競争主義に飲み込まれ沈没寸前の法科大学院

2013年11月13日(水) 18時34分

秘密保護法案に反対! 大阪弁護士会がデモ行進

2013年11月13日(水) 18時19分
 国民の表現の自由、知る権利を奪い、戦前のような秘密警察、戦争国家へと突き進む「特定秘密保護法案」の成立に反対するため、大阪弁護士会が12日にデモ行進を行いました。NHK 毎日放送 朝日新聞

普天間代替 米国で新たな差止訴訟提起へ

2013年11月10日(日) 14時48分
 沖縄ジュゴン訴訟団は9日に那覇市内でシンポジウムを開き、辺野古沖に建設が予定されている普天間代替施設に関し、県知事の埋立承認のタイミングをみつつ、来春にも、建設のための米軍の立入許可の差し止めを求める新たな訴訟を米国で提起する方針を明らかにしました。琉球朝日放送 琉球新報

訃報 田中民市さん

2013年11月10日(日) 14時42分
 らい予防法違憲国家賠償請求西日本訴訟の元原告団長の田中民市さんが9日に亡くなられました。享年95。南日本新聞 朝日新聞 毎日新聞
 1998年に最初に提訴した原告13名の1人で、「原告番号1番」として、らい予防法の違憲性、非人間性を世に問い、療養所内外の回復者の人間性を取り戻すたたかいの先頭に立ってこられました。
 心よりご冥福をお祈りします。

「ひまわりキャリアサポートオフィス(仮称)」って?

2013年11月10日(日) 14時39分
 8日に第2回法曹有資格者の活動領域の拡大に関する有識者懇談会が開催されました。
 事務局配付資料をつらつらと眺めていて気になったのですが、「ひまわりキャリアサポートオフィス(仮称)」って、何なのでしょうか。誰が設置して、誰が費用を負担するのでしょうか。
 弁護士でもなく、いずれ非弁の例外を認めろという声が挙がることが予想される「法曹有資格者」の研修や養成のために弁護士会が費用を負担するのでしょうか。

橋下流組合攻撃を三たび断罪! 「君が代」斉唱義務づけ条例制定での団交拒否は不当労働行為

2013年11月09日(土) 14時09分
 大阪府労働委員会は、7日、大阪教育合同労組が「君が代」斉唱義務づけ条例の制定に関する団体交渉を申し入れたのに、大阪市が「管理運営事項」であるとして拒否したのは、組合員の労働条件を含む事項についての申入れに応じなかったもので、不当労働行為に当たるとして、団交応諾及び誓約文の手交を命じる命令書を交付しました。毎日新聞

施行前の労働契約申込みみなし制度の撤廃を求める財界側のデタラメぶり

2013年11月09日(土) 13時53分
 7日、労働政策審議会の労働力需給制度部会が開催され、昨年の法改正によって導入されたばかりの労働契約申込みみなし制度や日雇い派遣の原則禁止について、企業側から撤廃の暴論が繰り返されました。テレビ東京 しんぶん赤旗
 同部会は、14日にも中間とりまとめ、12月上旬にも最終とりまとめを行うとのことであり、派遣の恒久化のたくらみを阻止する運動を急ピッチで強めていく必要があります。

法科大学院の予備試験憎しに追随するマスコミには何の問題解決能力もない

2013年11月09日(土) 13時11分
 7日に予備試験の合格発表があり、昨年より132人増え、351人が合格しました。法学部・法科大学院在籍者も271人(77%)にのぼりました。日経新聞
 東京新聞の1日付社説のあからさまな予備試験敵視は、授業料を上納しない者を許さないという広告主である法科大学院様への配慮でしかなく、論説委員のレベルの低さを世に知らしめる意味しかありません。崩壊へのカウントダウンを始めた法科大学院に追随したところで、法曹養成をめぐる問題には何の解決にもなりません。

緊急意見書 秘密保護法案

2013年11月06日(水) 18時58分
 いわゆる秘密保護法案をめぐって、国会情勢が緊迫しています。弁護士会や法律家団体は、挙げて、このような秘密隠蔽、人権侵害、戦争国家促進のための法律の制定に反対しています。
 自由法曹団は、5日、「緊急意見書 秘密保護法案」を公表し、法案の問題点を明らかにしています。ご一読ください。

経済構造改革を支えるのが民事司法改革の目的なのか?

2013年11月02日(土) 20時42分
 民事司法を利用しやすくする懇談会が10月30日に「最終報告書」を公表しました。
 批判が集中していた「民事審判制度」や「陳述録取制度」については正面からの提言はありませんが、今なお、某弁護士委員が中心になって、日弁連内外で導入に向けた動きを画策しています。どうして司法制度の破壊にしゃにむに突き進むのか理解不能ですが。