司法修習生給費制維持のとりくみ 7月後半

2010年07月31日(土) 19時10分
 自由法曹団、全労連、日本国民救援会が主催する「司法修習生に対する給与の支給継続を求める各界懇談会」が28日に開かれました。しんぶん赤旗
 29日は、「司法修習生に対する給与の支給継続を求める市民連絡会」が国会内で開催されました。神奈川新聞
 各地でも、集会や街頭での署名集めが行われています。富山(北日本放送) 滋賀(中日新聞) 京都(京都民報) 和歌山(朝日新聞 毎日新聞) 熊本(
 参考記事:しんぶん赤旗

辺野古でジュゴンのえさ場の藻場を調査

2010年07月31日(土) 19時08分
 普天間基地の「移設」がたくらまれている辺野古沿岸海域で、日本自然保護協会などの環境保護団体は、24日と25日に、ジュゴンのえさ場である藻場を調査しました。琉球朝日放送 沖縄テレビ 沖縄タイムス 朝日新聞 読売新聞

司法修習生の就職難は深刻!

2010年07月23日(金) 9時45分
 日弁連は、21日、司法修習生に対するアンケート調査の結果、回答者の4割を超す532人が進路が未定であったと発表しました。毎日新聞 NHK
 もはや「採用拡大要請」などの小手先の対応で済ませられるレベルでありません。一刻も早く「弁護士5万人」などのバカげた激増計画を見直し、当面の合格者数を相当に抑制しなければならないでしょう。

不合格で地獄 合格しても地獄の司法改革

2010年07月20日(火) 22時49分
 司法改革によって、年間3000名という途方もない大増員計画がぶちあげられ、これを支える新たな法曹養成制度として法科大学院が設立されました。競争による質の向上を無邪気にあおり、弁護士業務を市場任せに追い込んだ司法改革の見るも無惨な現状を朝日新聞18日付「ルポにっぽん」がとりあげています。
 「法律系高学歴貧困層」と呼ばれる失敗を食い止めるために、新自由主義的「司法改革」を抜本的に見直すことが求められています。この期に及んで失敗を認めることすらできない御仁には、この問題から退場いただくほかありません。

小規模金融特区は「高利貸し天国」・「多重債務者地獄」

2010年07月15日(木) 18時49分
 大阪府は、6日、国が実施する構造改革特区の第18次提案に対し、「小規模金融特区」を申請することを公表しました。毎日新聞 産経新聞 読売新聞
  概要版 詳細版

実録「弁護士は儲からない」

2010年07月15日(木) 18時48分
 FRIDAYに掲載された「実録『弁護士は儲からない』」をウェブで全文を読むことができます。
 ここで描かれている過当競争や新人弁護士に対する「買いたたき」は、規制緩和・構造改革としての司法制度改革の本質に由来する弊害として位置づけるべきでしょう。
 私は、かつて、司法制度改革により、若手はワーキング・プア、中堅はシャッター通りとなると指摘しましたが、このまま放置しておけば、私の指摘がいっそう当てはまってしまいます。そうならないためにこそ、宇キ宮執行部は早急に手を尽くすべきです。給費制維持は、その課題の一つですが、一部にすぎず、全部ではありません。弁護士激増政策の見直しと、失敗した法科大学院の見直しにただちに着手すべきです。

司法修習給費制維持のとりくみ

2010年07月15日(木) 18時44分
 各地で司法修習給費制維持・貸与制阻止のとりくみがすすめられています。秋田(朝日新聞) 宮城(河北新報 しんぶん赤旗)  群馬(毎日新聞) 神奈川(神奈川新聞) 京都(京都新聞 朝日新聞 京都民報) 奈良(毎日新聞
 これらを受けて、メディアでも、論説が取り上げられるようになりましたね。産経新聞 毎日新聞北海道版 奈良版 福岡版 山陰中央新報

自民党「規制の政策棚卸」で改正貸金業法攻撃

2010年07月15日(木) 18時43分
 自民党のネオリベ勢力が、改正貸金業法について攻撃を再開しました。日本金融新聞
 6月23日に開かれた「規制の政策棚卸」第1回会議で、改正貸金業法を槍玉に挙げたようです。といっても、日本振興銀行との関係が取りざたされている平将明衆院議員が中心で、呼んだ「有識者」も小林節、福井秀夫、堂下浩ですから、「蒸し返し」の感は否めません。

皮相な追い出し屋規制法案「批判」

2010年07月15日(木) 18時42分
 石川和男・政策研究大学院大学客員教授が追い出し屋規制法案について保証業者に対する一律な規制だと論難しています。産経新聞