電話接見 事件も限定 地域も限定

2006年01月10日(火) 23時23分
 電話接見について読売新聞が続報。「集中審理となる事件の公判前や裁判員制度の対象事件など、弁護人との打ち合わせが頻繁に必要な場合に限定」って、なんだよ、それ? そんな事件の打ち合わせだったら、証拠と付き合わせながらすすめないといけないから、顔をあわせずに済ませられるわけがないじゃない!
 しかも、地域は「遠隔地」に限られ、弁護人が本人と確認できる場所(警察や司法支援センター)に出頭することっていうから、およそ大阪で実施される見込みはないですね。#もっとも、「城下町」西天満に事務所を構える"武家弁護士"なら天満署に行けばよいから楽だとして、設置を要求するのかなぁ?
 それよりも、捜査段階にこそ、電話接見の需要はあると思うんですがね。

代用監獄では何故いけないのか−代用監獄の恒久化に反対する意見書−

2006年01月10日(火) 23時15分
 自由法曹団は、代用監獄では何故いけないのかー代用監獄の恒久化に反対する意見書ーを発表しました。未決拘禁者の処遇が議論されていますが、代用監獄の存続の問題点を実例を挙げて指摘しています。

雪かきもクーリングオフできます!

2006年01月10日(火) 23時01分
 一部で、悪質な雪かき商法が紹介された際、クーリングオフの対象となる指定役務に当たらないと報じられていましたが、指定役務である「住居…の清掃」(特定商取引法施行令3条3項・別表第3の4)に該当します。したがって、訪問販売等による雪かき契約は、クーリングオフの対象指定役務です。
 ※ 消費生活相談員のHさんからの情報提供です。