本屋「左利きの本棚」に『左対右 きき手大研究』等追加

August 07 [Thu], 2008, 21:56
8月5日、『レフティやすおの本屋』「左利きの本棚」に八田武志/著『左対右 きき手大研究』を追加しました。

この本は、八田先生の『左ききの神経心理学』以来の、その名の通り利き手の研究の成果をまとめたものです。
左利きのメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」今週末発行の最新号冒頭でもお知らせする予定です。
左利きに興味のある方なら、まずはご一読を!

左対右きき手大研究
八田武志/著 化学同人

紹介文:
『左ききの神経心理学』(1996)の著者による、利き手研究の最新の成果をまとめた新著。左利き短命説や利き手成立のメカニズム、利き手と脳、いわゆる「矯正」(この言葉は使うべきではない不適切な言葉だと私は考えますが)など利き手を科学する本。

他にも、これに伴い、左利きの本棚の一部を入れ替えました。

「左利きの本棚/左利きの人」に新たに、左利きの書道家(書は右手、ただし両手で書いたり、大きな箒のような筆で床にひいた紙に書いたりというパフォーマンスもされるので、左手で書くこともないわけではない、という。)・武田双雲先生の著作、『書愉道 双雲流自由書入門』を追加しました。

書愉道 双雲流自由書入門
武田双雲/著 池田書店

紹介文:
見ているだけでもついやりたくなる、書道を自由に楽しむことから始めようという堅苦しくない入門書。著者は、テレビ「世界一受けたい授業」や国際的なパフォーマンスでも有名な書道家、左利きの人で両手で書いたりもするという。巻末「ここが知りたい! 双雲流「書道Q&A」」で、左ききでは書道は無理ですか?という問いに答えています。創作のときは左手で書くこともある。苦労はあるが、左手でも全然無理ではない、という。

双雲先生は、先日の『女性自身』8月12日号の左利き記事「「女性で左利き」という生き方」のなかで、左利き書道を披露されていました。
「『女性自身』2008年8月12日号で左利き記事」(『お茶でっせ』2008.7.30記事)

紹介文にも書いていますように、この本の中でも、巻末のQ&Aのコーナーで左利きでの書道について書いておられます。
左利きには心強い味方と考えています。

またポツポツと左利き関係の本も出てきました。楽しみです。

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」
―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!
最新号はこちら
*『R25』左利き関連記事でコメントが紹介されました! ↓
「右利きが左利きより多いのはなぜ?」
◆◆本と読書に関する新メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」始めました!
登録及び解除(配信中止)は、こちら「レフティやすおの楽しい読書」まぐまぐ!のページ
「最新号」は、こちら
  • URL:https://yaplog.jp/lefty-yasuo/archive/99
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。