全力で遊ぶ 

2018年12月17日(月) 23時05分
先日のダンスパーティーで先生とデモを踊りました。

ドレスのイメージから曲はThe Swan(from"Carnival of the Animals")を選んで、それにあった素敵な振り付けをつけて頂きました(すごく喜しい)  

踊り終えてほっとしたのもつかの間、早着替えして今度はカメラマンに変身です。

娘がプロダンサーのデモの撮影を頼まれていて、わたしはそのアシスタントです。

どちらも別の脳の集中力を使いますが、後で思うとどちらにもそれぞれの経験が活かされていると思う場面もありました。

踊っている時は、内面に入りながらも外側からその姿を見ている自分もいて表現をサポートしてくれています。

写真を撮る時は、シャッターに触れるタイミングなどが、踊りの呼吸を知る以前とは違う気がします。

娘との共同作業は楽しかったし、持ってるものを全部出し切って全力で遊んだ。そんな一日でした。





温泉の香!? 

2018年12月12日(水) 20時57分
先日施術を受けに来て下さった方がその時のことをSNSに記事にしてくださいました。

ラブレターを頂いたみたいな気がして、手元に置いておきたくてこちらに転載させていただきました。


☆☆☆

皆さんは、腕や足の重さを感じた事がありますか❓
昨日はメンテナンスDAY
普段頑張っているから(自分で言う。ここ大事!)
更に自分にムチを振るのは嫌。
他力本願!
しかも気持ちいいのがいい♡
なので、ル・クールの陽子さんに委ねました♡
「背面、首、肩が凝っている。
あと陽子さんにお腹ナデナデしてもらいたい」
とリクエストし、コースはお任せで。
きっと陽子さんの手が勝手に流してくれるはず。
ホットストーンを使ったコースで、アロマオイルは
・マヌカ
・メリッサ
・オレンジ
でした。
合わさった香りがまるで「バスクリン」
チープな表現で申し訳ありません💦
しかしこれが、ホットストーンと併せて「温泉」になっていました。
施術終了後も、湯上りみたいにポカポカ♨️
リンパが詰まっていたようで、流してもらうと、あら不思議。
腕や足が軽い✨
私は、腕や足が重くなっている事に気付いていませんでした。
軽くなって…いや、本来の姿になって、やっと頑張っていたのだと気付きました。
陽子さんとは相性バッチリなので、委ね過ぎて途中爆睡してましたわ(笑)
素晴らしいメンテナンスDAYになりました✨
頑張る自分も好きだし、甘えられる自分も好き。
なので、また頑張ったら、陽子さんにお願いします♡
よろしくお願いします😊

☆☆☆

はい。こちらこそ!

いつもありがとうございます。

わたしも頑張る自分も大好きだし、甘えられる自分も大好きです。

どっちも味わえるって素敵なことだと思います。

身に浸み込ませる 

2018年12月08日(土) 11時12分
日記を書くときの目的としては出来事や思ったことを外に出しながら整理するという意味があるかもしれません。

人によっては誰かに伝えたい目的とかそれぞれあるのでしょう。

個人的には先月の終わりに、年間をかけて準備してきた自分のイベントが無事に終わり、またすぐに次の準備に入りました。

それは感謝と安堵のうちに終わり、思いがけない体験もありました。

あまりにもいっぱいありすぎてまだ終わらせたくなくて、まだ整理したくなくて、じわじわと感じていたいから書く気がおきないでいるうちに時間が経つとそれが当初のそれから変化していくのです。

そのプロセスもわたしの本当のことだしその積み重ねでできているのだと思います。

この現象は日常でもこの一年の間ちょくちょく起きていて、外に出さないで、ただ味わっているという方に分量が多かったように思います。

栄養を分析しないで身に浸み込ませるといったそんな感じなのです。



今日の香り 

2018年11月23日(金) 18時50分
今日のトリートメントの香りがとても素敵だったのです。

その方のお顔を見たら、ふと菩提樹の花の香りが浮かびました。

そして景色の異なるローズオット―の香りと合わせて使いたいなって思ったのです。

静けさと華やかさ

陰と陽

魂と物質

聖なるものと俗なるもの

どちらも同じように味わっていきたい気がして・・。



その香りでおこなったトリートメントはとても気持ちが良くて、お互いのサイレンスなスペースで触れ合っている気がしました。

うれしい再会 

2018年11月15日(木) 16時59分
大輪の花を咲かせるつるバラのラヴィーニャがちょうど今、ピンクの花を咲かせています。

そのつるの一つがポストの上を通って玄関の前、ちょっと背伸びして嗅いでみたくなるような位置まで伸びていています。

ちょっと邪魔になりそうだし、樹形もおかしいのだけど、いたずらごころでわざとこのつるを切らないで花を咲かせておいたのです。

バラの香りがいいですねーと言いながら玄関から階段を登ってくるお客さまがたまにいらっしゃって、匂いを嗅いでる様子を想像してちょっと楽しかったりします。

今日は12年くらい前にブライダルエステで通っていてくださった方が久しぶりにお越しくださり、このバラ前もありましたっけという話から始まりました。

結婚してもエステに通いたかったけど、すぐに子供ができて、また二人目ができて一人の時間が持てなかったそうで、上のお子様はもうすぐ中学生なのだそうです。

そんな年月が経ったのが信じられないような不思議な気がしますが、お元気なお顔を拝見できて、近況を伺いとてもとてもうれしかったです。

自分の身体 

2018年11月05日(月) 20時01分
3月ごろ、ダンスフェスに出場するので猛練習していた時に、筋力不足で膝を怪我しかけた事があって、それからずっと筋トレとストレッチをまじめに続けているのです。

