ジョバイロ

March 05 [Fri], 2010, 21:58
人は誰も哀れな星瞬いては流れゆく
燃え尽きると知りながらも誰かに気付いて欲しかった

胸に挿した一輪の花薔薇が赤い蜥蜴に変わる夜
冷たく濡れた下に探りあてられた孤独に慣れた心

舞台の真ん中に躍り出るほどの
役どころじゃないと自分がわかっている

あなたが気付かせた恋があなたなしで育ってゆく
哀しい花つける前に小さな芽を摘んでほしい
闇に浮かんだ篝火に照らされたらジョバイロジョバイロ
それでも夜が優しいのは見て見ぬ振りしてくれるから

銀の髪飾り落としていったのは
この胸貫く刃の代わりか
折れかけのペンで物語りを少し
変えようとしたらいみつな喜劇になった

宇宙の広さを記すとき人は何で測るのだろう?
この想いを伝えるとき僕はどんな言葉にしよう?
あなたの隣にいる自分をうまく思い描けない
はぐれないよう絡めているのは指じゃなく不安だった

あなたが気付かせた恋があなたなしで育ってゆく
哀しい花つける前に小さな芽を摘んでほしい
闇に浮かんだ篝火に照らされたらジョバイロジョバイロ
それでも夜が優しいのは見て見ぬ振りしてくれるから

●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■

歌詞が好き(´^ω^`)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玖珠
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:高知県
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
音楽大好き。
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる