6日-5冊、11日-1冊)\6840
5月(06/02)[ランキング]今月売上482位/来店211位 ※4冊(27日-2冊、31日-2冊)\3799
4月(04/28)[ランキング]今月売上299位/来店301位 ※1冊 (9日-1冊)  \880
3月(04/01)[ランキング]今月売上303位/来店602位 ※8冊 (1日-1冊、29日-7冊)\6699
2月(03/01)[ランキング]今月売上2044位/来店638位
1月(02/01)[ランキング]今月売上1960位/来店798位 ※1冊(12日-1冊)\680
12月(01/01)[ランキング]今月売上2158位/来店1199位 
-2004年11月27日開店-

お知らせ―左利きアンケート第20回利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう

September 03 [Sat], 2005, 22:28
“左手と左利きを考える”ホームページ「左組通信」恒例の<左利きプチ・アンケート>の更新のお知らせです。
今回は記念すべき20回目ということで、利き手調査を実施します。
利き手調査といっても研究者により微妙に項目が異なっています。機会を見て何通りかの調査票を紹介してみようと考えています。今回はその一回目ということにします。

* <左利きプチ・アンケート>第20回利き手調査1回目―側性係数を調べてみよう *
一口に「左利き」と言っても、実はどう定義するかは非常にむずかしいものだそうです。
辞書を引いてみるとだいたい、右手より左手が得意なこと、またその人を指すといった解釈が出ています。
では、具体的にどんなことができれば得意と言えるのでしょうか。
また、科学者はどういう人を左利きと定義しているのでしょうか。
前原勝矢著『右利き・左利きの科学』(講談社ブルーバックス 1989年刊)で紹介されている側性係数(LQ)を調べて、あなたの利き手を確認してみましょう。

この本によりますと、利き手は右または左と二分されるものではなく、右に近い両手利き、左に近い両手利きというように、右手利きと左手利きは連続しているものであり、「便宜上側性係数(LQ)マイナス30以下」を「左利き」としています。
側性係数(LQ)とは、利き手調査票にある十項目の動作において、実際に使うのが右・左・両方のいずれであるかを答え、それを計算式によって数値化したものをいいます。

・<利き手調査票>―いつも使う手はどちらですか、右手か左手のどちらかに○印を記入して下さい。右手と左手をほとんど同じように使う場合には“両手”に○印を記入して下さい。

1 文字を書く 
2 ハシをつかう 
3 絵をかく
4 ボールを投げる
5 ハサミをつかう
6 歯ブラシをつかう
7 スプーンをつかう
8 短いホーキをつかう
9 マッチをする
10 ビンのフタをひねる

・側性係数を求める式 LQ=100×(右−左)÷(右+左+両手)
よって、すべての動作を右でする人は、LQ=プラス100。逆にすべてを左でする人はLQ=マイナス100、となります。