輝く星になれます様に

2006年12月30日(土) 7時50分
12月29日。
とても良く晴れた昼下がり。
10年間家族として過ごしてきた愛犬の「セレ」が旅立ちました。

28日の午後に体調が急変して病院に。
検査の結果、悪性の癌でした。
肺にまで転移して手術も無理な状態だったそうです。
その夜、我が家にはセレの悲痛な鳴き声だけが響いていました。

「イタイヨ・・・」

「タスケテ・・・」

と。
でも何もしてあげる事の出来ない私は。
ただ「ごめんね」と繰り返すだけでした。
涙が止まりませんでした。
泣いても泣いても涙は止まりませんでした。
お医者さんからもって2〜3日という話を聞いてました。
でも。
セレにとってその痛みや苦しみが続いてしまうのならと。
安楽死も考えました。
とても悩みました。
そんな中、神様にお願いをしてみたのです。

「神様。せめて家族が見守っているところで。どうか苦しむ事なく連れて行ってはもらえませんか?」

神様は願い事を叶えてくれました。
ワンマンライブに出掛ける1時間前に。
家族が見守る中。
静かに。
とても安らかに。
セレは息を引き取ったのです。

いつも夜中や朝方に帰宅する私を。
必ず出迎えてくれたセレ。
今日からその姿はなく。
昨日までセレのいた玄関はとても広く感じた。
君は幸せだったかい?

とても辛くて。
すごく悲しいけれど。
この10年間で心に刻まれた君との想い出は。
決して消える事なんてないんだ。
ありがとうね。
またいつか逢える日がくるだろうから。
その時まで元気でな。

先に旅立ってる兄貴と弟よ。
そっちでグレーのビーグル犬を見かけたら。
一緒に遊んでやってくれないか?
ご褒美が待ちきれなくて「お手」と「おかわり」を同時にやっちゃって結局両手を乗せてくるヤツだったけど。
カワイイからさ。
よろしく頼むぜ。






輝く星になれます様に。
心から。
全力で。
そう願うんだ。

居場所はちゃんとここにある

2006年12月27日(水) 7時47分
真夜中に送られてきたメール。
それは7回に分けられたもの。
そのひとつひとつに綴られていた言葉たちには。
「力」と「勇気」がたくさん詰まってた。
手放しで嬉しかった。
ちょっぴり泣けた。

ある出来事で暗い森に迷い込んだその人は。
闇に潜む者の誘惑にのらず。
月の悪戯にもめげずに。
諦めることなく歩き続けて。
ようやく僕らの所へ戻って来たみたいだ。

おかえり。

また遊ぼうな。
ゲーセンでも行くか?
またドカンと当てようぜ。
そんでいっぱい語ろう。

お前の「居場所」はちゃんと取ってあるんだぜ。
ほら。
いつもの笑顔で遊びに来いよ。
待ってるからな。

凱旋の舞台

2006年12月22日(金) 6時57分
2006年12月22日。

今宵、新横浜の地下室に。
チンピラめいた詩人がやって来る。

そして、その地下室のステージで。
詩人みたいな天使が羽根を広げる。

やっと、そのステージの真ん中で。
天使という名のkaoruが唄う。


仲間しかいないその場所で。
またひとつ秘密を増やそう。
時代遅れのステップを踏みながら。
僕らの愛したメロディを口ずさもう。
今宵はきっと。
夜が全然足りないんだろう。


おかえりなさい。
お待ちしてました。
心から。
そう思っているんです。

あるはずなんだ

2006年12月21日(木) 7時14分
「偽善」まみれの世界を「嘘」まみれで眺めてる。
「矛盾」だらけの毎日を「傷」だらけで過ごしてる。

つかなくていい嘘がある。
負わなくていい傷がある。

そんな事を考えなくていい場所が。
どこかに必ずあるはずだ。

それは絶対に。
あるはずなんだ

ある男について

2006年12月20日(水) 7時26分
その男は。
あたたかい声質を持ちながら。
ときおり歪んだ旋律で心をえぐる。

その男は。
やさしくギターをつま弾いていながら。
ときおり不協和音の一歩手前でかき鳴らす。

その男は。
やわらかい風貌を持っていながら。
ときおりしかめっ面で言葉を吐き出す。

ほぼ同世代。
いくつかの共通項。
そして。
ジャンルは違えど互いに美学を貫き通す意志。
ここ数年で。
これほど共演したいと思った男は他にはいない。


その男の名は「長谷川賢司」。


この男と出逢えた事は。
今年において間違いなくトップクラスの財産だ。



2007年1月7日(日) 大和Hagin's Bφ
K&Kで出演。
[堕天使のメロディ 〜泥沼確率100%〜]
w/長谷川賢司
open 18:30/start 19:30
charge:1500+Orders



