生命感覚から

2018年04月25日(水) 21時25分
先週末はエソテリックマスターのワークショップに参加していました。

テーマは、生命感覚を発見するというワークプログラムでした。


水平と垂直の交点に触れ続けることの大切さと、水平と垂直をごちゃまぜにしないことの大切さについて伝えられ、垂直の手を開発するという行も扱われました。

そして垂直ごとはわかったと思って言葉にしたら、もう違っているのだということも。

たしかに自分自身の中心軸に気付いていると意識が向かう方向には水平方向と垂直方向があるということがわかります。

心で起きることや悩みのほとんどは水平軸のものですが、トリートメントをしている時の意識は垂直方向に限りなく向かうことを意図しています。


施術者自身が限りなく垂直方向(本質)に向かっていくとそれが相手にも共鳴して、身体の内側にあるざわめきがだんだんと静かになっていきます。

そうすると時には無思考になったり、頭の中の思考と距離ができて外側から思考を眺めるようになります。

はじめのうちはまた戻ってしまっても、慣れてくるとそういう時間が長くなってきます。

また時には、埋もれていた根源的な自己に一瞥することも。


そして垂直だけのきれいごとの世界に埋没するでなく、水平だけのドラマの世界に巻き込まれるでなく

水平の世界にしっかり足をつけたまま垂直の世界を生きていくことができたら、この世界はもっと軽やかに生きやすいと思うのです。




  • URL:https://yaplog.jp/lecoeur/archive/1040
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる