「病気の父に頼まれ、殺した」17歳少年逮捕(読売新聞)

June 19 [Sat], 2010, 1:57
 12日午前9時45分頃、大阪市鶴見区のマンションに住む無職の男性(44)方から、少年の声で「父から殺してくれと頼まれ、殺した」と110番があった。

 駆けつけた鶴見署員が、室内のベッドの上で男性があおむけに倒れ、そばにビニール袋が落ちているのを発見。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 男性の息子の塗装工(17)が室内におり、殺害を認めたため、同署が嘱託殺人容疑で緊急逮捕した。

 府警によると、父子2人暮らしで、息子は「父は病気で寝たきりで、『疲れた、殺してくれ』と言われ、頭からビニール袋をかぶせた」と供述しているという。

菅首相、在任中は靖国参拝せず…参院で答弁(読売新聞)
<カクテル>ライバルを飲み干せ! W杯出場32カ国をイメージ(毎日新聞)
哨戒艦事件で連携確認=日韓首脳が電話会談(時事通信)
反民主か連携模索か、損得勘定続く「第3極」(読売新聞)
<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)

菅首相会見速報(2)「財政再建は経済成長の必須要件」(産経新聞)

June 11 [Fri], 2010, 21:59
 菅直人首相は8日、就任後初の記者会見で「財政が弱いと思い切った活動ができない。財政の立て直しは経済を成長させるうえの必須の要件だ」と述べ、財政再建に積極的に取り組む考えを示した。

 その上で「社会保障は経済の成長の足を引っ張る考えが主流だった。しかし、社会保障の多くの分野は経済を成長させる」と述べ、社会保障政策を通じた経済成長を目指す考えを強調した。

【関連記事】
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏
郵政改革法案成立で合意
仙谷官房長官が閣僚名簿を発表
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

住居侵入容疑で市職員逮捕「下着盗もうとした」(読売新聞)
<囲碁>「封じ手8の八」本因坊戦第3局2日目(毎日新聞)
位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
亀井金融相、郵政法案の今国会成立を強調(読売新聞)
菅氏を支持=民主代表選で仙谷氏(時事通信)

<取材ノート>イモビライザー(毎日新聞)

June 07 [Mon], 2010, 19:04
 自動車盗難防止装置のイモビライザー。鍵に埋め込まれた電子チップの番号と車両の番号が一致しないとエンジンが始動しない仕組みで、数年前から高級車以外にも普及した。福岡県内の昨年の自動車盗は1154件と5年前に比べ半減している。

 そんな効果絶大なシステムを破る男が7年前、県警に捕まっていた。中卒の男は佐賀市で中古車販売会社を経営。実態はイモビライザーを搭載した高級車を盗み、売りさばいていた。

 裏付け捜査で男が手口を実演した。鍵穴にパソコンをつなぎキーボードをたたく。ロックが簡単に外れた。驚く取調官。「その知識を社会のために役立てろよ」。思わず説教した。

 男の判決は懲役7年。社会復帰しているころだ。取調官の言葉を覚えているだろうか。

「弘道会壊滅」警察庁長官指示 本部長会議(産経新聞)
首相・小沢氏らの会談まもなく(産経新聞)
小林議員 辞職勧告後、雲隠れ 地元、同日補選やきもき(産経新聞)
<流しそうめん>2500メートル、ギネス挑戦 御嵩で住民ら、竹製レール作り(毎日新聞)
<泉南石綿訴訟>原告側も大阪高裁に控訴 国の控訴受け (毎日新聞)

<社民党>内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」(毎日新聞)

June 01 [Tue], 2010, 12:50
 社民党の福島瑞穂党首は31日午前、自民党など野党が提出を検討している内閣不信任決議案について「反対というのはなかなか難しい」と述べ、採決に欠席か賛成する可能性を示唆した。また、今夏の参院選で長野など3選挙区に独自候補を擁立する可能性を示した。内閣不信任案に同調する姿勢を示したことや、民主党との協力関係から擁立を控えていた選挙区に候補を出す方向に転換したことで、社民党の野党色が今後強まるとみられる。

 福島氏は内閣不信任案に同調する理由として、東京都内で記者団に「(米軍普天間飛行場の移設先に同党が反対する沖縄県名護市)辺野古を閣議決定したこと。それに署名をしなかった社民党党首の私を(閣僚から)罷免したこと」を挙げた。

 これに先立ち民放テレビでは、今夏の参院選で「長野も出したいと聞いている」とし、長野選挙区(改選数2)への候補者擁立を示唆。同選挙区では、民主党の北沢俊美防衛相が4選を目指し立候補を予定している。さらに「岩手、神奈川も何とか出そうと聞いている。選挙協力と言っても部分的、地域的に限定的だ」と述べた。

 社民党の辻元清美副国土交通相は同日昼、前原誠司国交相に辞表を提出、受理される見通し。辻元氏は国交省で記者団に「途中で船を下りなきゃいけないのは断腸の思い。日本航空をはじめ交通政策をどのように処理していくのか心配だが、連立政権を離れても協力できる点は協力したい」と涙を見せながら語った。

 鳩山由紀夫首相は同日午前、社民党の連立離脱や内閣支持率の続落で民主党内からも辞任論が出ていることに関連し、「国民の皆さんのために、しっかりとした政治を取り戻して頑張る。この一点だ」と語り、続投に改めて意欲を示した。連立離脱には「安全保障に関する基本的な考えが合わないということで大変残念に思う」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。【塙和也、寺田剛】

【関連ニュース】
鳩山首相:中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
陸山会事件:辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める

民主「参院選惨敗」予測 「40議席割る」に党内動揺(J-CASTニュース)
松本大洋氏作品をiPad配信=小学館(時事通信)
【集う】「寺島しのぶさんの銀熊賞を祝う会」(産経新聞)
<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
地元無視「怒」の1字、名護市で緊急集会(読売新聞)