金利区分の見直し−これでは上限金利引き上げだ!

2006年09月07日(木) 12時34分
 金融庁の「改正」案は、「特例」のほかにも見過ごせない「改悪」があります。現在の利息制限法の上限金利を見直し、実質的に引き上げるというのです。朝日新聞 中国新聞
      現行       「改正」案
  20% 〜10万     〜50万
  18% 10万〜100万 50万〜500万
  15% 100万〜    500万〜
 サラ金の貸し付けの大半は50万円未満ですから、ここでは18%から20%に引き上げられます。また、商工ローンの事業者向け貸し付けも500万円以上になることは少ないので、ほぼ15%から18%に引き上げられます。
 これに、「少額・短期」だの、「事業者向け」だの「特例」が加わるのです。サラ金・商工ローンをどこまで儲けさせれば気が済むのでしょうか。