追い出し行為で保証業者を提訴!

2014年04月19日(土) 23時09分
 家賃を滞納したことを理由に、留守中に家財道具を搬出するなどの追い出し行為をしたとして、賃借人が、17日、家賃債務保証業者・アールエムトラストに対し、220万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。産経新聞
 追い出し屋規制法案が廃案となり、家賃債務保証業が規制されず、悪質な不当な家賃取立てが野放しになっている現状を放置しておくことはできません。
  • URL:https://yaplog.jp/lawyaz-klub/archive/4261