中川政調会長 「微修正もあり得る」

2006年03月19日(日) 23時46分
 中川・自民党政調会長は、NHKの番組で、キャンプ・シュワブ沿岸案について、「地元との調整の中で多少の努力はあり得る」と発言しました。読売新聞
 時事通信の記事によれば、中川政調会長は、番組出演後、小泉首相と会談したようです。観測記事が続きますが、じわじわと「妥協」のための世論づくりをしているようにも見えます。

呉服過量販売対策会議発足 愛染蔵の刑事告訴も検討

2006年03月19日(日) 19時13分
 呉服過量販売対策会議が18日発足しました。毎日新聞
 呉服販売の詐欺的・恐喝的手口が語られるなど、こうした商法の問題点が明らかにされました。自己破産を申し立てた愛染蔵について、詐欺罪などで刑事告訴も検討しているとのことです。
 また、こうした悪質な商法をする業者と提携している信販会社の責任についても言及しています。

「市場化テスト法 どこが問題、どうたたかうか

2006年03月19日(日) 19時09分
 「規制緩和・民間開放」を錦の御旗に、公務サービスを民営化する動きが加速化しています。その一つが、いわゆる「市場化テスト法」です。
 日本自治体労働組合総連合の学習討議資料「市場化テスト法 どこが問題、どうたたかうか」は、この問題を批判的に理解する上で、重要な資料です。

入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の指導について(通達)

2006年03月19日(日) 19時04分
 東京都教育委員会は、13日付で、「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の指導について(通達)」を発出しました。
 それにしても、「一部の都立高等学校定時制課程卒業式において、国歌斉唱時に学級の生徒の大半が起立しないという事態が発生した」ことが、通達によって、学校長に対し、「学習指導要領に基づき適正に児童・生徒を指導することを、教職員に徹底する」ことを求めなければならないことなのでしょうか。そこまでして、生徒・児童に国家を起立させて斉唱させるべき教育的意義があるのでしょうか。
 東京都の異常な「教育」論は理解できません。

政府 滑走路の向きを微調整?/山崎拓が沖縄県北部首長と会合

2006年03月19日(日) 18時59分
 琉球新報読売新聞は、政府がキャンプ・シュワブ沿岸部に建設が予定されている新基地について、滑走路の向きを微調整してお茶を濁そうとしていると報じています。
 一方、山崎拓・自民党沖縄振興委員長は、沖縄県東村を訪問し、北部市町村会会長の宮城茂村長らと会談。「振興」策や、微調整の見通しなどを話し合ったとのこと。読売新聞 琉球新報