漁民ら17人追加提訴 ボーリング調査差し止め訴訟

2005年02月21日(月) 22時49分
 辺野古沖で実施されつつある代替施設建設のためのボーリング調査を差し止める訴訟で、漁民らが追加提訴をしました。琉球新報

ヤミ金融を共同して行ってきた口座名義人の不当利得返還義務

2005年02月21日(月) 22時30分
 国センのサイトに、奈良地裁平成15年7月1日判決(消費者法ニュース57号35ページ)が紹介されています。
 特徴的なのは、(1)口座の名義貸人に不当利得返還義務を認めたこと(名義貸人は自分は無関係だと争った模様)、(2)異常な高金利を理由として利息契約のみならず消費貸借契約そのものも無効とし、交付された元本を不法原因給付として反射的に債務者に所有権が属すると判断したこと、が挙げられます。