いつか二人会った意味が分かる時まで

March 29 [Sat], 2008, 23:42
やべー泣きそうになった。
タダシンブログ。


タダシンブログ=タダシンヤ(多田慎也)さんのブログ のことで、
多田慎也さんは嵐の「いつまでも」(From 「Love so sweet」) とか
「風」「虹」(From 「Time」) とか
「Still...」(From 「Happiness」) とかのクレジットに名を連ねてる方なのですね。
本業はタダシンヤというアーティストさんです。(まだインディーズなのでしょうか?)

そのブログにね、とっても素敵なことが書いてあった。


ちょうど1年前を思い出しながら、桜の季節の中に、おばあさまのお話の中に、
嵐さんの名前が綴られていました。

人と人との出逢い、関わり方、そのとっても繊細にできている仕組みの中に、
嵐さんの名前と、そして嵐ファンという言葉が記されていて。

素直に嬉しかった。


約1年前、多田さんの初めての楽曲提供が決まった。
たくさんたくさんオーディションに出していて、
その中で拾われた曲が、あの「いつまでも」だったようで。

人の出逢いって、すごく複雑に、からくりが組まれているように感じます。
ひとつひとつは必然かもしれないけど、
それが色々積み重なってひとつの偶然を生み出すのだと思うのです。

多田さんが音楽の道に進んで、
嵐さんがデビューをして、多田さんがオーディションに応募して、
嵐さんが花男の主題歌を歌うことになって、多田さんの楽曲が拾い上げられて、
そうやって多田さんの楽曲が嵐さんの「いつまでも」に形を変えた。
だからあたしも多田さんに出逢うことができた。


初めて多田さんの曲を聴いて、
SPINさんが作詞だったこともあり、すぐにお気に入りになった「いつまでも」。
再びわたし的強力タッグで実現した、作曲多田慎也・作詞SPINの「風」。
ニノちゃんの歌声と儚いピアノの旋律がたまらなくマッチして、
スコアを手に入れるために奮闘したほど大好きな「虹」。
SPINさん以来初めて心を鷲掴みにされた詞が印象的、これぞ純タダシン楽曲の「Still...」。
タダシンヤとしての楽曲では「your song」がとっても好きなのです。
多田慎也もタダシンヤも、嵐さんという媒体を通して出逢い、好きになっていきました。


あたしはこの出逢いが、すごく嬉しい。
多田さんから嵐さんの名前が出ること、嵐ファンの存在が記されること、
そういうひとつひとつが、すごく嬉しい。

多田さんにとっても、嵐さんにとっても、
「いつまでも」という1曲の出逢いが嬉しいことであってほしいです。
あの1曲から始まった流れが、「Time」へ、「Happiness」へ、
そして「Dream "A"live」へと繋がっている。

新しい出逢いが、すぐそこに。
「声」と「Life goes on」という2曲が、多田さんとの新しい出逢いになりますように。


(嵐/Still...)
  • URL:https://yaplog.jp/la-familia-gc/archive/344
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
yaplog!PR
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:小桃
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月11日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
アイコン画像 好きなモノ:嵐、GARNET CROW、タダシンヤ、Aimer
アイコン画像 好きなコト:作詞、文章書き、映画鑑賞、ライブ

◆絶賛応援中◆
タダシンヤ オフィシャルウェブサイト
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/la-familia-gc/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる