レーシックとは

October 14 [Wed], 2009, 21:45
レーシックを受ける前の近視の具合、乱視があるか、年齢によって視力回復には個人差がありますが、
平均的な視力回復は、治療翌日で90%が0.5以上、60%が1.0以上に回復しており、
治療後3ヶ月後にはほとんどの方が1.0以上に回復しています。

視力回復レーシックってどんなもの?

レーシックで視力回復をしたい方は増えているようです。
レーシックとは、レーザーを角膜の正常な場所に照射して、角膜の形を変えることで光の屈折を矯正する手術です。

ですが、まだ失明するのではないか?と心配している方も少なくありません。
実際には、レーシックの手術は眼球の表面にある角膜だけを対象としたもので、眼球内部に何か働きかけるというものではありません。
そのため、とても安全だと言えます。
また手術時間も10分程度と短く、入院の必要もありません。

たったこれだけの時間で、長い間悩まされた近視や乱視が回復するのです
実際に視力回復レーシックを受けた方の中には著名なプロスポーツ選手も多く、調べてみると色々と体験談を目にすることができます。
著名人の体験談を参考に視力回復レーシックを受けてみるのも失敗しないクリニックの選び方の一つでしょう。
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