多重債務者対策 行政のとりくみ 京丹後市 島根県 徳島県/「奈良若草の会」 窓口設置を要請

2007年07月05日(木) 11時20分
 多重債務対策が各地方公共団体ですすめられています。
 京丹後市では、「多重債務支援・相談室」を設置し、専門職員を配置して、弁護士と連携しながら対応しています。京都新聞
 島根県は、国保料滞納者について過払金を回収して解消するモデルとして厚生労働省から指定されました。山陰中央日報
 徳島県では、多重債務対策本部の設置に向けた準備がすすんでいます。徳島新聞
 一方、サラ金被害救済などにとりくむ「奈良若草の会」は、県下の市町村に対し、相談窓口の設置を要請しています。奈良新聞

貧困問題に取り組まない政治家はいらない

2007年07月05日(木) 11時18分
 反貧困ネットワーク準備会が主催する集会「もうガマンできない! 広がる貧困」が1日、東京都内で行われ、600名が参加しました。毎日新聞 共同通信 東京新聞 しんぶん赤旗 関連記事:東京新聞 京都新聞
 生活保護、ワーキング・プア、多重債務などにとりくむ団体・個人が一堂に会し、貧困と格差を解消するために政治にはたらきかけようとするものであり、たいへん注目すべき運動です。

自殺防止と多重債務者支援の融合 シンポジウム開催

2007年07月05日(木) 11時17分
 NPO法人「ライフリンク」(東京都)などで作る「自死遺族支援全国キャラバン実行委員会」と内閣府が共催したシンポジウムが1日、東京都内で行われました。毎日新聞 読売新聞

偽装請負是正へ 厚生労働省が新たな指針策定

2007年07月05日(木) 11時15分
 派遣法逃れの「偽装請負」を是正するため、厚生労働省は、新たな指針を策定しました。フジサンケイビジネスアイ
  製造業の請負事業の雇用管理の改善及び適正化の促進に向けた取組について

公安調査庁がホテルに宿泊者名簿の提出要求 違法なスパイ活動を許すな

2007年07月05日(木) 11時11分
 青年法律家協会が6月に佐渡島で行った総会に関連して、公安調査庁が宿泊先のホテルに宿泊者名簿の提出を求めていたことが分かりました。朝日新聞 新潟日報 しんぶん赤旗
 公安調査庁は、破防法や無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律の規制する団体について規制や調査を行う権限があるにすぎず、憲法と基本的人権を尊重することを掲げる青年法律家協会について、調査をするのは違法であり、かつ、思想・良心の自由や、プライバシー権を著しく侵害するものです。かような人権侵害の調査活動を許すことはできません。