サクラサク

2008年03月26日(水) 16時27分

私ね、さくらの花の開きはじめの時期がとても好きなんです。

なんだか新しい何かが始まるようなわくわくする気持になるんです。

ここは近くの公園の桜の木の下です。

今日は暖かくさわやかな一日でした

忘れていた種

2008年03月20日(木) 17時20分
今日は春分の日。ここ伊勢崎あたりは朝からしとしと雨が降り、しっとり落ち着いた一日です。

夕べお風呂に入りながら、ふと、明日はなにか種を蒔こうかな?と思いました。

春分の日は占星術的には一年のはじまり、元旦みたいなもの。

それにちなんでなにか種を蒔くのにいい日かも・・・と思っていたら

思い出した

押入れの中にあるはず。


30種類の種。

でも買ってから4年か5年は経っている

確かね、この種を買った時はとっても忙しかったの。多分気持に余裕が無かったのかも。

なるべく2年以内に蒔いてくださいって書いてあるし

発芽しないかもしれないなあ。

ごめんね。


でもあえてこれを蒔いてみようと思って、しとしと雨の中プランターに蒔いてみました。

考えてみたら、数年間忘れていた種をいい日に思い出したものです。

(変なことでも良いことに変えてしまう癖のある私です)

芽が出るといいなあ

お土産

2008年03月17日(月) 16時21分


高校生の男の子が修学旅行のお土産をわざわざ届けてくれました。

いつもお世話になっているから・・って。

今時の子にしては律儀だなあってじーんとしました。

だって楽しい修学旅行の合間にお土産を買ってくれたということは、

私のことをその時に思い出してくれたって事ですよね。

うれしいなあって思った出来事でした。

花粉症の気配

2008年03月15日(土) 13時27分

花粉が飛び始めた頃、一足早くぐすぐすしはじめたので今年は花粉症になりそうだなーと思いながらも、
最近は症状がなく、あらっ、大丈夫だったみたいと今年も何とか持ちこたえています

とはいえ、何時発症してもおかしくない気配があるので免疫力強化の為にネトルというハーブをコーディアルで飲んでます

そのままだと微妙な味なのですが、ジンジャーとブレンドしてお湯で割ったり炭酸水で割ると美味しいです

スタッフは、ラベンダー・ユーカリラジアータ・レモン・カモミールローマンのブレンドオイルをティッシュにたらしてマスクの中に入れたり、花粉症のお客様のベットの側に置いたりして工夫しています。

花粉症の方にとっては嫌な季節ですが、少しでも快適に乗り越えていただきたいですね。

オーガニックフェイシャル

2008年03月05日(水) 16時27分
おかげさまでル・クールも4年目を迎えることができました。

本当にいいものを提供していきたいということを常に考えてきました。

昨年は、ワンランク上のすっぴん肌、ココロと身体の健康などが大きなテーマになっていた気がします。

やはり美しさを極めるということはココロと身体の健康に目を向けずしては成り立たないので、これからも大切に考えていきたい事です。


そして今日はオーガニック好きの方へのお知らせです。

敏感肌や乾燥肌でお悩みの方、または単純にオーガニックなものが好きという方の為だけの

本物のオーガニックと言えるオーガニックフェイシャルトリートメントの提供の準備がようやく整いました。

手技フェイシャルトリートメントはもちろんのこと、オーガニック材料を使ったテクニカルメニューも可能になります。



オーガニック材料選択のこだわり

★原料の産地や土壌、成分の抽出方法や製法も化学溶剤をつかわないものなどを厳選します。

★内容成分は素材を活かすものを選択します。

★合成界面活性剤は石油由来、植物由来共に使わないものを選択します。

★合成色素、合成防腐剤は使わないものを選択します。


すべて天然で自然のものなら安心という訳ではありません。

天然成分でも美容にとって有効なものは限られていますし、また有効なものでも体質によって合わない場合があります。

お肌にとって必要な成分のみを配合したものや、ごくシンプルなものも用意しております。


Result & Relaxation Le coeur

快気祝

2008年03月02日(日) 16時59分


本当は別のCDが欲しかったんだけど、間違って注文したみたい。届いたCDはこれ。

DEAR OLD STOCKHOLM

ジャズのCDで、エディヒギンズのピアノとバスとドラムのトリオ


なかなかいい・・

結果これでよかったかも


スタッフルームで流していたら、朝来たPotatoちゃんも「ご機嫌な音楽ですね〜」だって。

ちょっと違っちゃったけどそれもありって事、結構ありますよね。


押し花のついた手焼きのクッキーは、義兄の快気祝で届いたもの

義兄は昨年6月頃、脳梗塞で倒れて緊急手術をしたものの1カ月間麻酔を取ることが出来ない状況で麻酔をとった後も意識を戻さず、医者には3年くらいすれば意識が戻ることがあるかも・・と言われたくらいの重症でした。

祈る事しかできない。そんな状況だったのです。

義兄は昔からボランティア活動や、困っている方への支援をいっぱいして来た人なので、小さい子供から年配の方まで数百人の方が入れ替わり立ち代り病院にお見舞いに来ていただいたと聞きました。

そしてたくさんの方が義兄の為に快復を祈って下さったそうです。


その義兄が周りの人の介護や本人の努力の甲斐あって、奇跡的に手足の自由がきくようにまで快復し、在宅看護に切り替えることができるようになりました。

でもまだまだ大変な状況にはかわりがありませんし、むしろこれからが大変にちがいないのですが、快気祝のクッキーに添えられていた兄嫁から手紙の一節に

「・・・皆様のおかげで、どんなことも神様が良いものに換えてくださると信じ続けることができました。・・・」

とありました。

はっとしたんです。

受け入れるということって本当に強くないとできないですよね。

私よりずいぶん若いそんな兄嫁を人として尊敬してしまいました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる