全生園医療過誤訴訟 国に5000万円の支払命じる 東京地裁

2005年01月31日(月) 17時16分
 全生園での医療過誤訴訟で、31日、東京地裁(佐藤陽一裁判長)は、国に5000万円の賠償金支払を命じる判決を言い渡しました。くまにち.コムから。

ジュゴン保護区設定へ エレン・ハインズ博士ら迎えシンポ

2005年01月30日(日) 16時36分
 29日、名護市役所久志支所で、エレン・ハインズ博士、吉田正人・日本自然保護協会理事、東恩納琢磨・ジュゴン保護基金事務局長を迎え、シンポジウムが開催されました。シンポジウムでは、保護区設定や、ジュゴン保護計画の策定などが提言されました。
  琉球新報 沖縄タイムス

ハンセン病市民学会 5/14-15に設立総会

2005年01月30日(日) 16時26分
 ハンセン病市民学会(仮称)の設立総会が5月14日、15日に菊池恵楓園で開催されるとのことです。西日本新聞

後藤国賠2審も「違憲」 拘置所は研鑽せよ

2005年01月29日(土) 16時53分
 証拠品のビデオテープを被告人に確認させるため接見にビデオを持ち込もうとしたところ、拘置所職員に内容を確認できない限り再生させないとして、ビデオ上映を拒否したのは、接見交通権の侵害であるとして、後藤弁護士が国に慰謝料を求めていた事件(後藤国賠)で、2審(大阪高裁・大出晃之裁判長)も、1審の違憲判断を支持しました。朝日新聞から。

在日外国人の課長昇任試験拒否は合憲 最高裁大法廷

2005年01月28日(金) 16時07分
 標記の判例が最高裁に掲載されました。
 外国人の公務就任権については、要請説、許容説、禁止説がありますが、最高裁としては、許容説をとり、立法の裁量という当・不当の問題であって、違法の問題は生じないとの立場のようです。
 しかし、いわゆる特別永住者については、日本政府の都合で国籍を変更したり、奪ったりしてきたのに、日本国籍を有する者と異なって昇級を認めないというのは、不合理な差別とのそしりは免れないのではないでしょうか。判旨には、その点を考慮したのかが、うかがえません。

産廃:環境省が対策強化 不法投棄量と未処理放置、過去最悪−−03年度

2005年01月28日(金) 15時59分
 廃棄物処理法改正について、毎日新聞が詳しくまとめています。

ソロクト・楽生院訴訟でリーフレット

2005年01月28日(金) 15時54分
 小鹿島更生園・台湾楽生院補償請求弁護団が国に対する不支給決定取消請求訴訟についてのリーフレットを発行したとのくまにち.コムのニュースです。
 なお、同弁護団のQ&Aも参考になります。

ハンセン病療養所に胎児・嬰児の「標本」

2005年01月28日(金) 13時19分
 ハンセン病問題に関する検証会議が、療養所において、胎児殺・嬰児殺が行われていた事実を明らかにしました。各紙でも報じられています。
  くまにち.コム 朝日新聞 讀賣新聞 琉球新報
 瀬戸内訴訟での検証において、出生後間もない嬰児らしきホルマリン漬け標本が発見されました。また、複数の在園者証言でも、産まれたばかりの子どもがすぐに息を引き取らされたことが明らかにされています。この検証会議でも、なぜこのような嬰児殺が行われてきたのかを追及してきました。
 子どもを産み、育てることすら許さなかった「終生絶対隔離・患者絶滅政策」の非人道性を許すことはできません。

消費者基本計画のパブコメ募集中

2005年01月28日(金) 12時58分
 …といっても1/31までですが。
 内閣府のページ ネットからの意見提出
 なお、消費者団体訴訟に関連してのみ、当職も意見提出をしました。

日歯連ヤミ献金事件 橋本龍太郎の不起訴は不当 東京第二検察審査会

2005年01月27日(木) 14時04分
 標記の件について、政治資金オンブズマンのサイトに、議決通知書がアップされています。