創造的に生きる

2010年06月21日(月) 13時44分
昨日は朝起きたら、旧友の誕生日だという事をふと思い出しました。

しばらく顔を見てなかったので、どうしてるのかなと思いながらメッセージを送りました。

それから隣町に買い物の用事があってでかけました。


しばらくすると

「・・・神様からプレゼントをもらいました。今Yokoと路上ですれちがったよ!・・・」

という返信がありました。

わおミラクルなタイミング〜。


私自身はすれ違ったことには全然気がつかなかったのですが、その瞬間にとっても幸せな気持を受け取りました。

ありがとう。

よくあるちょっとした日常の一瞬ですが、この時に感じたことがありました。



日々の目の前に起こる現実はすべて自分で創っているよね。

自分がどんな現実に生きたいのか、それは自分しだいで何を選んでも自由。

人は悩ましい現実を選ぶことも、幸せに満ちた現実を選ぶこともできる。

人は気づいているいないに関わらず自分で選択した世界に住んでいるんだなって。

それが本当にわかったら誰でも住みたい世界を創ることができるよね。


創造的に生きるということが始まるとあらゆる展開が早くなり、面白くなります。

あらゆる瞬間を美しいもの、一つの愛、一つの喜びにしながら生きることも選べるし

悲しみや痛みがあればその中に入りそれを見守り、そこから何かに気づくことも選べる。

なんでも大丈夫〜。



美しさ

2010年06月18日(金) 14時16分
今月もジューンブライドのお客様たちを無事送り出しました。

予定どうりみなさんキレイに仕上がって前日を向かえ、ほっと一安心するひと時です。



ふだんあんまり日記に書くことが少ないのだけど

じつはルクールはなにげに痩身や美容系の技術も得意としているんです〜。

おほほ。

調子にのりました。

ごめんなさい。



そのままの自分を受けいれることとキレイになりたいということは

言葉のうえでは矛盾するように思えるかもしれませんが

それはあらゆることがそれを含んでいると思います。



なんだかんだ言っても女性は

キレイになった時は、やっぱり心が躍ります。

それをわざわざ否定する必要はありません。


逆になんだか執着しすぎる時でさえ

それさえも否定せずそのことを見守る必要があるかもしれません。


自分を慈しむということは自分を愛することに繋がります。


ケアしていく中で次第に本来の自分の良さを取り戻してくると

命は生き生きとしてきて、自身の力で輝き始めるようになります。


けして依存でなく

本来の自身の美しさを発見することと

本来のあるがままでいることも楽しみながら

自分の内側からいい循環が起こりはじめるのを見守りサポートしたいです。


ひとりひとりのドラマティックな美しさの目覚めにも立ち合わせていただいていて

その瞬間は感動的です。









オープンセサミ

2010年06月16日(水) 19時00分
今日はお友達にトリートメントをしてもらいました。

気持よかったよ。

体に優しく触れるぐらいのやさしいタッチ。

私はとろとろと自分の身体の輪郭や境界を味わいます。


今日の気分で選んだ精油はサンダルウッドとペパーミント。

サンダルウッドが私を内側に連れて行ってくれるのにペパーミントが元気よく外にはじき出します。

彼らの粒子に誘われるがまま意識を内側に入れたり外側に出たりして遊んでいました。

仰向けになると呼吸とともに意識がどこまでも大きくひろがっていって

私は高いものから低いものまですべてを含むようなサンダルウッドの粒子と一緒になって

大きな全体と一つになりました。



私にとってはトリートメントを受けることも自分がやる側になることも

それほどの違いはないと思っているのです。

分かち合いだよね。


誰かを通じて自分がどれたけ開いていけるか・・・

ひらけゴマ

それが最近の私の密かな遊びのテーマなのです。

迷い

2010年06月10日(木) 14時04分
本当の自分は何を求めているのでしょう。

いろんな考えやたくさんの情報に飲み込まれそうになって

心に迷いが生じたら

それは自分のハートを見つめる時と気づいてくださいね。


私達が今日のトリートメントに選んだのはフランキンセンスでした。


瞼を柔らかく閉じたら

ゆったりと優しく息を吐き出してみましょう。

そして吸う息と共に身体の中に香を入れていきます。

香は身体のどこに届いていますか。

しばし香と共に感じてみます。

身体に緊張しているところが感じられたら

そっとその場所に手を触れて

吐く息とともに、ただそこに温かさを送ってみます。


呼吸が深くなってきたらベッドに移りゆっくり身体をゆるめていきます。


流れが滞っているところではそれを感じながら寄り添っています。

生き生きしているところでは一緒に遊びそれを全体に広げていきましょう。



ハートを開いて迎え入れると生命の応答が響いてきます。

その人の本質の美しさを発見します。

たとえ本人からすると問題のように見えていることでさえも

その背後にある美しさや贈り物に触れた時は感動します。


私自身の中にその方本人が気づくことを見守れるスペースができたことで

深い信頼とともに心からハートを開いて人を迎え入れることができるようになりました。

私は空っぽの筒のようなものになり、そこに在るものをただ注ぎこむ。

でも終わった後のその方の清々しい笑顔をみると

ただもうそれだけでいいなって思います。

2010年06月07日(月) 12時52分


お客様のTさんがプレゼントしてくださいました。

実物の絵はとっても繊細に描かれているのですが写真では細かい表現がうまく写せてなくてちゃんとお見せできないのが残念です。

宝物にします。

ありがとうございます。

絵を描く人の視点や観察力はすごいですね。

目の色をじっと観察されたとき、その瞬間が永遠になったかのようでした。


見たままの質感を色やかたちでどう表現していくのかなどのお話がとても興味深くて、まだまだ知らない世界がいっぱいあるな〜と思いました。

温泉

2010年06月06日(日) 11時05分




木々の隙間からお日様の光が差し込んでくる

だあれももいない露天風呂で

ぷかぷか〜

ゆらゆら〜


私はこのお湯なんじゃないかって感じるくらい

からっぽになる


湖のほうから風がそよそよしてふいて火照ったからだをさましてくれる

ふう〜

あれ蝉がもう鳴いているよ


裸ん坊で自然のなかでくつろいでいると

私ってそこにいる動物や虫たちとまったくおんなじ存在なんだなって思う

深く出会う

2010年06月01日(火) 11時09分
もう何年もサロンでお仕事をしていますと、もう長いことお付き合いしていただいてるお客様とかもいらっしゃるわけですが、
いまだに職業とかお立場とか、ふだん何をされて過ごしていらっしゃるのかそういえば知らないなあという方もたくさんいらっしゃいます。

たまたまなんかの話のはずみでそんな話になりそのかたの立場などを知ることになり、「へえ〜そうだったんですか〜初めてそんな話をしましたね。」なんてことも。

何も話さなくても身体に触れれば、責任の重さとかいろんなものを背負っているのは漂っていたりはしていますが・・・。

普段社会でつけている肩書きや役割を外して素の自分に戻ってリラックスするためにきてくれているのでしょうね。

うれしいなと思います。

私はその人の外側のことを知っていても何も知らなくてもまったく問題ないのです。

外側のことは何も知らなくても、内側で深く出会えているのが分かります。


年齢も立場も名前も全部脱いで、裸になった時

何者でもないただのあなたと私が出会う瞬間

そこに存在するもの

この発見が私の大きな転機になったかもしれません。


このところ私の日常はその瞬間瞬間を旅しているように感じます。

ありがとう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる