郷に従いたいのですが…

November 28 [Tue], 2006, 7:51
  海外で生活していると常に悩まされるのが「マナー」というもの。買い物に行くにしても、電車やバスに乗るにしても、レストランで食事をするにしても、常にこの問題はまとわりつきます。例えば、買い物で清算する際に、「日本のように小銭を用意して後ろの人を困らせないようにするべきか?フランス人はそうしているようには見えないが…」、電車やバスの中で重たそうな荷物を抱えたご年配の方に席を譲るのは当たり前として、「手ぶらのご老体に席を譲るのは失礼に当たらないだろうか?フランスのご年配の方はage(年寄り)と思われるのを非常に嫌がると聞いたことがあるが…」という感じです。

  さて、今日は学校が終わった後、久しぶりにスポーツジムに行っていい汗をかいてきたのですが、ここでも同じようなことが私を悩ませました。トレーニングを終えて、ロッカールームに戻って着替えるのはいいのですが、ここからシャワールームまで移動するにはどのような格好で行けばいいのか?私の場合、日本では小さいタオルで下半身を隠して移動していたのですが、フランスでそれは許されるのか?バスタオルを巻くべきなのか?はたまたTシャツ・短パンで移動すべきなのか?こういうときに限って周りに模範となるべき人がいなかったので、とりあえずバスタオルを巻いてシャワールームへ移動。
  シャワーを浴びた後、ロッカールームへ戻ると、別のシャワールームから人が出てきました。なんと、彼は競泳用パンツをはいていたのです(驚くべきことじゃないか?)。さすが紳士の国イギリスの隣にあるフランス!周りの目にも気遣いきちんと用意してきたわけです。それに比べて私ときたら、バスタオルを腰に巻くなどいかにも手抜きをしている感じですね。これでは「NOBLESSE OBLIGE」とは言えません。次からきちんと用意してこよう、と思った矢先、また別のルームから、
「ウー、トレ・ビア〜ン!」と言いながら、なんとタオルも何も巻かずに男が出てくるではありませんか!?さすがに私にしてみればこれはやりすぎ!日本の銭湯でも、大多数(?)は隠すべきは隠している!周りの目を気にしない(というかみんなこういうのは気にしない国民なのか?)、フランスの個人主義を垣間見た感じがします。

  というわけで、ロッカールームでのマナーは、これまたフランス人の典型のフレーズ(と自分が勝手に思っているの)ですが、「Ca depend(場合によるね、何とも言えないよ)」ということでした。ただし、他のスポーツジムでは違うかもしれないのでご注意を。
  • URL:https://yaplog.jp/le_projet/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
黒烏龍茶
子供の頃、「日本人は銭湯で下を隠すが、ドイツ人は顔を隠す」という話を聞いたことがあります。
相当胡散臭い話ですが…。
December 01 [Fri], 2006, 2:14
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:le_projet
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像TS
» 未知との遭遇 (2006年12月01日)
アイコン画像黒烏龍茶
» 郷に従いたいのですが… (2006年12月01日)
アイコン画像
» パリから (2006年08月25日)
Yapme!一覧
読者になる