ハンセン病家族訴訟 原告3名の本人尋問

2018年08月07日(火) 21時47分
 ハンセン病家族訴訟の口頭弁論期日が6日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)であり、九州・沖縄の3名の原告につき尋問が行われました。琉球新報 熊本日日新聞

沖縄ジュゴンNHPA訴訟差戻審 原告らの請求を棄却する不当判決

2018年08月03日(金) 20時19分
 サンフランシスコ連邦地裁(エドワード・チェン裁判官)は、1日、沖縄ジュゴンNHPA訴訟の差戻審で、辺野古への新基地建設のジュゴンへの影響については考慮されているとの被告・米国防総省の主張を容れて、協議をしていないことの違法確認や、制限区域への米政府の立入の差止めなどの原告らの請求を棄却する不当判決を言い渡しました。琉球新報その1 その2 その3 その4 日経新聞(共同通信) テレビ朝日 NHK 琉球朝日放送その1 その2 沖縄テレビ 読売新聞 毎日新聞

大阪北部地震で借家に損壊 修繕せず一方的に立退要求する被害

2018年08月02日(木) 23時41分
 6月18日の大阪北部地震では府下の借家にも屋根瓦がずれて雨漏りがするなどの損壊が発生しました。本来であれば、借家を修繕するのは家主の義務であり、ただちに修繕すべきなのですが、借家人の要求に応じることなく、この機に乗じて、違法不当に立退を要求する被害が散見されますおよそ正当事由もなく、まともな立退料の提供もなく、解約予告期間すら守らない。ないない尽くしの無法ぶりです。
 8月1日の毎日放送「VOICE」で特集され、私のコメントも紹介いただきました。

ハンセン病鳥取訴訟で不当判決

2018年08月02日(木) 23時35分
 広島高裁松江支部(栂村明剛裁判長)は、ハンセン病非入所者の遺族が、@隔離政策によって受けた非入所者の被害について相続人として、また、A家族として受けた固有の被害について、それぞれ損害賠償を求めたのに対し、@については時効によって消滅したとして、Aについては当該原告には被害はないとして、いずれの原告の請求も認めず、控訴を棄却する不当判決を言い渡しました。1審判決は、Aについて、一般論としては家族に被害が及んでいたことを認めていましたが、そこからも著しく後退した不当な判断であり、上告・上告受理申立てをして、これを覆す司法判断を勝ち取るため奮闘いたしますので、引き続き、支援をお願いします。鳥取非入所者遺族訴訟弁護団声明
NHKその1 その2 時事通信 日経新聞(共同通信) 朝日新聞その1 その2 読売新聞その1 その2 毎日新聞その1 その2 その3 その4 その5 山陽新聞 熊本日日新聞 日本海新聞 山陰中央新報