憂鬱と原因不明の息苦しさを治す治療法


10.対人恐怖症を克服された山形県の女性より

「憂鬱も対人恐怖も改善、まさに一石二鳥です。」


----- ご購入の動機は何ですか? -----

対人恐怖症を何とかしたかったからです。気軽に人と話せるようになりたかった。
値段もそんなに困るほど高くはなかったからです。


----- 最終的にご購入の決め手になったことは何でしょうか? -----

実際に良くなった方々の感想です。
大掛かりなことではなく簡単に実践でき、
確かに良くなったという生の声が決め手でした。


----- マニュアルを読んで実践してみた感想をお願いします! -----

私は相手が同性異性を問わず会話の途中で笑い顔がひきつって痙攣するような感じになり、無理に笑ってると思われそうでいたたまれなくなり、その場を速く切りぬけたいとしか考えられなくなることがありました。

良く思われたい時とか、触れられたくない話題になりそうな時とか、実際面白くないことでうけた振りをしなければならない時などです。発症はたしか二十代からで、もう四十代だというのにずっと治りませんでした。

マニュアルを読んでいる途中で(対人恐怖症の場合は怖さよりも別の感情があるのかもしれないという所)、パッとひらめくように思い当たることが出てきました。忘れていたわけではないけれど対人恐怖症と結びつけて考えたことがなかったことです。それはすごく関係がある出来事だったのに不思議なほど原因と思ったことがありませんでした。でも実際それが原因だったと確信でき、涙が出てきました。マニュアルのおかげです。

それは九才の時です、年賀状用の写真をとるために着物を着せられて弟と並んでました。母が、弟の笑顔はとてもいいのに私の笑顔がぎこちなく楽しくないようにみえる、というので無理に笑った顔をしたら、それじゃ歯が出て笑い過ぎだ、と怒って階下へ行ってしまいました。父は何も言わずにシャッターを切り、私はどうしたらいいかわからない凍りついたような笑顔でうつされました。

マニュアルを読んだ後、その時の写真を見てみようと十冊もあるアルバムのこれあたりかなと思う一冊を手に取りバっと開いてみたらなんとその時の写真が真っ先に開かれました。まるでそのとおりだと言われたかのようでした。成人してから悩まされた表情恐怖の原因はそれだったのです。親が写真屋だったのに着物も写真も嫌いだったのもこれが原因だったのではないかと思います。

今回決心して●●●を続けているとウソのように鬱々とした気分が改善され、それがすごくうれしいです。わたしは日曜日に特に憂鬱になっていたのですが、これをするようになってから休日を心から楽しむことができるようになりました。原因不明の息苦しさもあったのですが不思議となくなりました。

そりゃ仕事が嫌とかは普通に思いますが、それとは別に安定したいい気分が続いています。対人恐怖症の方は、出そうな状況になったときも、大丈夫という選択ができるようになったのかその場にいたいいまれなくなるようなことはなくなり、この前など相手とずっと話していたいとさえ思ってました。憂鬱も対人恐怖も改善、まさに一石二鳥です。

こんなに良くしていただいて本当に感謝しております、ありがとうございました。

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/kyohusho/archive/48
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:新田 義治
読者になる
はじめまして。心理カウンセラーの新田義治です。

簡単に私の経歴を紹介させていただきます。

・三重大学大学院学校教育修士課程修了

・三重県にて21年間の小学校教員ののち、上京。

・出版社の編集部長、取締役を経て独立。

・教育界21年間、ビジネス界15年間の経験と、1万人近い相談経験を生かし、
 人生相談、講演やセミナー、人材教育、社員研修、執筆活動などを行っています。