不支給処分取り消し2件

2006年09月29日(金) 20時44分
 過労死であるとして遺族が労災申請をしたのに不支給処分をしたのは違法であるとして、その取消を求めていた訴訟で、大阪高裁(横田勝年裁判長)、津地裁(水谷正俊裁判長)は、労働基準監督署長の処分を取り消す判決をそれぞれ言い渡しています。京都新聞 JIL
 大阪高裁判決は、労働時間よりも、労働の内容を重視して、業務起因性を判断している点が画期的ですね。

無資格で債権回収、サービサー法違反容疑で貸金業者逮捕

2006年09月29日(金) 20時38分
 貸金業者が別の貸金業者の債権を譲り受けたとして、強引な請求をするケースが見られますが、こうした手法は、実質的な債権回収であり、法務大臣の許可を得ずに債権回収業(サービサー)を営むものであるとの批判がなされていました。
 大阪クレジットの経営者が債権管理回収業特別措置法違反の被疑事実で逮捕されたとのことですが、一石を投じることになりそうです。朝日新聞

NTTリストラ 配転は違法 札幌地裁

2006年09月29日(金) 20時28分
 NTTが2002年に実施したリストラ計画に従わなかった従業員に対し、北海道から東京などの遠隔地に配転させたのは違法であるとして、慰謝料の支払などを求めていたNTTリストラ・北海道訴訟で、札幌地裁(笠井勝彦裁判長)は、原告5名全員について、配転の必要性がなく、親の介護など配転を回避すべき事情があるのになしたものであるとして、総額300万円の慰謝料の支払を命じる判決を言い渡しました。北海道新聞 札幌テレビ BNN
 NTTリストラによる配転違法訴訟は、東京、静岡、大阪、松山でも争われており、初めての司法判断です(大阪では、今、最終準備書面を起案中です(^^;。)。この判決をバネに、各地でも勝利を!

59期修習生2回試験 合格留保97名 不合格10名

2006年09月29日(金) 20時14分
 59期修習生のいわゆる2回試験の合否発表が昨日ありましたが、合格留保97名、不合格10名と、大量の「落第者」を出したことが話題になっています。毎日新聞
 修習生の数が1500名に達したこととの関連を指摘する声が多いようですが、気になったのは、刑事弁護で46名の落第者が出たことです。

東日本クレジットに118人が過払金返還請求!

2006年09月29日(金) 20時12分
 東日本クレジットに対し、118名の債務者が過払金の返還を求める訴えを提起しました。こうした集団提訴は2回目とのことです。岩手日報 毎日新聞

日掛け金融業者を出資法違反で行政処分申立て

2006年09月29日(金) 20時10分
 いわゆる日掛け3要件を遵守しなかったり、保証料名目で債務者に利息を支払わせるなどして、違法に利息を徴求したとして、熊本などで、日掛け金融業者に対する行政処分をするよう申告しました。熊本日日新聞
 関連記事:毎日新聞「会いたい聞きたい:多重債務者問題に取り組む、青山定聖弁護士」

産経社説の特異性

2006年09月29日(金) 19時59分
 産経新聞は、貸金業制度見直しに関し、「貸金業規制強化 利便性殺さぬ努力が必要」と題する主張(社説)を発表し、「世の中には、高利でも、緊急に資金を調達しなければならない事業者や、給料日までの数日間をしのぐ資金が必要な人は必ず存在する」として、そうした資金需要者がヤミ金に流れないようにするものとして、経過措置=特例高金利の温存を評価しています。
 こうした論調は、他紙(例えば読売新聞)と比較しても、突出した業界擁護論です。
 地方紙を中心として、特例に対しては、きわめて批判的であり、多重債務者救済を求める世論を反映しています。山陽新聞 高知新聞 東奥日報 中国新聞 秋田魁新報その1 その2 西日本新聞

山本金融相、甘利経産相 業界寄り発言相次ぐ/後藤田義員 自民党案を批判

2006年09月29日(金) 19時46分
 山本有二・新金融担当相は、初閣議後の記者会見で、貸金業制度の見直しについて、自民党案を是とする発言をしました。日経新聞
 山本金融相は、各紙のインタビューでも、金利引き下げでヤミ金に債務者が流れるとか、子どもの入学金や給料の資金が必要な業者のために「特例」を設置したなどとの発言を繰り返し、セーフティネットについても、税金を投入することに否定的な見解を示しています。ロイター 毎日新聞 高知新聞
 甘利明・新経済産業相は、初会議後の記者会見で、金利を下げればすべて解決するという話ではないと発言しています。東京新聞
 いずれの大臣も、貸金業者の政治団体である全政連からパーティー券を購入してもらっており、こうした業者寄りの発言は、今後の見直し論議における政府・与党の姿勢を示しているといえそうです。
 一方、金融担当政務官を抗議辞任した後藤田正純議員は、毎日新聞のインタビューに答え、利息制限法の利率引き上げや、特例を批判しています。

普天間移設 アセス方法書業者選定へ

2006年09月29日(金) 19時40分
 キャンプ・シュワブ内に建設が予定されている普天間代替施設ですが、環境アセスの方法書を作成する業者を選定する手続がすすんでいます。年内にも作成すると伝えられています。沖縄タイムス
 しかし、「従来案の名護市辺野古沖移設計画の際に収集した調査資料も活用するため、通常よりも短期間で完了するとみられる」との指摘は気になります。手抜きアセスを最初から意図したリークでしょうか?

第62回労働政策審議会労働条件分科会

2006年09月29日(金) 19時37分
 9月19日に行われた労働条件分科会の会議次第と資料がアップされています。しんぶん赤旗