クリスマス

2009年12月25日(金) 23時20分
このところ、ご褒美的なトリートメントをたくさんさせていただいています。

なので私もご褒美をいただいているみたいな気分で過ごしています。

昨日からは遠くにいる人や近くにいる人などたくさんの方からクリスマスのメッセージをいただいたり、返したりしながら、とってもあたたかなクリスマスを過ごしています。


午後、思いがけない包みがポストに届いていました。

そこにはサンタさんから”愛の馬鹿”の音楽のプレゼント。

わ〜ん、ありがとう〜。

なんだかじいんとしました。


今夜はタイムリチュアルのトリートメント。

自由にしていいよ〜と言われているから

このまま”愛の馬鹿”な感じでいっちゃおう。

脊柱パックを兼ねて、背中の上であったかい泥んこ遊びをしようかな?
なんてことを思いついたり・・。

わーい、楽しい〜。

そんな私のクリスマスでした。

ありがとう。

スポシュー

2009年12月15日(火) 13時58分
知り合いの美容家のAさんが2年ぶりぐらいに群馬まで遊びに来てくれました。

久しぶりなのでお互いの近況や情報交換で話は尽きません。

「sugarさん、なんか雰囲気変わった〜?
肌スッピンなの?ちびまるこちゃんみたいだね(笑)
今どんな手入れしてるの。」

と興味深々の様子。

「なんにもしてないよ〜。」

「嘘だ〜。」

「ほんとだよ〜。
あっ・・でも月に1〜2回だけ手入れしてる。
ダイヤモンドでシューっとやってクリスタルでスポスポ、シューっとやるあれ・・・。
あとはオーガニックのコスメや自作の化粧水や美容オイルをつけたりつけなかったり・・てへ。
ファンデーションも塗らずにフラフラしてるけど平気になっちゃった。」

「ねえ私にもそれやってくれない?」

「やあよ〜。Aさんにやってあげると、いろんなところで言いふらすもん。」

「言わないわよ。」

じゃあ〜と、お手入れをしてあげると・・

「ねえ私も月1で通ってもいいかな?撮影の前とかに来たいな。」

「うんいいよ〜。」

意外と手入れのし甲斐のある彼女のお肌。

お手入れするのに夢中になってしまった職人肌の私は、まんまと?いえ喜んで承諾してしまいました。

いま

2009年12月14日(月) 11時43分
起きている出来事をひとつ一つ味わいつつ楽しんでいます。

自分が抱えている古い信念が受け入れにくいなあと思うことがあるようなのですが、今回その中にあえて身をおいてみています。

たぶんハートは興味深々なのにね・・


手放すこと、信頼すること、自分をあきらめること、これがキーワードです。

なかなか簡単にはできないけど(笑)


絶え間ない欲求の先には何も無いことに気づきはじめています。

それはまさに「いまここ」にあるというゲームのよう。

その先の欲求を手放して、いまここに深くくつろぎ留まるためのワークをしているようです。

その感覚を教えてくれる遊びに満ちた、面白い出来事です。


ありがとう。

もっと馬鹿になって・・

2009年12月11日(金) 15時35分
今日のトリートメントのあとでふとある人の詩が浮かんできました。

あれれ、どこで読んだんだっけ?

すっかり忘れちゃっていたので、探してみました。

また読み返したいのでメモ代わりに貼り付けておこうと思います。




もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。

<P.F.ドラッカー享年95歳の詩>

時間

2009年12月04日(金) 22時53分
子供がエネルギーが強くて電化製品を壊してしまう話はよく聞きますが・・

私は時計と相性が?なようで部屋にある時計はことごとく止まってしまうか、針がぐるぐる回り続けてしまいます。

サロンの中のいくつかの部屋の時計は、どんな時計に変えても、新しい電池に変えても、電波時計にしても止まっちゃって困ります。

先日は友達と遊び部屋で一緒にお茶していたら、いきなり棚においてあった砂時計までもが突然棚を突き抜けてゴトッと落ちました。

棚は壊れてないし物理的にありえない状況だったので

はじめは何で?と思ったけど

あ・・これも一応時計だ・・と変に納得。


でもその部屋に居るとですねえ〜

時間がわからなくなっちゃっていつのまにかすごい時間が経っていることもあるんです。

誰かと一緒に過ごす時や遊んでいる時はそれがすごくいいんですよ。

ちょっと危険だけど・・。

浦島太郎みたいです。



時が止まる部屋?

年をとらない?

アンチエイジング部屋?(笑)

だったら面白いな

えへっ



この前は時計の針が2日間すごい勢いでぐるぐる回り続けていました。

まるで時間がわかんなくなっちゃったようです。


それをあきれながら見ていてふと思いました。



本当は「時間」なんてなくて、あるのは「いま」だけなのかも・・・


「いつか」なんて時間は永遠に来ない。

だっていつも「いま」だもの。

明日だって、明日になってみれば「いま」。

私は「いま」以外に存在した事は一度も無いんだね。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる