祇園の「喫茶 たんぽぽ」に別れを告げに

June 29 [Fri], 2012, 17:01
谷村新司さんが京都を訪れられた時好んで立ち寄られ

いたカフェの一つに祇園の喫茶たんぽぽ」

ありました。「たんぽぽ」は八坂神社近くの祇園の一角にあります。

あとでわかったのはその場所は私が主人の郷里綾部に帰省

する時時々バスを利用していたのですがそのバスターミナルの

隣にあったのが「喫茶たんぽぽ」だったのです。

谷村さんのファンになってから谷村さんの著書の中でも

紹介されていた「喫茶たんぽぽ」が行き慣れた場所だったので

びっくりしました。でも私が訪れたいと訪ねた時には

お店が閉まっていることが多かったのです。そんなある日

お店の前で「今日もお休みなのかなぁ。。。」とドアから

中を覗き込んでいた時お声をかけて下さったのが

このたんぽぽの店主の息子さんでした。

谷村さんのご縁でたんぽぽのお母さんがお店に出られない日

でもたんぽぽを訪れて珈琲を入れて頂いたりしていました。

お店の奥のお部屋からお母様の声が聞こえてきたり

していました。何時までもたんぽぽの灯

が消えて欲しくないと願っていたのですが。。。






ちょうど主人が亡くなった頃このブログも愛読して

下さっていた息子さんから時を同じくしてたんぽぽのお母様が

お亡くなりになったことをお聞きしました。

そしてどちらも慌ただしい日々を過ごす中、息子さんから

6月いっぱいでたんぽぽがクローズすることになったと

お知らせがありました。最後の日までにその姿を心の中に

焼き付けておきたいとたんぽぽに「サヨナラ」

しに祇園に向かいました。






正面に「八坂神社」が見えています。この場所は私が

主人と出かけた最後の場所でもありました。そして最後の

写真を撮った場所でした。






お店も完全クローズする準備が着々と進められて

いたようで息子さんが何時も手入れをされていた木々もかなり

短く剪定されていました。






懐かしい店内は壁面に飾られていた日本画など

既に片付けられていてちょっと淋しさを感じずにはいられません

でした。でもどの絵もたんぽぽを愛して下さった

方達のもとにお嫁入りしたようで安心しました。












何時もお店の奥からお元気なお声を聞いていたたんぽぽの

お母さんは66年間愛し続けたお店の中でにこやかに微笑んで

いらっしゃいました。生粋の祇園気質の持ち主だった

たんぽぽのお母さん、最愛の息子さんに最後までお世話

されて生涯を終えられたのはお幸せでしたね。

毎日ご自宅からお母様のお世話に通っていらしゃった

息子さんには頭が下がります。お互い淋しくなりましたね。






谷村さんが「たんぽぽ」を訪れられた時何時も座られていた

席のテーブルには庭の枇杷の実が生けられていました。

この席で息子さんと一緒にたんぽぽでの最後の思い出の

写真を撮って頂きました。ちょうど一週間に一度はお母様の

お世話に通って下さっていた女性の方が訪れて来られたので

写真を撮って頂きました。お母様は素敵な人達との出逢いが

いっぱいあったのですね。彼女からもたんぽぽのお母さんの

色んなエピソードを聞かせて頂きました。ご一緒できて

本当によかったです。












息子さんが最後のたんぽぽで入れて下さったアイス珈琲を

頂きながらお母様のこと谷村さんが訪れられた時の

思い出話など(お母様から聞いていたお話です。)長い

時間過ごさせて頂きました。そして貴重なレコードや

ご本も頂きました。大切にしますね。









谷村さんが何時も座られていた席のテーブルに

飾られていた枇杷の木には主が亡くなったあともたわわに

枇杷の実が実っていました。






たんぽぽのお店を後ろ髪を引かれるような思いで

後にしました。振り返ると私が「一力」さんのところを曲がる

頃までずっと息子さんが見送って下さっていました。

人とのご縁の大切さを感じました。

「喫茶たんぽぽ」の灯は消えましたが「たんぽぽ」を

愛して訪れた方たちの心の中には永遠に「たんぽぽ」の花は

咲き続けていますね。









「一力」さんの前を通って家路へと向かいました。
  • URL:https://yaplog.jp/kyoutonosakura/archive/2309
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ヨコオ様

「たんぽぽ」のご縁で私のブログを訪れて頂き有難うございました。
学生時代を京都でお過ごしになったのですね。
たんぽぽは本当に心安らぐお店でした。
ヨコオ様もきっと素敵な時間を「たんぽぽ」でお過ごしになって
いらっしゃったのですね。
賑やかな通りをちょっと入っただけで又違った静かな趣がありましたね。ヨコオ様はたんぽぽぽのお母さんに頼まれてお留守番を(^_^;)
想像しただけで微笑ましくなります。
私がたんぽぽを知るきっかけになった谷村新司さんもお店が混んでいる時はお母さんに珈琲を「自分で運んで」と言われて
ご自分で珈琲を取りに行かれていたようです。(*^_^*)
そんな自然体で過ごせるたんぽぽのことを谷村さんがコンサートのMCの中で何時も話されていました。大好きなお店だったと。
ご縁があってずっとたんぽぽのお母様の息子さんも
近況を知らせて下さったりしています。
「たんぽぽ」は閉店しましたがお店のあった場所はそのまま
現在も残っています。
たんぽぽのお母さんがいらっしゃらないのは寂しいですが。
このブログをご訪問下さりコメント頂きましたこと
心より嬉しく思います。
September 13 [Tue], 2016, 21:06
ヨコオ
はじめまして、突然すみません。タンポポについて探していたら、こちらを見つけました。

学生時代を過ごした京都を懐かしみ、今どうなっているのか、今訪れることができるのかを知りたかったのですが…随分前に閉店されていたんですね。あのお母さんもお亡くなりになって。

コーヒーと紅茶しかない静かなお店で、一人で寛ぎたい時にはよく行っていました。お客も少なくて、たまにお母さんが「留守番しててね」と、ビスケットをお駄賃にくれました(笑)。

もう会えない、もう行けないんだなぁと思うと寂しいです。でまこの記事でわかって良かったです。ありがとうございました。
September 13 [Tue], 2016, 16:32
やましたさん こんばんは

よくこちらを探し当てて頂きました。コメントまで頂いてとても

嬉しいです。

短い時間でしたが同じく「たんぽぽ」とそのお母さんを愛する方と

ご一緒させて頂き新しい出会いとご縁に感謝です。

私もたんぽぽの近くを何時も訪れていながら谷村さんの

紹介がなかったら「たんぽぽ」を知らないままで終わって

いたかもしれません。せっかくやましたさんが訪れられて

たんぽぽでの貴重な時間を過ごすお邪魔になっていなかったかと

心配しておりました。でも初対面なのにそんなことを

感じさせずお話させて頂いたりたんぽぽでの貴重な時間を

共有させて頂けたことは幸せでした。

後日の息子さんからのご報告で「祇園たんぽぽ」の灯りと心が

コーナーの椅子やテーブル喫茶用具一式が京都の病院の

憩いの場所の一角に「ミニたんぽぽ」として生かされることに

なったとのご報告にとても嬉しく感動しました。

やましたさんとは是非またお逢いしたいと思っています。

コンサートは楽しかったですか?色んな方との出逢い

ご縁、大切に紡いでいきたいですね。

拙いブログですがこれからも遊びに来て下さいね。

再会の日を楽しみにしておtります。
July 02 [Mon], 2012, 21:42
やました
こんにちは。検索して辿り着けました!
先日はたんぽぽさんでありがとうございました。
以前から谷村さんのファンの方してお話は伺っていたのですが、
あの日にお会いできて本当によかったです。
大好きなたんぽぽさんがなくなってしまうのは本当に寂しいですが
たんぽぽさんからいただいた思い出を大切にしていこと思います。
たんぽぽさんの66年の歴史の中で私がいれたのは
ほんの数年だけでしたが、本当に素敵な思い出ばかりです。

お話させていただいたのは少しの時間でしたが、
とても楽しかったです。私が帰る時に「また会えるような気がする」と
言っていただいたのが嬉しかったです。
きっとまたお会いできる気が本当にします!!
また音楽の話だできたらいいなと思ってます。


July 02 [Mon], 2012, 2:51
おっかさん 本当に寂しくなりました。賑やかな四条通を少し

入っただけで別世界のオアシスのようなカフェが「喫茶たんぽぽ」

でした。多くの方に愛されたお店でした。

心の中に何時までも生き続けていてくれると思います。
June 30 [Sat], 2012, 21:15
寂しくなりますね。
でも 良い時間を過ごせた場所は
いつまでも 心に残りますね。
そんな場所 欲しいなぁ〜
June 30 [Sat], 2012, 5:49
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akoako
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・ガーデニング-小さな庭で花作りを楽しんでいます。四季折々花が絶えないようにしています。野に咲く花はもっと好き♪
    ・旅行-旅行と言うより「旅」が好きです。海の見える風景は特に好きです。
    ・音楽-クラシックからポップス、ジャズ、童謡ジャンルを問わず心に響く音楽は好きです。言葉を大事にする谷村新司さんの歌は大好きです。
読者になる
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像倉敷さらい♪
» アリス倉敷公演 (2019年07月30日)
アイコン画像akoako
» アリス倉敷公演 (2019年07月21日)
アイコン画像倉敷のさらい♪
» アリス倉敷公演 (2019年07月18日)
アイコン画像akoako
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像おっか
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像akoako
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像ひまわり
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像akoako
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像tare
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
アイコン画像akoako
» アリス倉敷公演 (2019年07月15日)
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/kyoutonosakura/index1_0.rdf