ヌーヴォー祭り!

November 14 [Thu], 2013, 19:39
皆さんお元気ですか?山下でございます。

11月になり朝、夜はだいぶ冷え込んできましたね。

さて、さて11月と言えば待ちにまったボジョレーヌーヴォーが解禁です!!

ローラシアでは11月21日AM0時よりボジョレーヌーヴォー・フランス地方の新酒を集め

グラスで提供させて頂こうと思っております。

今年は、6種類のヌーヴォー(全て自然派)をご用意させて頂きました!!

勿論飲み比べでもよし、飲みたいヌーヴォーを1杯飲むのもよし皆さんに楽しんでもらえれば幸いです。

ヌーヴォーのあてには寒くなりましたので、今回おでんを仕込みます!!

おでんとワイン(ヌーヴォー)のマリアージュもお楽しみ下さい

フランス ボジョレー地区
1、M.Lapierre Beaujolais Nouveau ’13
(ラピエール ボジョレーヌーヴォー13)赤 ガメイ100% ¥900-

「ヴァン・ナチュールの父と敬われる偉大なる生産者、亡きマルセル・ラピエールの後を継ぎ、

家族一丸となって活躍を続けるラピエール家。その品質は世界中で評価され、

名実ともにフランスを代表する生産者となっています。華やかな果実味とふくよかさの中に

透明感のある繊細さと品の良さを感じさせ、ボジョレーとしてのクオリティーもさることながら、

しっかりとした旨味によってじんわりと広がる美味しさが魅力です。

今なお進化を続けるラピエール、その豊かでエレガントな表現で、飲む人を魅了すること

間違いなしです。」

2、Frederic Cossard Beaujolais Villages Primeur ’13
(フレデリック コサール ボジョレー ヴィラージュ プリムール‘13)赤 ガメイ100% ¥950-

「ドメーヌ・シャソルネイのフレデリック・コサールが、モノポール畑「レ・ラパン」で

2004年に初めて手掛けたボジョレー・プリムール。2005 年には右腕となる人物として、

ドメーヌ・プリューレ・ロックで働いていたニコラ・テスタールを引き抜き、

フレデリックがコンサルタント、ニコラが畑と醸造の管理という現在のスタイルが確立しました。

シャソルネイ同様に、ヌーヴォーでも自然な味わいを存分に感じて欲しいという

強い理念のもと、「ノンフィルター、亜硫酸無添加」に挑戦し、毎年ファンの期待に応えています。」
  
3、Guy Breton Beaujolais Villages Nouveaux Cuvee Fanchon‘13
(ギィ ブルトン ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー キュヴェ ファンション‘13)
赤 ガメイ100% ¥800-        

「ギィ・ブルトンはミネラルの際立った味わいが特徴です。自然派特有の柔らかく

飲み心地のよさと同時に、たっぷりの果実味とミネラルのバランスが、

ギィ・ブルトンの美しいワインを生み出しています。この新酒は、

チャーミングでポテンシャルの高いことで人気のボジョレー・マリルー用の畑から

日本の為に特別に瓶詰めしています。」

4、Cyril Alonso P・U・R C-O-C-A Beaujolais Nouveau‘13
(シリル アロンゾ ボジョレー ヌーヴォー‘13)赤 ガメイ100% ¥900- 

「見たとき、絶対安心して飲めるワインなんだとみんなが無条件に思うようなイメージを作りたい」

そう語るアロンゾは、現在主流の工業製品ワインに反逆の意を唱え、PUR(=純粋な)は

化学薬品を使用しない全くのナチュラルワインであることを強く主張しています人脈を最大限に生かし、

今は亡きマルセル・ラピエールをはじめとする優良な栽培家とタッグを組み、

アロンゾ流の自然な醸造法で優れたワインを造り出しています。無濾過、無清澄。

上品で滑らかな口当たりです」

フランス ボジョレー地区以外の新酒
5、Le Clos du Tue=-Boeuf Vin Nouveau du Tue Boeuf‘13
(ル クロ デュ テュ=ブッフ ヴァン ヌーヴォー デュ テュ ブッフ‘13)赤 
ガメイ100% ¥800- ロワール地方

