ハンセン病療養所介護員 賃金職員で定数補充

2013年01月30日(水) 22時08分
 田村憲久厚労相は、24日、全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)の神美知宏会長らと面談し、国立病院の定数削減の閣議決定の対象からハンセン病療養所を除外せず、他方で、削減される分を賃金職員(非正規職員)で補充することを伝えました。毎日新聞
 一歩前進とはいえますが、職員の労働条件を保障することが介護の質の確保・向上にもつながります。抜本的な対策が求められます。

追い出し部屋

2013年01月30日(水) 22時03分
 厚生労働省は、29日、パナソニックなど大手5社で、「追い出し部屋」と呼ばれるような不当な退職強要がなされている件について、調査を行ったことを発表しました。朝日新聞その1 その2

庁内放送で「職員ひとりひとりが『何をすべきか、何ができるか』自分自身で考えて行動する」が流れる職場って…

2013年01月30日(水) 21時59分
 産経新聞によれば、大阪市役所では、庁内放送で、「午前9時の始業時と午後1時に45秒間、女性職員の声で「市民サービスの向上のために、前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」「職員ひとりひとりが『何をすべきか、何ができるか』自分自身で考えて行動する」といったスローガンが読み上げられる」のだそうです。
 大阪市役所は、ブラック企業をも飛び越えて、どこぞの独裁国家のようになりつつあるようです。

橋下市長による不当な介入に抗議し、体罰を根絶して教育の再建を支援する声明

2013年01月30日(水) 21時57分
 民主法律協会は、30日、「橋下市長による不当な介入に抗議し、体罰を根絶して教育の再建を支援する声明」を公表しました。
 この問題では、大阪弁護士会も、21日、「教育を受ける権利の保障のために、体罰の根絶と入学試験の実施を求める会長声明」を公表しています。