給費制維持 8月後半のとりくみ

2010年08月31日(火) 23時56分
 8月後半に行われた司法修習生給費制維持・貸与制移行阻止のとりくみの記事をご紹介します。札幌(毎日新聞) 岩手(毎日新聞) 群馬(NHK 東京新聞 朝日新聞その1 その2) 千葉(東京新聞 しんぶん赤旗) 東京(しんぶん赤旗) 長野(読売新聞) 滋賀(毎日新聞) 京都(共同通信 京都民報その1 その2 京都新聞 朝日新聞) 徳島(徳島新聞) 大分(大分合同新聞) 宮崎(読売新聞 宮崎日日新聞
 このほか、各紙で論じられています。日経新聞 長崎新聞 岩手日報 しんぶん赤旗

7/1〜8/30のPV数

2010年08月31日(火) 23時54分
 エントリの数が低空飛行の中、ご覧いただきありがとうございます。まあ、ぼちぼち更新します。

家賃回収代行業者の追い出し行為に賠償命令!

2010年08月26日(木) 22時01分
 滞納家賃の回収代行業者を称するJ・CCOが、1カ月分の家賃滞納を理由に無断でドアをロックして家財道具を搬出する追い出し行為を行ったとして、賃借人が損害賠償などを求めていた訴訟で、東京地裁(甲斐哲彦裁判長)は、7月30日、同社に対し55万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。家主に対する請求は棄却しました。読売新聞 毎日新聞

法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会(第3回)

2010年08月16日(月) 22時21分
 総務省の法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会の第3回会合が10日に開かれました。配付資料が同省のサイトにアップされています。
 未定稿ながら、「法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革」に関するこれまでの検討経緯と関係府省の改善方策の実施状況等」に記された論点設定を見ると、議論の問題意識がおぼろげながら浮かび上がっています。
 しかし、国民の運動が根底にならない議論は、行き先が不透明です。過度な期待は禁物です。

司法修習生に就職氷河期

2010年08月16日(月) 22時19分
 読売新聞が「氷河期の弁護士…司法修習生4割が就職先未定」と題して、司法修習生の就職難をとりあげ、その原因である弁護士激増政策をとりあげています。

司法修習生給費制維持のとりくみ 8月前半

2010年08月16日(月) 22時10分
 千葉法相は、3日の閣議後記者会見において、給費制廃止について、ただちに見直すことは難しいとの見通しを示しました。司法改悪のしがらみにからめとられた発想には未来がありません。神奈川新聞
 TBS「報道特集」で、「金持ちしか弁護士になれない?貧窮に苦しむ弁護士の卵たち」と題して、給費制廃止・法曹人口激増問題が取り上げられました。
 しんぶん赤旗信州毎日新聞の社説でも取り上げられています。
 各地で集会や署名運動がとりくまれています。青森(毎日新聞) 宮城(河北新報) 茨城(東京新聞) 山梨(朝日新聞) 滋賀(京都新聞) 和歌山(毎日新聞) 福岡(毎日新聞) 大分(毎日新聞