規制・制度改革に関する分科会が住宅・建築で規制緩和をしつこく画策

2010年03月31日(水) 22時34分
 規制改革会議が行政刷新会議に設置された「規制・制度改革に関する分科会」として、生き延びることになりました。本日、第1回目の会合が開かれました。
 構成メンバーですが、なんと、田村謙治・金融担当大臣政務官が座長代理! 安念、草刈、八田、松井、山崎といったおなじみ連中が名を連ねています。

「囲い屋」は生存権侵害 大阪弁護士会が勧告

2010年03月31日(水) 22時31分
 大阪弁護士会は、30日、生活保護受給者から不当に高額の家賃や弁当代の名目で保護費を徴求する「囲い屋」業者に対し、受給者に利用契約を強制しないよう勧告しました。また、堺市に対しても、人権救済を勧告しました。朝日新聞

家賃滞納データベースに反対し追い出し屋規制法の早期制定を求める院内集会

2010年03月31日(水) 22時14分
 日弁連は、30日、参議院会館で、「家賃滞納データベースに反対し追い出し屋規制法の早期制定を求める院内集会」を開催しました。住宅新報
 集会では、追い出し屋被害者による発言がなされ、最近、家賃滞納を理由とする保証「更新」の拒否や、ブラックリストへの登録をふりかざした不当な金銭の徴求などの被害が出ていることも報告されました。いわゆる家賃滞納者データベースについては、法案をどう修正していくのか、禁止するにはどのような手法がよいのかなど、実践的な討論もなされました。
 参議院の委員会での審議も間もなく始まる見通しですが、国交・消費者の委員の先生方に多数ご来場いただきました。議員ご本人が参加されたのは、50音順で、植松恵美子議員、柿沢未途議員、川島智太郎議員、穀田恵二議員、小林正枝議員、仁木博文議員、姫井由美子議員です。また、藤末健三議員には、会議室を確保にいただきました。みなさまにお礼申し上げます。
 国会内での徹底した審議の上、国民の居住の安定を確保し、「住まいは人権」を確立するために、引き続きご尽力いただきますようお願い申し上げます。

「賃貸住宅管理業者登録規程案」及び「賃貸住宅管理業務処理準則案」に係る意見募集について

2010年03月31日(水) 22時13分
 国土交通省は、「賃貸住宅管理業者登録規程案」・「賃貸住宅管理業務処理準則案」を公表し、パブリックコメントを募集しています。

新たな消費者基本計画(平成22年度〜26年度)

2010年03月31日(水) 22時10分

堀越事件控訴審判決で逆転無罪判決 国家公務員法による処罰は適用違憲!

2010年03月30日(火) 22時53分
 休日に職場から離れた場所で、「しんぶん赤旗」号外を配布したとして、国家公務員法違反に問われた堀越明男さん(社会保険庁職員)に対し、東京高裁(中山隆夫裁判長)は、29日、罰金10万円・執行猶予2年とした1審・東京地裁判決を破棄し、無罪を言い渡しました。
 判決では、堀越さんの職務内容に裁量の余地のないことや、管理職でないことなどを指摘し、勤務時間外に職場から離れた自宅付近で、職務と関係なく行った政党機関紙号外の配布は、「公務の中立的運営とこれに対する国民の信頼」を害する抽象的危険すらなく、こうした行為を罰することは憲法21条と31条に違反する(適用違憲)と判断しています。
 控訴審では、憲法、刑法、国際法など法学者による証言がなされましたが、公務員の政治活動の自由を著しく制限することが国際的にも大きく立ち遅れていることが浮き彫りになり、違憲判断につながったものといえます。
  東京弁護士会会長声明 自由法曹団団長声明

足利事件 再審無罪 裁判長が謝罪

2010年03月30日(火) 22時52分
 足利事件の再審で、宇キ宮地裁(佐藤正信裁判長)は、26日、無罪判決を言い渡しました。毎日新聞
 判決言い渡しの後、次のとおり述べて、謝罪しました。
  菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします。
 検察側は、上訴権を放棄し、無罪判決が確定しました。

NTT西日本 配転は違法! 高松高裁

2010年03月30日(火) 22時50分
 NTT西日本のリストラに従わなかった従業員3名を2回にわたって遠隔地・異業種配転をさせたのは違法であるとして、配転命令の無効と慰謝料を求めていた事件で、高松高裁(杉本正樹裁判長)は、25日、請求を棄却した原審・松山地裁判決を取り消し、2回目の配転は労働者の健康や家族への配慮を欠き違法であったとして、200万円ずつの慰謝料を支払うよう命じる判決を言い渡しました。共同通信 愛媛新聞 読売新聞 朝日新聞 しんぶん赤旗

派遣黒書(第2集)

2010年03月30日(火) 22時48分
 自由法曹団は、23日、「〜労働者派遣法抜本改正のために〜派遣黒書(第2集)」を発表しました。

住まいの貧困に取り組むネットワーク設立1周年記念集会

2010年03月30日(火) 22時45分
 住まいの貧困に取り組むネットワークが設立1周年を記念して22日、東京都内で集会を開催しました。しんぶん赤旗 レイバーネット 全借連新聞
 当職もパネリストとして参加しました。