アセス方法書審査終結 なぜやり直さないのか!

2008年02月29日(金) 23時23分
 普天間代替施設のアセス方法書で防衛省が提出した「追加・修正資料」の取扱いをめぐって、28日、沖縄県環境影響審査会が開催されました。沖縄タイムスその1 その2 琉球新報その1 その2 琉球放送 琉球朝日放送 沖縄テレビ しんぶん赤旗
 審査会では、「追加・修正資料」に対する県の意見案24項目86件について協議。そのうち審査会が出した意見は53件にのぼります。ジュゴンの複数年調査や、集落の飛行訓練の形態の特定などを求めています。
 審査会は終結し、来週にも、県が意見をとりまとめて、防衛省に提出するとのことです。これを受けて、防衛省は、3月にもアセスを強行しようとしています。
 このことからも、審査会は、やはりアセス方法書作成手続の「やり直し」を求めるべきだったのです。

多重債務対策 1月〜2月

2008年02月29日(金) 23時09分
 行政、民間とも、多重債務対策が各地でとりくまれています。一部リンク切れの記事もありますが、ご容赦を。
 香川県(四国新聞) 島根県(山陰中央新報) 秋田県(秋田魁新報) いのちとこころを考えるちば(毎日新聞) 金沢あすなろ会・福井まんさくの会(毎日新聞)  石垣市(八重山毎日新聞) 千葉県弁護士会松戸支部(読売新聞) ひょうご消費者ネット(神戸新聞 毎日新聞) 奈良弁護士会(毎日新聞) 高知県(毎日新聞) 岩手県(河北新聞その1 その2 岩手日報) 山梨ヤミ金対策シンポ(毎日新聞) 茨城県 奈良若草の会(毎日新聞) 神奈川県(産経新聞) 福岡県(毎日新聞) 大和市(毎日新聞

過労自殺 提訴・労災申請相次ぐ

2008年02月29日(金) 22時58分
 過労自殺をめぐって、企業責任を問う提訴や、労災不支給処分の取消訴訟、労災認定申請などが相次いでいます。
  医師・企業責任(産経新聞
  派遣社員・不処分取消(産経新聞
  教師・労災認定(読売新聞

北洋銀行過労死裁判 2審も「業務上災害」

2008年02月29日(金) 22時47分
 北洋銀行過労死裁判で、札幌高裁(信濃孝一裁判長)は、持ち帰り残業を業務時間として業務過重性を認め、労災不認定処分を取り消した1審判決を支持し、国側の控訴を棄却する判決別紙)を言い渡しました。しんぶん赤旗 北海道新聞
 支援している北洋銀行労組が声明を発表しています。

武本夕香子弁護士「法曹人口問題についての一考察」

2008年02月29日(金) 22時43分
 兵庫県弁護士会の武本夕香子弁護士による「法曹人口問題についての一考察」添付資料)が愛知県弁護士会の寺本ますみ弁護士のブログで紹介されています。
 武本弁護士の分析には種々異論もあろうかと存じますが、少なくとも、あの「司法改革」がまともな根拠もないまま、「フランス並み」、「2割司法」などの空疎なスローガンを掲げて、弁護士増員を押しつけたものであってこと、そして、その流れがどこへ向かおうとしているのかについて、よく理解いただけると思われます。

京都敷金・保証金弁護団が敷金・更新料110番

2008年02月28日(木) 20時26分
 京都敷金・保証金弁護団は、27日、新たに2件の更新料返還請求訴訟を提起しました。1件は、家主によるプライバシー侵害による慰謝料の賠償も求めています。毎日新聞 京都新聞
 注目すべきは、いずれも学生マンションの事件だということです。京都が更新料2カ月/1年という「ぼったくり」ができるのも、学生マンションの場合、スポンサーが親であるため本人に当事者の自覚がないことや、退居して遠方に行ってしまうことなどから、紛争にならずに終わることが多いことが挙げられます。
 なお、同弁護団は、3月1日に「敷金・更新料110番」を実施します。詳細は、同弁護団の内藤卓司法書士のブログにて。

京都消費者契約ネットワークが敷引条項停止を要請

2008年02月27日(水) 13時44分
 適格消費者団体であるNPO法人京都消費者契約ネットワークは、積和不動産関西と大和リビングに対し、同社の賃貸(サブリース)物件での敷引条項の使用を停止するよう要請しています。

法と経済学を司法試験科目にしろですって!?

2008年02月27日(水) 13時38分
 かなり時機遅れではありますが、法と経済学会が八代尚宏会長名で、司法試験委員会に対し、法と経済学を司法試験科目にするよう要望していました。
 福井秀夫の本が定評が確立されているとか、ぬけぬけとようほざくわ、って感じですが(厚生労働省に批判されて、おっしゃるとおりです、でもね、なんて弱々しく反論するのがオチでは、たいしたレベルでもないでしょうに。)、法曹が養成過程から、ネオリベに毒されては、たまりません。
 だいたい、「法改正実務にも活用」として挙げられているのが定期借家に、不動産競売(短期賃貸借の廃止)、マンション建替法制なんて、大手デベロッパーのために活躍した福井秀夫の業績ばかりじゃないですか。
 ネオリベ連中の司法破壊の欲望は果てしないですね。

仙台弁護士会が3000人見直しを決議

2008年02月26日(火) 0時18分
 仙台弁護士会は、23日の定期総会で、「司法試験合格者数を年間3000人程度とする政策の変更を求める決議」を採択しました。河北新報

オーティーオーに90日間の業務停止処分

2008年02月26日(火) 0時11分
 東京都は、20日、貸金業者株式会社オーティーオーに対して、90日間の業務停止処分を命じました。
 処分対象行為を見れば、アエルから譲り受けた債権の取り立てに際し、勤め先や入院先にまで連絡して執拗に返済を迫ったとのことです。
 オーティーオーって、どこかで聞いた名前だと思ったら、パソコンによる在宅ワークなどと称して高額な教材を購入させていた会社でしたね(藤森克美弁護士のサイト)。