「ピュズラ兄弟のワインは、いずれも美しい酸と品種の個性が際立ち、

上品でありながら気取りがない親しみやすい味わいが特徴です。

天候が恵まれない年には、ヴァン・ナチュールは不安定になりがちですが、

毎年のように高いレベルでワインを仕上げるピュズラ兄弟の腕にはいつも驚かされます。

ラベルは画家であるピュズラ夫人がロワール川をイメージしながら仕上げた作品です。

彼らのフランスにおける得意先は、レストランもワインショップも皆友達付き合いの間柄。

もともと友人とお祭り騒ぎをするために少量つくってきたワインですから、

今年も皆さんをわくわくさせてくれるようなレベルの高い、

そして楽しいワインを届けてくれることでしょう。」

6、La Grande Colline  Vin ドde Table Nouveau ‘13
(ラ グランド コリーヌ ヴァン ターブル ヌーヴォー‘13)白 シャルドネ主体 
¥850- コート・デュ・ローヌ地方

「大岡弘武さん(ラ・グランド・コリーヌ)のヌーヴォー。醸造から瓶詰めに至るまで、

いつものように亜硫酸無添加で行います。

大岡さんから曰く「2013年は冬と春は雨が多く、気温が低かったことが特徴的。

そのため発芽は約3週間遅れてスタートし、ゆっくりした成長になって、

開花時期から天候は回復し、7月からは一転して猛暑となり、

今では3週間の遅れを取り戻しつつあるくらいで、このまま熱く乾燥した日が続くと思われ、

きっと良い年(ヌーヴォー)になるでしょう。今年は、新しい醸造所を一新した最初のヴィンテージ」

だそうです。

楽しみな1本です。因みにローラシアでは白のみになります」

なおヌーヴォーはなくなり次第終了させて頂きます。ご了承下さい。

以上このようなワイン以外に続々新しいワインも入荷していますので是非御来店下さい。

〜LAURASIA & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS〜

南船場の若き彗星、柳川氏のヘア・サロン。ローラシアの寺川、鹿田も御用達。
hair salon TITY

関西の焼肉店のコスト・パフォーマンス・クイーン、岩崎塾!食せずには……!
炭火焼肉 岩崎塾

我らがGOD FATHER、藤村氏が率いるエッジのきいた福島のイタリアン・バール。
bar e trattoria Sette

江戸掘にある、マイナスイオンいっぱいの可憐なフラワーショップ。
In Style

広戸シェフのダイナミックかつ繊細なお料理を堪能できるイタリアン・イン・江戸掘。
asse

365日、毎日でも通いたくなるお店ってありますか?それが心斎橋にあるんですよ。
italian dinig DISH

難波に君臨する百武氏の”間違いなく楽しめる”イタリアン!
osteria LA FOGLIA del sole

小野料理研究家が考えるニュータイプのIZAKAYA。食べる悦びがここにある!
酒と鉄板とちょっとだけイタリアン 哲剣

ストレス社会で生きる我々の心のケアをしてくれる頼もしい心療内科。
SUGIURA CLINIC 医療法人 杉浦内科

ここは何処?まるでドイツにある美しいレストランに迷い込んでしまったかのような西区のドイツ料理店。
ドイツ料理 ガストハウス44

厳選された素材と丁寧につくられるプリンが自慢のテイク・アウト・ショップ。
プリンのお店 プーサン

料理とロックをこよなく愛する杉原シェフ。まさにイタリア料理の火付け役!
Bar e Trattoria AKKA

女の子のビューティー・ライフをサポートするウェブ・マガジン!
Kiraria キラリア

寺川の仲間のCHARMING GIRL のブログです!
ASAFUKU の満福生活

南船場の素敵なsakaba、ITCH(イッチ)
sakaba ITCH

We love you all!!
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:wine&bar LAURASIA
  • 現住所:大阪府
  • 職業:自営業
  • 趣味:
    ・ワイン
    ・音楽
読者になる
美味な酒、旨い肴、を指針に奮闘する大阪は本町の酒場です。美味しいワイン、揃えています。
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
オレもカズシ
» 花より団子、桜よりアディダス (2012年05月23日)
オレもカズシ
» 花より団子、桜よりアディダス (2012年04月12日)
おれ
» これから… (2012年01月28日)
Fujii
» LAURSIA 2011 A/W collection (2011年10月18日)
sakaba ITCH
» LAURSIA 2011 A/W collection (2011年10月06日)
どもども^^
» 北海道のおもひで/My Favorite Sakaba (2011年08月17日)
カート小判
» ニュー・リカー&サマー・ソニック! (2011年07月14日)
鰻谷難民
» 貸切のお知らせです。 (2011年02月10日)
裏切りの開花予想士
» なんとなく…です (2010年10月05日)
lotus
» lotus さんへ (2010年08月03日)
Yapme!一覧
読者になる