身体の可能性

2018年08月27日(月) 13時03分
身体のケアや踊りのトレーニングを日課としてするようになってからというもの、

身体が変わっていくのと共にますます潜在能力が開かれていくようで、より繊細になっていくのがわかります。

身体を気持ちのいい状態に磨いておくと、身体は本体の想いをかなえてくれる乗り物になってくれるんじゃないかな。

年齢で諦めることはなくて身体はいつからでも自分なりに進化できるようです。

気が付いたら一年前まではできなかったことがたくさんできるようになっていて、日々にすると小さな変化だけれど、今となったらそれは大きな変化です。

過去の自分が叶えたかった願いは、音楽を表現したいということでした。

それがなくなってたわけではなかったけれど、ほぼ意識の下にもぐっていて熟成されて開かれるのにこのくらいの時間は必要だったのかもしれません。

それを自分の身体で表現することに取り組めている今はとてもうれしい。

自分がしたいことを身体に与えていると、身体の調子もなんだかよくなるようです。

それが自分で意図しなくても自然に他者への貢献へと繋がっていっているようで、気持ちのよい循環が生まれています。

身体は宇宙の縮図みたいだと思います。
  • URL:https://yaplog.jp/lecoeur/archive/1053
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる