名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

April 16 [Sun], 2006, 13:16
名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌』公式サイト

お久しぶりです。
公開初日に映画を観るなんてことは初体験。
しかもその映画が名探偵コナンです。
大好きです(笑)
いえ、好きなのはそもそも漫画の方なんですけどね。
アニメは久しく観ていませんでした。
久々にコナンが動いているところを観たので、なんだか不思議な感じ…。


ええと、物語は例の眠りの小五郎さんが引き受けた依頼から始まります。
場所はディズニーランドをもうちょっと遊園地寄りにしたような感じの(わかる?)
ミラクルランド。併設されているホテルのスイートルームで待ち合わせ。
で、場所が場所だけに、依頼人から子供達を連れてきて下さいとの話があり、
蘭・灰原・探偵団3人、そしてコナンもついてくることになったという設定でした。
そしてそれが、
これから始まる惨劇(惨劇?)の序章(序章?)でもあったりして…

みどころは、
パンフレットの一文を読まずとも明らかなオールスターキャストの面々。
怪盗キッド始め、白馬、佐藤&高木刑事、園子、妃、ゴロ、など。
出てこなくても良かったんじゃない?くらいなちょっこしな割合の出番で、
これでもかっていうくらいに人が溢れてましたね。
その分、お約束通り、誰かが危険に晒される度が高く、
そしてこちらもお約束通り、誰かがその危険を回避してくれる度も高し(笑)。
キッドがどこで現れていたのか?、コナンはどうやって助けられた?
など、一度観ただけじゃわからないみどころ満載の映画でした。

アニメにしては絵もキレイ、
青山剛昌先生ファンには楽しめる映画だったと思います。
薦めずともこれはアニメファンは観にいくんでしょうけどねぇ(^▽^*)


以降、ネタばれありで。

Mr.&Mrs.スミス

January 18 [Wed], 2006, 23:19
Mr.&Mrs.スミス公式サイト

「一瞬で恋におちた、ふたり」
「おたがい、その正体は秘密。」


昨年公開の映画「Mr.&Mrs.スミス」を観てきました。
正直、ブラピはジーンズのCMとオーシャンズ11くらいの印象しかないし
アンジェリーナジョリーに至っては全く知りませんでした。
でもなーぜか気になって、観に行きたいって思ったんですよねえ。
不思議ですよねえ。やっぱタイトル勝ちかなぁ?

ちなみにわたくし
普段から英語オンチなんですけども、
英語を最後に習って今年で10年(位)、
「Mr.」は読めたんですけど(ミスター)
「Mrs.」は読めませんでした!!!!_| ̄|○
振り仮名くらいふっといて欲しいとです・・・(ミスイズって読んでた…)

公開からかなり経ったんで映画館もがらがらだったんですけど、
このお話のポイントはなんといっても大規模な夫婦喧嘩!
これに尽きると思います。
いくら相手にムカついたからって銃ぶっぱなしたり
家ん中ぐっちゃぐちゃにできませんもん(笑)
ここらへんは映画ならではのスケールかなと。
あとは夫婦のやりとりがね、
微妙にずれたり探り合ったりするのがね、
なんとも微笑ましくてくすくすくすと笑ってしまったものです。
スケールも大きく、ラブStoryで、面白さありのこの映画、
是非未婚の方も既婚の方も見てほしいです。

以降、ネタばれありで。


シン・シティ

October 02 [Sun], 2005, 18:13
シン・シティ公式サイト(フラッシュがまたかっくいい)


観てきました。シン(罪)・シティ(街)!
R15指定だったんで、えー、怖いのー、やだよー、
とか思ってたりした上に
あたし個人は全く知らない役者さんばっかりだったんで、
何が面白いのかを探るような見方をしてしまいました。
あっという間に引き込まれてしまった・・・