この宴を見逃した者たちは。
必ず後悔する事になるだろう。

迷いながら寝てみよう

2006年12月19日(火) 6時53分
3〜4年前までは。
十字架のアクセサリーには何の興味もなかったのに。
今ではなぜかお気に入り。

今日知ったけど。
私が好きなスタイリッシュで少し感じ悪い系のものを。
「ゴシックアクセサリー」と呼ぶそうな。

あ〜あ。
また素敵なの見つけちゃったよ。
購入すべきか・・・。
グッときちゃったんだわ。

迷いながら寝てみよう。
起きたらまた考えよう。

満月

2006年12月17日(日) 5時02分
結果論ばかり並べてみても。
先に進めるわけがない。

未来予想図を描いてばかりでは。
今の想いが色褪せる。

ならばいっそ。
自分の都合で言葉を吐き出せる様な。
悪者になってしまいたい。
でもそんな勇気はないから。
やっぱり無理なんだろうか?

そうは言いつつ。
なぜだかその勇気が芽生え始めている。

月の満ち欠けの様に変化する私の心は。
今は限りなく満月に近い。

とにかく、それでも

2006年12月12日(火) 0時40分
私は。
好きな物や好きな人が出来ると。
とにかく「好き」としか言えなくなる。

だから。
「どこが?」とか「何が?」と聞かれても。
とにかく「好き」としか言えなくなる。

けれど。
言えない時と場合もある。
それでも「好き」としか言いたくない。

たまに。
言わない時と場合もある。
それでも「好き」だと心で叫んでる。

きっと。
私の思考回路の中では。
「好き」という気持ちに「隙」はない。

月と花はそこにある

2006年12月11日(月) 7時01分
嬉しい事や悲しい事も。
楽しい事や厳しい事も。

全部あるから面白いんだな。
どれかがひとつでも欠けたらダメなんだ。

うつむいてばかりいたらが見えないし。
見上げてばかりいたら咲いてるに気づかない。
時には振り返る事だって大切だ。

だから歩いて行けるんだ。
だから笑っていられるんだ。
だから唄う事が出来るんだ。

チョコレートキス

2006年12月09日(土) 5時54分
またひとつ夢が通り過ぎていく。
それでもやらなきゃいけない事がある。

またひとつ夢とすれ違うけど。
それでもやらなきゃいけない事がある。

またいつか夢と出逢えるだろう。
それまでやらなきゃいけない事がある。

やらなきゃいけない事。

それは「信じる」事。
それは「続ける」事。
それは「貫く」事。

重たく聞こえるかもしれない。
けれど。
軽い気持ちで乗り切れるほど。
世の中、甘くはないんだぜ。

チョコレートみたいなキスは何度でもしたいけど。
チョコレートみたいな人生はゴメンだな。

だから・・・っつーのもアレだけど。
みんながんばろーぜ。
俺も負けないくらいがんばるからさ。
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像穂高
» ガラクタとジョーカー (2007年03月07日)
アイコン画像Fumi
» 【共犯者】求む (2007年02月17日)
アイコン画像穂高
» あるはずなんだ (2006年12月22日)
アイコン画像shisho
» 月と花はそこにある (2006年12月11日)
アイコン画像オーナー
» あっ。 (2006年10月09日)
アイコン画像shisho
» あっ。 (2006年10月08日)
アイコン画像オーナー
» あっ。 (2006年10月08日)
アイコン画像shisho
» あっ。 (2006年10月07日)
アイコン画像オーナー
» あっ。 (2006年10月07日)
アイコン画像穂高
» あっ。 (2006年10月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:larumeur
読者になる
Yapme!一覧
読者になる