迷走アイスター 今度は旅館組合に訴訟告知

2005年02月24日(木) 23時08分
 アイスターが今度は旅館組合に訴訟告知をしました。テレビ熊本から。

内部告発は正当 報復人事は違法

2005年02月24日(木) 22時58分
 トナミ運輸の従業員が「ヤミカルテル」を告発したことを理由に不当に差別待遇を受けたとして損害賠償等を求めていた事件で、富山地裁(永野圧彦裁判長)は、消滅時効により一部認容しなかったものの、概ね原告の請求を認め、賃金の差額や慰謝料などとして、約1356万円の支払を命じました。毎日新聞から。

民事再生であっても整理解雇法理は遵守せよ

2005年02月24日(木) 22時52分
 名古屋地裁(橋本昌純裁判長)は、民事再生手続中の紡績会社が従業員を大量解雇した事件で、廃業する必要性があったともいえず、説明も不充分で解雇回避努力を尽くしていないとして、解雇を無効と判断しました。讀賣新聞から。

イラク人原告ら尋問

2005年02月24日(木) 22時48分
 大阪での自衛隊イラク派遣差止訴訟で、イラク人ジャーナリストであるハッサン・アボットさんや、イラクで拘束された渡邉修孝さんに対する尋問がありました。共同通信から。

石原都知事暴言 憲法等の理念と相容れない

2005年02月24日(木) 22時43分
 石原都知事の発言をめぐる訴訟で、東京地裁(河村吉晃裁判長)は、結論として請求を棄却したものの、理由中で、「女性の存在価値を生殖能力の面のみに着目して評価する見解が、個人の尊重、法の下の平等について規定する憲法、男女共同参画社会基本法、その他の法令や国際人権B規約、女性差別撤廃条約その他の国際社会における取り組みの基本理念と相容れない」と批判しました。

ハンセン病市民学会のホームページ

2005年02月23日(水) 23時39分
 ハンセン病市民学会(仮称)のホームページが完成しました。

超高金利の貸金契約に無効の判断 札幌高裁判決

2005年02月23日(水) 23時17分
 朝日新聞 讀賣新聞
 報道から察するに、返済額を不法行為による損害と認定し、貸付元本も不法原因給付として返還義務を認めなかったものと思われます。

公正証書:トラブルが多発で日弁連が意見書

2005年02月23日(水) 22時59分
 日弁連が公証人法改正を求める意見書を提出しました。毎日新聞でも報じられています。

NHK介入問題で弁護士らシンポ&声明

2005年02月23日(水) 22時54分
 朝日新聞から。集会の様子や申し入れの経緯などは、澤藤統一郎の事務局長日記の随時アップされると思います。たぶん。

NGO活動から見た『京都議定書』

2005年02月23日(水) 22時50分
 東京新聞に環境NGO「気候ネットワーク」代表の浅岡美恵弁護士へのインタビューが掲載されています。