アメコミの世界をCG技術で再現したという本作は、
アクション!アクション!またアクション!という風に
なかなか止まってくれないスピード感溢れる作品に仕上がっていて、
すごい怖いし血もたくさん見るんだけど、
どこか怖くないというか、冷静に見られる面もあったりして、
チラシにあるとおり「どの映画にも似ていない」というコピーは
まさしくその通り!と思ってしまいましたね。
映画そんなに観ていないのに。

キャスティングは後から聞くところによると
相当すごいキャスティングだったそうなんですが、
とにかくアメコミで先に描かれていたイラストとそっくりなのがいい。
外人マンガの外人映画だからそう思えるのかもしれないけど、
逆に役者を見てマンガを描いていたんじゃないかと思えるほど。
恐ろしくそっくりです。そこがすばらしい。

この映画はとってもお勧めです。
アメコミも観てみたい。機会があれば、是非。

以降、ネタばれありで。

SHINOBI

October 02 [Sun], 2005, 17:28
SHINOBI公式サイト

時は江戸。忍者版ロミオとジュリエットなお話。
伊賀・鍔隠れ(つばがくれ)の党首の孫娘である朧(おぼろ)と、
甲賀・卍谷(まんじだに)の党首の跡継ぎである弦之介(げんのすけ)が、
犬猿の仲であるにも関わらず、出会い、愛し合い、
共に生きていこうと決めた矢先に起きた、
家康が仕掛けた二つの忍の戦い。
愛し合っていた二人は戦えるのか。二つの忍はどうなるのか。
が、テーマの映画でした。


キャスティングもさることながら、
忍者同士の戦いの演出がまた良い!
結構グロいシーンもあるんだけど、軽く流せるような描写をしているし
本当の忍者はこうだったのかと
納得させられるつくりになっていたのに驚きました。

公開直前に海外からのオファーもきたそうで、
次回作もあれば是非みたいと思う。

以降、ネタばれありで。

タッチ

September 04 [Sun], 2005, 22:17
タッチ特集YAHOOJAPAN(オフィシャルサイトかも?)


子供の頃、漫画ではなくアニメでハマって観ていた「タッチ」が
本当の双子(斉藤ショウタケイタ)を主人公に映画化されると知って
とても期待して待っていた。
そりゃもう楽しみにしていた。主題歌YUKIだし。

実はセカチューというものを全く観たことがないんですが(汗)
かの有名なその映画でさらに有名になったという長澤まさみさんも
良いキャスティングだった。嫌味のないビジュアルでとっても良かった。

タッチファンってきっと厳しい目線で行くと思うんだけど
この映画はかなり凝縮されてると言っても過言ではないから、
あれ、この時からこんなこと考えてたの南は?とか
あれ、この時にこんなシーンあったんだ?とかゆうのもあるけど
映画は映画として許される映画だと思いましたね。
これから公開ですよ。とりあえずお勧め。

まあラストはちょっと納得いかないんだけど・・・
タッチファンで観てて納得いかない方、連絡ください(笑)


以下、ネタばれありで。

ファンタスティックフォー

August 30 [Tue], 2005, 1:20
ファンタスティックフォー公式サイト

超能力を持ってしまった5人の御話。
なんてゆうか、圧巻。
戦闘のシーンでは途中まで手に汗にぎる感じだったのに
途中からは口がふさがらないくらいもう次から次へと色んなことが起こってね。

オレンジレンジのデビュー曲がリミックスされて流れてたらしいけどわからなかった。
知らないからなぁ。知ってる人には良いのかも?

面白い映画でした。
映画初挑戦でも見れると思う。
なんてったってアクションものだけど人情も愛情もある御話だから。

以降、ネタばれ有りで。
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像みぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年07月30日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年07月06日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年06月29日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年06月22日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年06月15日)
アイコン画像くりこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年06月12日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» わたしたちの教科書 第8&9話 (2007年06月08日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) (2007年06月01日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) (2007年05月25日)
アイコン画像BlogPetのみぃこ
» 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) (2007年05月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lcrysta
読者になる
Yapme!一覧
読者になる