タックス・マニアック

December 13 [Wed], 2006, 8:44

  今日、住宅保険の領収書を見ていたら、おもしろい税金を発見した。

“TAXE ATTENTAT”=テロ税  
  一瞬「なぬ?」という感じですが、まあ正確に言うと「テロ(等の侵害行為の犠牲者を救済することを目的に被害者救援基金に充当するための)税」と訳したほうが正確です。とりあえず手元に税金についての詳しい資料がないので、その領収書の裏についていた説明文を訳すと、

「この税は損害補償を対象とする全ての契約(車の盗難及び故意による窓ガラスの破壊、住宅火災)並びに職業上の契約に適用されるものである。財務省によって毎年規定されるこの税金は、被災者に資金援助を行う“テロ及びその他の侵害行為被害者保証基金(FGTI)”に充当される」

ということだそうです。ちなみにこのFGTIという団体は、近年、テロが多発かつ大規模になっていくことに対応し、被害者に迅速かつ十分な支援を提供できるよう、1986年にできた団体だそうです。また、税額は一契約につき3.3ユーロで、この税収と、侵害行為の加害者がはっきりしているときはその賠償金という2つの資金源で、この団体は成り立っているそうです。

  テロ行為によって重軽傷または死亡した場合に受ける補償金は、特に上記の保険に入っている必要はないので、「テロ税」はまず支払った人だけが恩恵を受ける「保険」の機能は有していません。受益者はテロの被害者になりうるフランス人全員ということなので、本来ならば納税者が多岐にわたる所得税や消費税を財源とすべきなのですが、何で保険契約を対象にするのか?まあ、何事も「連帯」を強調する国なので、そこらへんは細かいこと言わず、支払能力のある人は払っていない人の分まで面倒見ましょうということなのか?ぎりぎり言ってもしょうがないですしね。それに、車を持っていたり、住宅を購入・賃貸した場合にはその種類を問わず全ての契約に課されるわけだから、まあ課税の対象は広いと言えば広いのか?

  ただ、20ユーロの保険にしろ、2,000ユーロの保険にしろ、税金は一律3.3ユーロというのもおかしな話だなあ。そこらへんは金額によって税額を増やしたり減らしたりすることはできなかったのだろうか?まあ、実際被害にあった場合は金持ちだろうが貧乏人だろうが同等の補償金が支払われるだろうから(補償は身体の被害のみとのこと)、税金の支払いも均一で、ということなのだろうか。そこらへんが「保険」っぽいなあ。
  • URL:https://yaplog.jp/le_projet/archive/26
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:le_projet
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像TS
» 未知との遭遇 (2006年12月01日)
アイコン画像黒烏龍茶
» 郷に従いたいのですが… (2006年12月01日)
アイコン画像
» パリから (2006年08月25日)
Yapme!一覧
読者になる