その時はEMSによる筋肉ケアとセルフケアでしのぎ、なんとか事なきを得ましたが、もうこんなことが無いように今後はちゃんと身体作りをしながらやっていくことにしたのです。

以前からフィジカルトレーニングは続いたことがないのに、踊りのためなら続くのですから面白いものですね。

だた、筋トレやストレッチだけでその後にマッサージをしないと、身体はしなやかに使えないのですね。

サロンケアでも長い時間のトリートメントをする方には、ベッドに寝たままできるヨガマッサージを組み込むこともあります。

これって気持地のいい組み合わせなので必要そうな人には取り入れています。

しかも一人でやるより二人でやるストレッチは可動域が適度に広がっていいんですね。

また、身体に向き合っているとふとした時に思うところがあります。

身体のことで知っていることって、元をただせば誰かの研究したことや教科書に書いてあることを自分で考えることなく丸ごと全部うのみにしているんだなと。

その恩恵も頂いて生きていることも確かです。

それでもほんの少しでも、自分の身体に繊細でいたいなと思うのです。

踊り 

2018年11月02日(金) 11時56分
踊りもまだまだトライアンドエラーを繰り返しながらレッスンしているのですが、一人でシャドウしている時にふと、上と足元の両方に繋がり続けることができた時になんかいい感じになるなあという発見がありました。

さらにそうしていながらも自分のハートがどこにあるか、そこに寄せていこうとし続けているときに自分が無くなるみたいな感覚があって、なんかしらないけどそれの精度が高いときには、感覚としてはとても気持ちのいい踊りになっています。

x軸とy軸が重なりあったところに存在するみたいな感じ。

これってホリスティックチューニングをしている時と同じだと思いました。

外から見た時どうなのかも両方感じれたらいいのだけれど、まだそこまでは行ってないのですが。

ことしのパーティではワルツのデモンストレーションをソロで踊るのですけど
昨日先生に「今回はパーティの第一部のアマチュアデモのトリですから」と言われてそんな風に言われると、変な意識出ちゃうといやだなとちょっと思ったのだけれど、

そうだとしてもどんな場面でも、見せるためというよりも祈りのような感じで出来たら満足だなと思っています。

演じるというよりただそこに存在できたら。

それって結構チャレンジで、どこまで行けるかわからないけど行けるところまで行ってみたいと思っていて楽しみにしています。

時間の長さ 

2018年10月25日(木) 21時30分
新しいことや知らないことを経験している時間は、同じことや慣れたことをやっている時間よりも長く感じるというのをどこかで聞いたことがあります。

よく子供の時間は長く感じ、大人の時間は短くて、あっという間に歳を重ねるように感じやすいと言われますね。

大人になっても、仕事や趣味にもバリエーションをつけて変化させ続けたり、進化させようとしていると、一日の時間がたっぷりあるような気がしたり、一年が長く感じたりする気がします。

特にこの数年は一日も一年も盛りだくさんに感じます。

新しい経験を重ね続けて過ごしているので、大人になっても時間がゆっくり流れているのかもしれないとふと思ったりしました。

手つくり 

2018年10月20日(土) 22時01分
今日は友人が手作りのイチジクのジャムと月桃のチンキを持って来てくれました。

甘いものはそれほど好きではないので、よほど気にいったものしか口にしませんが、彼女の作ったジャムはすごくおいしい。

いい材料を使っているのはもちろんだけど、彼女がつくったものなら安心だし美味しいに決まってるという作り手への信頼感がより美味しく感じさせているのだろうと思う。

今のところジャムだったらこれしか食べたくないと思うくらいです。

月桃のチンキも月桃の葉の香りがよく出ていて素晴らしい仕上がりになっていました。

今年の夏はわたしもホーリーバジルで自作のチンキや化粧水を楽しみましたが、今度は彼女のくれた月桃でハーバルローションを作ってみます。

こういった自分たちで育てたものを収穫して、香りを抽出して日常の自分で使うものを作れるって、すごく豊かなことだなとしみじみ思う秋の夜でした。

 

2018年10月11日(木) 11時28分
トリートメントの範疇ではないのですが、その時間に自然にヒーリングが起きることがあります。

それは相互の共鳴だったり、タイミングだったり、ハートにその準備ができている時や起きることを許している時などで、起こそうとしておきるものではないわけですが。

わたしはトリートメントの時は手はハートの出先機関だと思っているので、ハートで直接身体に触れています。

わたし自身はとても未熟な人間だけれど、手を使って人に触れていくことを始めた時から、ジャッジしない手であること、その人や、起きていることそのままを受け入れる手であり続けることは、なぜか不思議なのですが、なにも難しいことではなかったのです。

これはわたしのものではなくて恩寵だと思っています。

それは共鳴があると、共に一緒にいる人も思い出します。

概念として知るのではなく、実際に体験するのです。


ジャッジとは、一つの価値基準があって起こるもの。

誰にもあるものなのですが、気付いていないと常に比較して自分を裁くので、時に辛いものです。

それはマインドのほんの一部であって、わたし達を生かしているもっと大きな脈動に触れることができたら自分がそれをはるかに超えた存在であることがわかります。

思考で意識が狭められていることに気付き解き放たれる経験は、タッチを通して身体にじわりと浸透していきます。

それが日常にもじわじわ浸透していきます。

また忘れてしまうこともありますが、何度でも思い出せばいいのだと思います。

それを磨き続けてきた時間が自身の成長を助け続けてくれていたことに気がついてなんだか感謝があふれてきた朝でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる